昨日・今日・明日

会社のちょっとした動き、考えたこと、イベント

伝えることを使命に

 

「桑快100」は誰にも薦めたいサプリメントです。自信の一品です。

でも押し付けはしたくない、でもお節介はしたい。難しいところです。

血糖値スパイクは誰にも起こることだけど、働き盛りに倒れる人を減らしたいけど、そのことをどう伝えるのか?今色々考えています。

一番望むことは「桑快100」や私を通して、血糖値スパイクの怖さを知ってもらうこと。

何故こんなにガンと認知症が増えたのかを考えてもらうこと。

だから多くの人に伝えることを使命にします。色々考える今日この頃です。

 

 

嬉しいです

 

桑快100を世の中に出して、一か月経ちました。

大事に作った製品ですので、皆さんからの反響があって嬉しい限りです。

開発した意味があります。ありがとうございます。

でも一番嬉しいのは、「予防」について皆さんが考えるきっかけになれること。

一病息災も悪くはありませんが、やっぱり健康が一番です。

今までの生活をずっと続けられることが一番です。

そのためにも積極的に予防について考えて欲しいです。

これからも様々な情報を発信してお役にたちたいと思っています。

 

 

 

桑快100(そうかいひゃく)出来ました

 

9年前に大病してから、ずっと健康について考えてきました。

何故、健康優良児の私が病に倒れたのか? 「出張と外食が多くて栄養が偏っていた」とか、「ストレスに負けた」という説明では、どうもスッキリしませんでした。

 

一気に疑問が解けたのは、2016年NHKスペシャルで放映された「“血糖値スパイク” が危ない」。食後血糖値の急上昇の繰り返しが、血管を痛めつけ、脳や体の細胞を破壊し、がん・心臓病・脳卒中を引き起こすという事実に、「これだったんだ!」と納得しました。

 

血糖値スパイクは特段症状が出ないし、なお且つ誰にも起こるもの。日々の暮らしの中で簡単に起こる。 その怖さを実感しました。

 

そこから作ったのが、桑快100です。製薬会社でもない当社が、人生を

最後まで健康に生きるための情報を多くの人に伝えたい。それを支援する

ツールが欲しいという思いから作ったものです。自慢の一品です

tubuiri.jpg

 

▲このページのTOPへ