◆健康リテラシーで人生の成功者に

 

織田信長が謡った「人間50年、下天のうちを比ぶれば夢幻の如くなり」の頃から、人生50年と言われてきましたが、日本人の生涯寿命が50歳を初めて超えたのは1947年なのです。でもそれ以降は、戦後の高度経済成長と歩調を合わせるように急速に伸びて、今では女性87歳/男性81歳になりました。

 

65歳時点で存命であれば、女性の2人に1人/男性の4人に1人が90歳を超えます。病床の人も含めての平均値ですので、人生90年時代が到来しているということです。そして更に伸ばし、100年人生に向かっています。

 

ところがご存知のように、寿命には生涯寿命ともう一つあります。近年よく話題にのぼる健康寿命です。WHO(世界保健機関)が2000年に新たに提唱した指標で、「医療や介助に頼らず、自分の力で日常生活を送ることができる期間」のことです。

 

言い換えれば、健康寿命とは「医療や介助の生活に入る年齢」のこと。つまり、例えばMCI(軽度認知障害)や準寝たきり状態になって、医療や誰かの介助が必要になる年齢のことを指しています。

 

この健康寿命が、女性74歳/男性71歳です。生涯寿命はどんどん伸びましたが、健康寿命は置いてきぼりです。男性の場合ですと、65歳でリタイアしたあと、世界遺産を訪ねる、名門ゴルフコースを制覇すると、セカンドライフを謳歌したいと思っても・・・、65歳から健康に過ごせる期間はわずか6年なのです。

 

そして健康寿命が尽きた後、医療・介助生活が待っています。10年経過して亡くなっていくのが日本人男性の平均的な姿です。WHOはこの医療・介助期間を「延命期間」と定義します。「人工」という名を頭に付けた、人工呼吸や人工栄養(胃ろう)、人工透析だけが延命ではないのです。

 

これまでの現代医学は患者の生涯寿命を一日でも長く延ばすことを使命とし、健康に不安を感じる人や患者になる前の人を対象とはしてきませんでした。しかし、想定していた以上に生涯寿命が伸び、「長生き病」とも呼ばれる認知症や寝たきりなどの生活習慣病が増えています。

 

現代医学はキッタハッタの救急救命疾患に対しては抜群に強いのですが、慢性疾患(慢性の経過をたどる生活習慣病)に対してはとても弱いのです。

進化した現代医学も長生き病には充分に対応できず、未開拓の状態です。

 

となると、長期戦略を持って、自分自身で自分の「体と脳の耐久年数」=健康寿命を伸ばしていくしかないのです。そうしながら、いつなのかは分からない自分の生涯寿命を全うするのです。生涯寿命と健康寿命の差を無くし、ピンピンコロリ(PPK)を実現します。

 

PPKできる人は、人生の完走者というか、長寿時代における「人生の成功者」です。そうなるためにも、体の仕組み、生活習慣病の原因、医療保険制度の仕組み、栄養素の役割、サプリメントの選別方法など、正しい健康知識を知らなければなりません。

 

いわゆる、「健康リテラシー」(Health literacy)を身に付けることが、長寿時代において、人生の成功者の必須要件なのです。 

 

 mame.jpg

 

 

mame2.jpg

 

 

 

 

 

◆セルフケアでリスクマネジメント

 

世の中は3つのグループに分かれます。

●Aグループ:全体の1割
大往生、いわゆる「ピンピンコロリ」の人たちで、健康寿命を大きく引き上げます。
 
●Bグループ:全体の7割
 60代後半まではほぼ健康で日常生活に支障ありませんが、その後急速に健康力が低下し、健康寿命(男性71歳/女性74歳)を迎えます。日本の平均的な人たちです。亡くなるまでの医療・介助期間は男性10年/女性13年に及びます。延命技術の発達した日本では「コロリ」は難しいのです。
 
●Cグループ:全体の2割
 70歳までに亡くなるか、認知症や寝たきり状態になる人たちです。
 
なぜ、このような状況が起きているのでしょうか? 主に3つの理由が考えられます。
 
1. 人生90年対応になっていない
 
1960年代に人生70年となり、定年や年金・医療保険制度など、社会システムが整備されました。高齢者入りする65歳からは5年足らずの人生でした。その後、人生の期間が20年伸びたのに、当時の社会システムや人生モデル・価値観は払しょくされず、まだ尾を引いています。
現在の65歳はこれから25年の人生がありますが、ほとんどの人は完走するための健康力をまだ身に付けていません。
 
2.栄養学で大きく遅れを取っている
 
同じく1960年代以降、日本人の食習慣は、手作りの健康的な和食から、加工食品やファーストフードへ大きくシフトしたため、ミネラルや酵素など、特定栄養素の欠乏状態を招き、生活習慣病(メタボリックドミノ)が加速度的に増えています。
一方、世界の潮流は、1977年発表のマクバガン・レポート(米国上院栄養問題特別委員会報告書)により、栄養素の役割や新陳代謝の仕組みなど、栄養学重視へ舵が切られ、和食ブームも起きています。
 
3.70歳過ぎて一気にツケが現れる
 
70歳を過ぎてからの健康状態を決めるのは、後半人生の45歳から始めるセルフケアなのですが、その意識がまだ浸透していません。
45歳から60歳の時期に、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームが深く潜行するのですが、自覚症状が出ないため、大事なこの期間を無為に過ごしてしまいます。そのしっぺ返しが60代になって現れます。
 
そこで、提案します。「セルフケアにより、これから毎日、健康寿命を1日ずつ伸ばしていきませんか」と。目指す健康寿命は男性90歳、女性95歳。今の健康寿命とのギャップは男性19年、女性21年ですが、それを同じ年月をかけて埋めるのです。
逆算すると、男性は52歳から、女性は53歳から始めればいいのです。なお、その年齢以降でもキャッチアップはいくらでもできます。
 
大事なことは、自分の人生、自分の健康は自らが作るという意識とその実行力です。
 
 
mame.jpg
 

◆ギャップを解消するサプリメント

 

四季折々の自然食材を丸ごと使う『一汁三菜の和食』は、「エネルギー源」と「細胞の原材料」になる栄養バランスが良く、健康を作る食習慣として世界的に評価されています。
 
しかし現実はそうはいきません。加工食品やファーストフードを日常的に利用するため、ミネラルや酵素など特定の栄養素が不足し、食品添加物も取り込んでしまいます。
 
しかも40代を過ぎると、栄養吸収率は半減するので(但し、糖質の吸収率は変わりません)、食べたつもりでも、実は、体と脳の細胞は栄養失調状態です。このツケは、早期に出る人もいますが、平均では70代前半に健康寿命が終わるという形で現れます。
 
そこで後半人生に入ったら、理想の食習慣『一汁三菜の和食』を科学的にアプローチします。理想とのギャップを解消するサプリメントを、エビデンスを基に選別し、生活スタイルに組み入れ、健康体で75歳を通過し、人生を全うすることを目指します。これが、「いい人生だった!」と最期に言えるための道です。
 
ギャップを埋めらる手だてがあれば、なによりも、日々の食事を安心して楽しめます。現在50歳であれば、1万5千回の晩餐があるのですから。
 
では、どんなサプリメントを選別すればいいのか?
考え方の基本は、当社が生業としている顧客満足度向上です。体と脳の細胞を顧客とみなし、顧客が満足するサプリとは何かを考えます。そうすると、2つの条件が見えてきます。
 
1. 不足する栄養素がもれなく入っていること⇒オールインワン
 
(1)土壌のミネラル低下で、減ってしまっている作物のミネラル
(2)熱に弱いので、加熱調理すると失われてしまうSOD酵素
(3)その日使わない分は体の外に流れてしまう水溶性ビタミン
(4)9種類のうち1つでも揃わないと機能しない必須アミノ酸
(5)海藻の根っこなどに含まれる水溶性食物繊維のフコイダン
※SOD酵素とフコイダンは食品添加物をデトックスしてくれます。
 
これらの栄養素が全て入っているか!? 商品パッケージの成分表示を見抜くことがポイントです。それに何種類ものサプリを組み合わせるのでは経済的にも負担です。
 
2. 自然の食材、国内の産地であること⇒天然の栄養素
 
原材料が自然食材でなければ、それは化学合成されたものです。原材料名は多い順に記載されます。例えば、デキストリンやマルチトールなどが上位にあれば、化学合成されたものがメインのサプリです。『一汁三菜の和食』とのギャップを埋める目的から遠ざかります。
 
 
いかがでしょうか。大事なことは、健康を作る食事と実際の食事とのギャップを意識することです。サプリメントは本来不要ですが、ギャップ解消のために活用することも、現状では必要だということです。
 
 
mame11.jpg