◆PPKを実現する7つの要点(3/3)

 

健康寿命を“飛躍的に”伸ばすことは、私たち戦後世代にとって喫緊の課題です。小手先の対応では、医療・介助の期間は長くなっていくばかりです。そこでまず、「健康」の定義を見直すことから始めます。

  

かつて健康と言えば、身体的と精神的な面についてでしたが、定年退職後に社会との関わりが薄れてMCIや認知症になる人が増え、社会的な面をケアすることが重要になっています。

 

WHOは、健康を「身体的・精神的および社会的にも良好な状態で、単に病気や病弱でないことではない」と再定義し、この三つが揃って、初めて真の健康が手に入れられると警鐘を鳴らします。

 

三つの健康状態を整えてこそ、健康寿命は飛躍的に伸ばせるのです。その方法が、WHOも推奨する「セルフケア」です。

 

6枚目の図は「健康寿命を伸ばす方法」です。セルフケアとは「健康寿命を毎年、1年ずつ更新していき、気が付いたら健康寿命は飛躍的に伸びていて、PPKを実現してしまう」という戦略的・科学的なアプローチなのです。

 

 

mame17.jpg

 

 

7枚目は「栄養保険という解決策」です。

栄養学・サプリメント先進国の欧米では「オールインワン・サプリで栄養保険をかける」という先進的・合理的な考え方が広まっています。

 

各栄養素はメンバー全員が揃って初めて、それぞれの役割を発揮します。個別サプリや健康飲料では、栄養補充に過不足が生じるので、栄養保険の条件を満たすオールインワン・サプリが開発されたのです。

 

そこで、セルフケア実行の前に、ポイント2点を押さえます。

 

1)食事も活動も相棒がいるほうが良い

「何をするか?」「誰と時間を共有するか?」を考えることは、人生の質(Quality of Life)を高めてくれます。セルフケアも誰かと一緒に取組む方が楽しいし、内容も深まっていきます。

 

2)オールインワン・サプリの選定力を持つ

不足栄養素の補充がサプリの役割ですが、部分的な補充では不完全です。それに毎日補充することが重要なので、「これ一つで大丈夫なサプリ」が経済的です。ムダな出費を見つると、食事や活動の費用にも当てられます。

 

 

  mamechang17.jpg

 

 

これまで7枚の図を使って、PPKを実現する方法を説明してきましたが、少しでもお役に立ったのであれば嬉しいです。

 

最後に、知っておきたい知識を三つ提供します。

 

一.体は「ちくわ」のようなもの

あらゆる生き物の体は、口から肛門まで続く一本の管(消化管)を持っています。口から食べ、その栄養素を体内に取り込み、不要な老廃物を肛門から排出することで生きているのです。

生きることは食べることです。そして、管を掃除する酵素も欠かせません。

 

二.「丸ごと食べる」ことの重要性

生き物は食べた栄養素の総合力で生命体を保っています。この生命体を丸ごと食べることは、生命力を頂くということです。

そして、この丸ごとの中には、現代の科学でも「分析し切れていない微量栄養素」が数多く含まれているのです。

  

三.「新型栄養失調」が増える理由

現代の食生活は「丸ごと食べる=完全栄養」の面から見ると、不完全栄養(部分栄養)なのです。ひと昔前のように、漬物にして野菜は葉ごと・皮ごと、煮こごりにして魚は頭も内臓も骨も丸ごと食べるのは難しいからです。

そのため、これをカバーできるサプリが現代人には必要です。

 

※手前味噌ですが、当社グループ(社団)元氣人倶楽部・食効研究所のDr.パワベジもオールインワン・サプリとして、医療機関と私たちの仲間内で利活用されています。社団HPをご覧ください。

 

 

さあ、先進のセルフケアを手に入れ、習慣化していくことがPPKへの確かな道のりです。第一歩を踏み出しませんか。

 

 

 

◆PPKを実現する7つの要点(2/3)

 

私たち戦後世代は、「今までとはまるで違う健康意識、まったく新しい考え方を持たなければ人生をまっとうできない」という時代環境に置かれています。

私たちより上の、戦前・戦中世代であってもPPK(ピンピンコロリ)はたった1割、準PPKを入れても2割というのが現実です。

 

PPKを望むのであれば、新たな戦略を持って、健康寿命=「体と脳の耐久年数」(現在の平均:70歳台前半)を飛躍的に伸ばさなければなりません。

それは人類にとって「未知への挑戦」ですが、その当事者は私たちです。自分自身で対処していくしかありません。

 

PPK実現の新戦略を考えるため、前回、「体の仕組みと新陳代謝の関係」「栄養素が果たす4つの役割「生活習慣病が増える理由」の図を使いました。

4枚目は「制度の落とし穴+現代医学の弱点」です。なぜ私たちは、ドミノの1枚目を倒してしまうのか? その理由を知ってください。

 

未病は放っておけば、いずれ基準値をオーバーして病気になります。なんだか医療機関は病気になるのを待っているかのようです。それでも治してくれるのであれば良いのですが、実はそうではないのが現実です。進化した現代医学も生活習慣病は苦手なのです。

 

生活習慣病にならない決め手は「未病から健康状態に戻す。そして健康を守っていく」ことです。自分の習慣が招く生活習慣病は、自分で習慣を変えるしかなく、現代医学も自在にコントロールできません。

 

見習うべきは、欧米先進国の動きです。特定栄養素不足が生活習慣病を招くことが判明し、栄養学とサプリメントを強化してきました。国は「サプリメントで自己防衛する」ことを推奨し、国民は「サプリメントを選ぶ知識」を身に付けます。

  

  「You are what you eat.(食べたものが君になる)」「体の一部になってもいいものを食べなさい」と教える民族の真骨頂です。

  

mame16-1.jpg

 

 

続いて、5枚目のタイトルは「“さらに”長生きリスク出現」です。私たちの前に立ちはだかる見えない壁です。

 

この壁を突破するためには、まず、自分の寿命に対する意識を変えることです。あなたが「85歳ぐらいまで生きられたらいいな」と思っていたら、とんでもないです。あまりにも長くつらい日々を過ごすことになりかねません。

というのも、あなたが45歳であれば、85歳になるのは40年後の2057年です。

 

以前、NHK特集〈NEXT WORLD 私たちの未来〉で「先進国の寿命は15時間伸びている。2045年に百歳になるだろう」と放映されましたが、2057年には人生百歳時代が到来していることでしょう。

 

最近話題の「健康寿命」という言葉は20年前にはありません。WHO(世界保健機関)が提唱したのが2000年です。第二次世界大戦後の復興と共に、先進国に寿命革命が起こり、人生50年があっという間に80年になりました。あまりに急速に伸びたので、寿命の中身を検証する意味で、健康寿命という新しい考え方が生まれたのです。

 

厚労省のデータでは、高齢者の仲間に入った65歳の女性は、2人に1人が90歳を超え、4人に1人が95歳を超えます。ところが、長生きには功・罪という二つの顔があります。ギフト(功)の顔とリスク(罪)の顔です。

 

人生百歳に向かっている私たち戦後世代が、長生きをギフトにするためには、「未病から健康状態に戻す。そして健康を守っていく」ことにプラスして、「健康寿命を“飛躍的に”伸ばす」ための新戦略が不可欠です。それが、WHOも推奨する「セルフケア」(セルフメディケーション)なのです。

 

次回はセルフケアの方法について、3/3(最終回)です。

 

 

mame16-2.jpg

 

◆PPKを実現する7つの要点(1/3)

 

人生百歳へ向かう中で、私たち現代人は、長生きを「喜ばしいこと」にできるか、それとも「厄介なこと」にしてしまうかの岐路に立たされています。

 

ほんの一昔前まで人生70歳だったのが、今では90歳は当たり前。しかし、肝心の「体と脳の耐久年数」(健康寿命のことです)は生涯寿命に追いつかず、10年以上も遅れをとっています。誰もが抱えている、この「長生きリスク」をどうやって戦略的・科学的に解決するか、あなた自身も問われているのです。

 

下の図をご覧ください。これが、私たちの前に立ちはだかっている現実であり、日本人の平均的な姿です。PPK(ピンピンコロリ)できる人はたった1割という現状を取っ払って、長くなった人生を満喫するためのキーワードが「ドミノの1枚目を倒さない」です。

 

1.JPG

 

これから7枚の図を使って、長生きリスクを解決して、PPKを実現する方法を提示したいと思います。

1枚目は「体の仕組みと新陳代謝の関係」です。ここを押さえれば、「健康とは新陳代謝がうまく機能している状態」で、40代を過ぎても「体と脳は1年単位でレベルアップできる」ことが理解できます。

 2.JPG

 

2枚目は「栄養が果たす4つの役割」です。多くの人は食事のことを、エネルギーを補給するとか、お腹いっぱいになればいいと思っています。そのためか、炭水化物や脂肪主体になり、新陳代謝に欠かせないミネラルと酵素が圧倒的に不足し「隠れ栄養失調」状態になっています。皮肉なことに、飽食時代に栄養失調(正式名:新型栄養失調)です。

 

また栄養をとっても、その日に使わなかった分は排出される水溶性ビタミン、9種類全部揃わないと機能しない必須アミノ酸も、毎日過不足なく摂取しなければなりません。

  3.JPG

3枚目は「生活習慣病が増える理由」です。40代以上になると、「特定栄養素の不足」と「栄養吸収率の半減」の掛け算で、「隠れ栄養失調」状態になり、代謝異常症候群のメタボリックシンドロームを引き起こします。この1枚目を倒すと、メタボリックドミノが始まるのです。

 

そして、あらゆる生活習慣病は「新陳代謝の失敗作」であることを知っておいてください。

 

4.JPG

次回はこの続き、2/3です。