◆「糖尿病」後進国・日本

 

糖尿病患者が2016年に1千万人になったと、9月21日厚生労働省が発表しました。前回2012年の調査から50万人増え、初めて1千万の大台に乗り上げたのです。糖尿病予備軍の高血糖を加えると2千万人です。

 

糖尿病もしくは高血糖は、男性では50代の4人に1人、60代の2人に1人です。女性では50代の8人に1人、60代の4人に1人です。

 

高血糖そして糖尿病が恐ろしいのは、それが原因でなる合併症(例えば人工透析・失明等)です。

それに近年では、MCI(軽度認知障害)そして認知症を引き起こすことが分かってきました。

 

国際糖尿病連合(IDF)によると、糖尿病患者は2015年時点で、前年より2830万人増えて、41500万人となり、糖尿病が原因で6秒に1人の割合で命を落としているとか。驚きです。

 

糖尿病の脅威拡大を受け、IDFとWHO(世界保健機関)は1991年に世界糖尿病デーを制定し、2007年には国連で正式決議されました。

 

興味深いのは、IDFが糖尿病は豊かな先進国に多い病気というイメージは誤りで、4分の3は低・中所得の国に集中している。とりわけ40歳から59歳の働き盛りの世代で爆発的に増加している」「痛みなどの自覚症状がないことから、糖尿病でありながら対処しない人がほとんどである」と指摘していることです。

 

またWHOは「不健康な食事、運動不足、喫煙、過度の飲酒が原因であり、これらの生活習慣を変えないかぎり改善はできない」と警鐘を鳴らします。

 

 

1114日、160か国、10億人が参加して、”Unite for Diabetes”(糖尿病と闘うため団結せよ)のキャッチフレーズを掲げ、「まず糖尿病を知ろう」というキャンペーンを行っています。あまり知られていないかもしれませんが、もちろん日本でも。

 

 

mame210.jpg mame211.jpg

 

ここで素朴な疑問があります。なぜ先進国の日本で、糖尿病やその予備軍の高血糖が増え続けているのでしょうか? しかも40代以降に・・・。

 

それは、次の3つが主な原因です。でも一番の問題は、日本人は「糖尿病を知らない」ということです。これが3つの原因を作っているのです。

  

(1)内臓脂肪が高血糖を引き寄せる

40代以上になると、食べたものの消化吸収率がガクンと落ちるので、どうしても内臓脂肪が溜まってしまい、別名「内臓脂肪症候群」と呼ばれるメタボリックシンドロームになりやすいのです。この内蔵脂肪が高血糖や高血圧・高脂血を引き寄せます。

 

内臓脂肪が元凶です。その意味でも「ポッコリお腹」は危険信号なのです。

 

(2)栄養不足がメタボを加速させる

また40代を過ぎると、栄養吸収率も低下し、20歳ピーク時の半減となります。野菜や豆類だけでなく、肉や魚もしっかり食べないと、栄養不足や低栄養状態になり、細胞の作り替えがうまくできず、やはりメタボリックシンドローム(正式名:代謝異常症候群)になりやすいのです。

 

「肥満の栄養失調」が増えていることを知っておいてください。そのためにも、内臓脂肪を燃やす筋肉を作るアミノ酸、骨を作るミネラル、老廃物を排出する酵素が特に必要なのです。

 

 

(3)糖質過多食を脱皮していない

ところが糖質(炭水化物)だけは例外で、栄養吸収率は落ちません。

子作りや瞬発力のある動きをする年代では、エネルギー源の糖質は不可欠ですが、もうその必要がないのに、今までと同じように丼物、コンビニ弁当、ラーメン&半チャーハン、お蕎麦&おにぎり、パスタ&ケーキセット、握り寿司などの「糖質過多」食では、高血糖になってしまいます。

 

それに女性は妊娠する可能性が低くなると、食べたものが皮下脂肪よりも内臓脂肪として溜まるようになるのです。それが肥満に繋がります。

      

 

mame212.jpg

 

血糖値を上げない理想的な食習慣として、日本には「懐石食べ」があります。

最初に野菜料理を食べ、お椀の汁で胃を満たし、そして肉、魚の順でゆったり食べ、最後に白米か麺を少量いただく。その現代版が世界無形文化遺産の『一汁三菜』です。

 

高血糖や糖尿病、その進行から始まるMCIや認知症を防ぐためには、どんな食習慣をしたらいいか、実は日本人は昔から知っていたのかもしれません。現代人も先人に学ぶ必要が大いにあります。

◆認知症にならないために取組む(2/2)

 

 

認知症は名前を耳にするだけでも怖くて嫌な存在です。しかし怖いからといって、避けてばかりもいられません。「うつ傾向」と「高血糖」が認知症になる二大原因だし、20年から30年かけて進行した後に発症するので、将来、私たちの誰もがなってもおかしくないからです。

 

この際、現状を掴んで、しっかり対応策を持ちましょう。

今回は、高血糖についてです。少し長いですが、お付き合いください。

 

血液中に糖が多い「高血糖」状態が長く続くと、糖が尿にも出るようになり、名前の通り「糖尿病」になります。

 

別名「サイレントキラー」と言われる糖尿病は音もなく静かに忍び寄り、進行すると糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症という合併症を招いて、手足切断・失明・人工透析を引き起こす怖い病気です。

 

さらにそこに、認知症を引き起こすことが加わったのです。最新の医学研究では認知症と糖尿病との深い関係が明らかになり、認知症=「脳の糖尿病」と呼ばれることもあります。

 

そこで、糖尿病になる一歩手前の「高血糖にならない」「高血糖であればいち早く元に戻す」ことがより一層重要になっているのですが、とりわけ気を付けなければいけないのは40代以降の人たちです。下の図を見てください。

 

 

mame1.jpg

 

血液中の糖を身体じゅうの細胞に運んで、「体や脳を動かすエネルギー源に変える」、そして「血糖値も下げる」という働きをするのが、皆さんも一度は聞いたことがある、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンです。

 

このインスリンは、中年になってお腹周りに内臓脂肪が溜まるようになると機能が低下します。つまり、効きにくくなり、その分だけ多く分泌されるようになります。

 

このインスリンはインスリン分解酵素によって分解・排出されるのですが、多く分泌されるようになると分解・排出しきれません。たちの悪いことに、残ったインスリンは内臓脂肪を作るようになり、内臓脂肪が腹囲に加速して蓄積されていくことになるのです。

 

この内臓脂肪は高血糖・高血圧・高脂質という仲間を引き寄せます。医学界でこのメンバーは「死の四重奏」と呼ばれますが、あくまでも内臓脂肪が親玉です。

 

そして「高血糖」状態が長く続くと、膵臓が疲弊してしまい、インスリンを十分に分泌できなくなり、ついには糖尿病になってしまうのです。

 

一方で、インスリン分解酵素は、脳に溜まるアミロイドβも一緒に分解・排出する役割を持っています。インスリンが多く分泌されるプロセスでは、脳内でもインスリンが多くなるので、インスリンの分解・排出で手いっぱいになり、アミロイドβまでは手が回らなくなります。

その結果、脳内にアミロイドβが沈着していき、MCIそして認知症を引き起こしていくのです。

 

そのため、内臓脂肪を溜めないことが最も肝心なのですが、40代を過ぎると消化吸収力がガクンと落ちるので、どうしても溜まりやすくなります。

自分は肥満じゃないから大丈夫と思っていても、検査すると「じつは内臓脂肪だった」というケースも多く、とりわけ「ポッコリお腹」は危険シグナルだと思ってください。

 

ここでは、別名「内臓脂肪症候群」とも言われるメタボリックシンドローム(正式名:代謝異常症候群)から、高血糖や糖尿病へと進行し、やがてMCIそして認知症を引き起こすということを知っておいてください。

 

「メタボで高血糖の気(け)があるぞ」なんて笑ってはいられないのです。このまま放置していると、メタボでボケ=「メタボケ」という笑えない状況が待ち受けているのですから。

 

でも、ここに朗報があります。桑の新芽にDNJ(デオキシノジリマイシン)という成分があり、血糖値を下げる機能があることが分かったのです。

植物の中で桑だけに、しかも数百種類ある桑の中でほんの数種類の桑の新芽に見出されたのです。

 

そして東京農業大学と北海道薬科大学の共同研究により、機能の深堀りを進めています。本年9月にも神戸で開催された学会で、「熊本県産桑葉粉末の血糖値抑制作用:基礎及び臨床報告」を発表しました。

 

 

mame2.jpg mame3.jpg

 

(社団)元氣人倶楽部・食効研究所は、2つのことをコミットしています。

1. ドクター仕様

医学的・栄養学的根拠をベースとし、ドクター仕様を基本とします。 

2.  産学協同

産学協同で、開発・・加工製品化・販売まで一気通貫で行います

 

これまで13年にわたって医療機関向けにやってきたので、ドラッグストア等では販売できませんが、これからは当ブログを通じて問題意識を共有された人たちに提供していきます。患者になる前の段階で対処する意義の大きさに気づいたからです。

十分納得されたうえで、社団HPの購入ページを通じて、ご活用いただければ幸いです。

 

認知症対策の締めくくりとして、最後に一言。

現代は「いざとなったら、薬や医者がなんとかしてくれる」という時代ではありません。寿命が大きく伸びたため、別名「長生き病」と呼ばれる病気が増え、現代医学もそれに対応しきれないからです。その代表が認知症なのです。

 

20年、30年かけて進行する認知症のスタート地点は40代、50代です。認知症にならないために、この時期から、二大原因の「高血糖」と「うつ傾向」を防ぐことが鍵です。その決め手は「オールインワンサプリで栄養保険をかける」と「ネガティブな感情を解消する」です。

 

認知症が増えている背景、体の仕組みや脳の習性など、現状を掴み、対応策が見えてきました。自分事、自分の問題ととらえ、まず始めてみることが何よりも大切です。

 

 

 

 

 

◆認知症にならないために取組む(1/2)

 

認知症になる典型的なパターンは「高血糖、うつ傾向からMCI」に、そして「MCIから認知症」へです。

そのため、認知症になりたくないのなら、「高血糖、うつ傾向にならない」、「高血糖やうつ傾向であれば、いち早く元に戻す」ことです。

これが最善の方法です。

 

下の図をご覧ください。

 

mame19.jpg

 

まず、「うつ傾向」について。

 

うつになる原因としては、「人間関係から来るストレス」「仕事上のプレッシャー」「自分を取り巻く環境の変化」が考えられます。これが過度に圧し掛かった時や、重なった時に、うつになると言われます。

 

その意味からも、変化の年代に当たる45歳から60歳は、誰もがいつ「うつ傾向」になってもおかしくありません。

 

出世の天井が見えて会社人生の終わりを意識したり、定年退職後の居場所のなさを怖れたり、子供が独立して夫婦二人の会話のなさに戸惑ったり、親の介護問題に直面して途方にくれたりと、自分の身に次から次へと「未知の変化」が襲いかかってきます。

 

そうなると、「だめだ、だめだ」「ああ、いやだな」「どうしたらいいか分からない」「くそ、腹立たしい」「ついてないな」「自分には能力がないのかも」「嫌われているのかも」「どうせ、ロクなことにならない」「いまさら無理だろう」・・・。 

 

私たちは、このような大量のネガティブな言葉や感情を持ってしまいがちですが、脳はそれを真に受けます。脳はもともと、言葉や感情をそのまま受け取る習性を持っているのです。

 

脳は懸命に、その思いを実現するように働き、その通りの状況を作ろうと頑張ります。そうして、うつ状態を作り出していくのです。

 

でも、ネガティブな言葉や感情のほとんどは、根拠のない自分の思い込みや決めつけ、誇張された世の中の風潮や非論理的な言説に躍らせれただけです。 

 

こんな自己否定を引き起こすような状況を脱して、ポジティブな言葉や感情の温かい世界に入っていくことです。この方法については、別の機会に説明したいと思います。

 

ここで、是非知ってほしいのは、うつの原因には、ストレスやプレッシャー、環境の変化だけでなく、「栄養不足」もあるということです

 

それに45歳から60歳は、女性も男性も、身体的な衰えだけでなく、更年期を迎え、ホルモンバランスが崩れて精神的にも不安定になりやすい時期です。それだけに、『幸せホルモン』と呼ばれるセロトニンに十分に働いてもらう必要があるのです。

 

下の図を見てください。 

 

 

mame191.jpg

mame192.jpg

 

うつは一つの病気としてあるわけではなく、「多様な原因が混在して起きる症候群」と理解されています。その多様な原因の一つとして、現在、世界的に重視されているのが「栄養不足」です。

 

そして、栄養素は総合力で働きます。それぞれが自分の役割を果たすチームビルディングで機能するので、どの栄養素が欠けても支障をきたします。

そのため、「栄養学・サプリメント」先進国の欧米では、オールインワン・サプリで「栄養保険」をかけ、安心して人生を楽しむという考え方が広がっているのです。

 

次回は、「高血糖」について。認知症対策を総合的に考えたいと思います。