◆最強のがん対応策(2/3)

 

半世紀前はがんはそれほど多くなく、死因トップに躍り出たのは1981年です。がん死の多くが65歳以上の高齢者で、当時の寿命は70年と少しでした。

 

そして寿命の急伸と共にがんも急増したのです。がんが増えた真の原因は「長くなった人生を全うするための戦略」を持っていないことなのです。

 

この戦略を持つことが、最強のがん対応策となります。

(1)一次予防:セルフケア

がんの発生を防ぐことです。一次予防は病気になったら治す「治療医学」でなく、病気にならないように予め防ぐ「予防医学」の考え方から生まれた言葉です。そして生活習慣病のがんは、食生活・喫煙・運動不足・ストレスの生活習慣を解決すれば8割防げるのです。

 

(2)二次予防:検診

一次予防で防ぎ切れなかった分を二次的に防ぐのが早期発見・早期治療です。がんが進行しないうちに早く見つけて治してしまう。初期の段階であれば治る場合がほとんどです。痛みなどがないので、症状が出てから病院に行くとほとんどが進行がん。だからこそ定期的に検診を受けるのです。

 

(3)リスクマネジメント:2段構え

一次予防と二次予防の2段構えでがんで亡くなるのを防ぐのが最善の方法です。ただ初期のがんは見つけにくいので、効果的な検査方法を知る必要があります。例えばPET-CT検査はより正確に位置と大きさが分かるし、痛みもなく全身を調べることができます。でも10万円以上かかります。

 

 

mame250.jpg

 

次に、残念ながら進行がんが見つかった場合です。厳しくとも、自分でがんのことを調べて、医者も病院もうまく使ってがんに立ち向かいます。

 

1. がん治療はケースバイケース

進行度ステージ0から2の初期がんは治せても、3から4の進行がんは治療法が限られ治療も難しくなります。年齢や体力によっては、抗がん剤の副作用に耐えられず、逆に命を縮めてしまうケースもあります。進行度や部位、年齢や体力によってケースバイケースで判断する必要があるし、本人の人生観や死生観によっても治療法は変わってきます。

 

2. がんの三大治療

それぞれメリットとデメリット(副作用や後遺症)があり、一度決めると後戻りできないので、最初の治療を慎重に選びます。

 

(一) 手術…がんができた臓器を切り取る

最初の治療に日本は手術を選択する傾向が強いですが、欧米は6割以上が放射線治療です。切り取ったら戻せないので、手術をすすめられたら放射線医にセカンドオピニオンをもらうことが大切です。

 

(二) 放射線治療…放射線を照射してがんを焼く

放射線使用量と回数の制限でがんを全滅させる前に止めてがん細胞を再び盛り返させたり、がん細胞よりも弱い周囲の正常細胞を殺して体を衰弱させるリスクがあります。

でも最新機器はコンピュータ制御でがんを正確に捉えるし、出力の小さい放射線を多方向から照射するのでよく効くようになっています。ただしがんセンターや大きな病院は多くが赤字で最新機器に切り替えられず、逆に都内のクリニックにあったりします。

 

(三) 抗がん剤…薬を投与してがんを殺す

全身に転移してしまうと手術で切り取ったり、放射線で焼くことができず、抗がん剤を選択する場合が多々あります。でも副作用が強く、全身の正常細胞を攻撃して患者を苦しめます。

抗がん剤は第一次世界大戦で毒ガスを開発した際に偶然発見されたもので、欧米では副作用とは言わず毒性という言葉を使います。

なおがん細胞だけを攻撃しようとする分子標的薬は副作用が小さめですが、費用が高いのが難点です。

 

3. 保険診療と自費診療は同時に受けられない

20ベッド以上の施設を持つのが病院の定義ですが、原則として病院では保険診療しか受けられません。自費診療(先端治療)の併用はできないのが現行ルールです。このルールのため病院の医者は自費診療にピリピリします。

 

例えば抗がん剤の副作用を和らげるサプリメントは保険適用外のため病院で処方されず、自分で探して買わなければなりません。また第四の治療法として注目される免疫療法も保険適用外です。がんに対する“免疫力”を強化し、がん細胞だけを殺す画期的な治療法です。でも新しい治療法は多くの臨床試験をパスして健康保険の対象となるので時間がかかります。

 

 

mame251.jpg

 

がん治療は医者に任せればいい時代から、患者が情報を入手して悔いのない治療を選ぶ時代になっています。実際のところ、進行がんは治療は難しく、保険対象外の最先端治療はお金もかかるしやってみても思った効果が得られないかもしれません。でも希望を持って最善の手を尽くすしかないのです。

  

しかし、発想を変えれば、がんは怖くはありません。一次予防で8割防げるし、さらに検診で早く見つければ治せます。世界的に治療医学から予防医学へシフトしているように、私たちも予防の知識を身に付けて「がんにならない」「がんで死なない」ようにすることが何よりも先進的なのです。

 

次回は、一次予防のポイントについて。

 

 

◆最強のがん対応策 (1/3)

 

がん大国だった米国は、「米国上院栄養問題特別委員会報告書」(通称:マクバガンレポート)を1977年に報告、米国科学アカデミーレポート「食物・栄養とがん」を1983年に発表、そして1990年からがん予防の国家プロジェクト「デザイナーフーズ計画」をスタートさせ、がん罹患率とがん死を減少させることに成功しました。

 

ハーバード大学がん予防センターの論文では、アメリカ人のがんになる原因は「食生活30%」「喫煙30%」「運動不足5%」です。科学的根拠に基づいて、食生活・喫煙・運動不足・飲酒の生活習慣を見直すことにより65%は防げると発表しています。

 

2人に一人がんになり、G7で唯一がん死が増えている日本ですが、その理由として、栄養とがんに対する知識が乏しいことが挙げられます。そのためアメリカ人より食生活の比率はもっと大きいと考えられ、さらにストレスを加えると、日本では四大原因(1)食生活 (2)喫煙 (3)運動不足 (4)ストレスで8割を占めると推測されます。 

 

  

m243.jpg m24.jpg

 

ところで人間の細胞は60兆個ありますが、その全ての細胞は1年以内に死んで、新しい細胞に入れ替わっています。日々数千億個の細胞が、もの凄いスピードで、コピーされ作り替えられているので、まれにコピーミスをしてしまい、健康な人であっても毎日5千個程度の異常細胞(がん細胞)ができています。

 

それを免疫細胞が “免疫力” を発揮して退治するのが人間の仕組みです。ただし退治し切れないと、がん細胞は「死ぬことなく」ひたすら増え続け、20年から30年かけて、1センチ以上に成長し、がん組織(正式名:悪性新生物)になっていきます。

 

ここで押さえておくポイントは、免疫細胞も食べた栄養素で作られるということです。

 

それに、がん細胞は増殖し続けるために、体内の栄養をどんどん取り込みます。奪われた栄養を補充しないと、栄養障害になってしまい、栄養不足の免疫細胞はがん細胞を退治できなくなり、新たながん細胞を増やすという悪循環に陥ってしまうのです。

 

そして、がん細胞を退治し切れなくなるのが40代からです。加齢と共に、細胞のコピーミスが増えるようになり、同時に免疫力も低下してくるので、日々発生するがん細胞を撃退できない。その結果60代70代になってがん組織が見つかるのが一般的なパターンです。

 

でも「四大原因を解消すれば8割は防げる」ということが分かっています。がんになりたくないのであれば、これを実行しないという選択肢はありません。

 

最大のポイントは「免疫力アップ」です。そのためには「40代からの栄養の摂りかた」「運動不足解消」「ストレス解消」を考えることです。

 

次回は、それでも見つかった際の治療対策、がんで亡くなるのを防ぐ方法について。

 

 

 

 

◆がんが増えているのはG7で日本だけ

 

驚くことに、日本人が生涯でがんになる確率は、女性46%/男性62%(2013年のデータ)。2人に1人の割合です。

 

今年919日、国立がん研究センターは、2017年に新たにがんと診断される人(新規患者)は1014千人、がんで死亡する人(がん死)も37万人8千人になると予測しました。いずれも過去最多であり、この30年で2倍以上に膨れ上がっています。

 

下の図をご覧ください。がんになる確率は50代から急に上がり始め、60代から一気に上昇します。特に男性の増え方は凄まじいです。

 

 

mame231.jpg

 

ところが日本人にはあまり知られていない不可解な事実があるのです。国際がん研究機関によると、世界全体で見ればがん死は増えているが、先進7か国(G7)で日本以外の国は減っているのです。ではなぜG7で日本だけが、がん死が増え続けているのでしょうか?

 

1.  高齢者の増加が原因か?

日本は高齢化のスピードが一番で、高齢者の急増によりがん死が増えていますが、それだけでは説明がつきません。

 

高齢化率(65歳以上の割合、2016年)は、日本は27%で世界1位ですが、他の6か国だって、イタリア23%(2)、ドイツ22%(4)、フランス20%(11)、イギリス18(25位)、カナダ17%(30)、米国15%(38)と高齢化が進んでいるのに、どの国もがん死は増えていません。

 

例えば米国のがん死は年間約60万人ですが、人口比で見ると、日本は米国の1.6倍です。日本人はがんになる確率も、がんで死亡する確率も高く、そのため「がん大国・日本」と不名誉な呼ばれ方をされています。

 

がん死が増え続ける理由は、高齢者増以外に、他にもあるはずです。

 

2.  がん検診の受診率が低いから!

マジメな国民性のはずなのに受診率は驚くほど低いです。例えば、乳がんと子宮頸がんの受診率は、米国が8割に対し、日本は4割です。早期がんであればかなりの確率で治すことができるので、がん死のリスクを低くするためには、面倒がらず・怖がらず、定期的に受診した方が良いということです。

 

そしてもう一つ、衝撃的な理由が指摘されています。

 

3.  病院食が原因だった?!

「がん死の8割はがんで死んでいるわけではなく、栄養障害が原因で亡くなっている。病院食を見直すべきだ」という提言が医学界で反響を起こしています。提言者は外科・緩和医療の第一人者、東口高志教授(藤田保健衛生大学医学部)です

 

高口教授によると、

〇がん細胞は栄養を大量に取り込んで、猛スピードで増殖する。どんどん栄養が奪われるのだから、その分を補充しなければ、がん患者はあっという間に栄養障害に陥ることになる。そして免疫機能が衰え、通常なら何ともない弱い菌にも感染して亡くなってしまう。

 

〇がんだけでなく、あらゆる病気に栄養障害が関わっている。例えばたんぱく質が不足すると、足りない分を補うために筋肉自体から栄養を消費するようになり筋肉量が減り、歩けない・立てない・座れない状態になり、やがて寝たきりになってしまう。

 

同教授は、この現状を広く知らせるため、『「がん」では死なない「がん患者」―栄養障害が寿命を縮める』(光文社新書)も出版しています。


ところが「栄養と病気の関係」については、今から40年も前に解明されていたのです。それが世界的に有名な「米国上院栄養問題特別委員会報告書」(通称:マクバガンレポート、1977年)です。

 

 

mame232.jpg

 

米国では1960年代から、がんや糖尿病が急増し、医療費が国家財政を圧迫。そこで当時のフォード大統領は上院に特別委員会を設置して、その原因を徹底的に調査させました。

 

その結果、病気は菌やウィルスによってだけ起こるのではなく、食事の偏りや栄養の不足によっても起こることが、世界で初めて明らかにされたのです。

 

米国科学アカデミーが「レポート:食物・栄養とがん」を1983年発表、1990年からがん予防国家プロジェクトをスタートし、がん死もがん罹患率も1990年代初めから減少に転じたのです。それを受け、1997年に米国がん研究財団と世界がん研究基金が「がん予防の食生活ガイドライン」をまとめました。

 

米国人に大きな影響を与えたマクバガンレポートは、全世界で驚きと希望を持って受け止められましたが、日本では全くと言っていいほど話題になりませんでした。

 

なぜでしょうか? 平均寿命が世界トップクラスなので健康的だと思いがちですが、そう考えているのは私たち日本人だけかもしれません。

 

次回は「がんにならないためには」について考えます。