◆必読! 真実の糖尿病対策 (1/3)

一番なりたくない病気は何といっても認知症です。この認知症は別名「脳の糖尿病」とも呼ばれるように、糖尿病にならないことが最も重要なのです。

 

ところが糖尿病は、予備軍も含めると2000万人です。男性40代以上、女性50代以上の3人に1人が、後半人生に入った頃に、突然糖尿病と宣告され、「どんな治療法をしますか?」という選択を迫られています。

 

薬は怖いし、インスリン注射の生活は嫌だし、ましてや週3回の人工透析なんて御免こうむりたい。でも、食事制限や運動はつらいし続けられるか自信ない。それに実際のところ、薬を飲んだら治るのか? このような不安の種は早いうちに、取っ払っておくことです。 

 

 

3311111.jpg

 

(1)のステージ
45歳を超えるとほとんどの人は(1)のステージです。この段階であれば、「血糖値を制する生活」に切り替えることで、比較的容易に元の健康体に戻せます。その方法は次回以降で説明します。

 

(2)のステージ
糖尿病予備軍である(2のステージが戻れる最後のチャンスです。でも痛いなど自覚症状はないし、検査しても血糖値は少し高い程度(軽度異常、未病)なので、「気を付けてくださいね」と言われるだけです。そのうち(3)へ移行していきます。

 

(3)のステージ
医者は糖尿病と判定し、初めて治療に取り掛かります。そして「薬による治療法」および「食事制限と運動による治療法」を勧めます。(2)のステージから(3になるまで数年ありますが、病院はまるでそれを待っているかのようです。

 

前回、紹介した渡邊 昌医師が(3)のステージでした。著書「糖尿病は薬なしで治せる」(角川新書、2017年11月発行)のなかで、このように記しています。

 

●学会で出張した京都のホテルで、風呂上がりに何気なく体重計に乗ったら、お腹はポッコリ出てきているのに72キロと少し痩せていて、お尻に張りもなく、何だか筋肉が崩れているような妙な感じだった。

 

●気になったので勤務先の国立がんセンターで検査をすると(それまで医者の不養生で検査を受けていなかった)、糖尿病と宣告された。それは25年前、53歳のこと。

 

●まさか自分が糖尿病になるとは思わなかった。医師から「このままでは重度の糖尿病に、それに合併症もあるので薬を飲むように」と指示されたが、副作用が心配だった。

 

 

332222222.jpg

 

渡邊医師はこのようにも書いています。「医師は専門の分野以外は疎いものです。私もがんが専門なので、糖尿病についての知識はまるでありませんでした」。そして行ったのが学び直しです。前回の図をもう一度掲載しますのでご覧ください。 

 

 

3300000.jpg

 

渡邊医師が凄いのは、専門外の糖尿病のことを研究して、糖尿病の本質と対策を掴んだことです。従来の常識では、薬物療法が当たり前とされるステージであるにも関わらず、薬なしで、食事と運動で克服したことです。

 

そこには、彼の覚悟と見識が感じられます。
「自分の膵臓は元の状態にはもう戻せない」と覚悟した。

 

「薬を使って膵臓の働きを高めることはできる。でもそれは膵臓に鞭打って、インスリンを無理やり出させること。徐々に膵臓は駄目になっていく」と見抜いた。

 

「ポンコツ寸前だが、車に例えれば、時速30キロ未満であれば、まだ使える」と考えた。

 

そして時速30キロ未満で走行する生活=「膵臓に負担を掛けない生活」を考案し、現在に至るまで25年実践されています。

 

この体験を本に書いて、世の中の糖尿病治療に一石を投じたのですが、出版社に対して、全国の医者から抗議の電話が多くあったことからも、その波紋は大きかったようです。

 

ー次回にー

◆今日のQOLが健康人生をつくる

本年も健康について、さまざまな切り口で書きますのでお付き合いください。

 

新年なので、新聞各紙を取り寄せてみたら、人生100年の備えは今のうちからと、〇のためのサプリメントや〇歳からでも入れるがん保険などの広告宣伝で満載です。

 

不安を煽られて、違和感や疲労感を感じるのは私だけではないと思います。そりゃ大変な時代に突入しているのは間違いないでしょうが、あわてる必要はありません。

 

押し寄せてくる情報から、必要なものだけを取捨選択し、それを編集して、自分のQOL(人生の質)に役立てればいいのです。

 

QOLの基本は「朝スッキリ目覚めて、夜満ち足りた気持ちで眠りにつく」です。100年も1日1日の積み重ねの結果です。長い視野で人生を考えることはもちろん大事ですが、将来の漠然とした不安などに縛られず、今日を大切に生きることが重要だと思います。

 

321.jpg

(1) 呼吸
吐(呼)いて吸うのが基本です。吸う時には交感神経が働いて興奮や緊張につながるのに対して、吐く時には副交感神経が働いてリラックスにつながります。「口から深くゆっくり吐いて鼻から自然に吸う」呼吸をすると、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンが脳内に分泌されて、ストレスやイライラが取り除かれ、QOLを高めるのです。

 

(2) 睡眠
6時間睡眠は7時間睡眠に比べて、脳の老化が2倍のスピードで進み、それにつれて認知機能も衰えていくという研究結果が出ています。たかが1時間の違いと思うかもしれませんが、予防医学の知見では、日々の積み重ねで決定的に大きな違いとなっていくことが分かっています。「7時間睡眠を確保する」ことがQOLを高めるのです。 

 

(3)食事
テニスのジョコビッチが著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で強調しているように、一流のスポーツ選手は血糖値を重視します。欧米の一流企業では「血糖値をコントロールすることは企業人としての基本である」と考えます。血糖値を制することがQOLを高めるのです。

 

私たちにとって最も怖いのは認知症(別名「脳の糖尿病」とも言われる)と糖尿病です。53歳で糖尿病を宣告され、食事と運動で克服してきた医師の体験談が話題です。

 

322.jpg

 

著書「糖尿病は薬なしで治せる」(渡邊昌 医学博士)の出版社に、全国の医者からは「どうしてこんな本を出したのか」と抗議の電話が、一般の人からは「こんな方法があったのか」と感謝の便りが寄せられました。クローズドな医療の世界を象徴するような現象です。

 

この本の内容は次回紹介しますが、「なぜ生活習慣病になるのか」「なぜ栄養学が必要なのか」の基礎知識を持つことはQOLには必須だと実感します。