◆「人生ラスト10年問題」を考える

「人生ラスト10年問題」がクローズアップされています。人生70年をイメージしていた 私たちの上の世代(戦前・戦中世代)が、寿命が急速に伸びたために、医療・介助の生活を平均10年余儀なくされて、不本意な気持ちで亡くなっているという問題です。

 

なぜ、このような大変な問題が起きているのでしょうか? それは、長生きリスクの存在を知らず、そのため人生の長期化に対する健康リテラシーを身に付けなかったからです。

 

「栄養吸収率の変化」についての知識と対応策も、健康リテラシーの一つです。

 

36000001.jpg

 

40歳を過ぎるとは、栄養を吸収する能力はガクンと落ち、野菜や魚をしっかり食べても、ピーク時に比べて半分も身になりません。それに肉を控える傾向もあり、ビタミン・アミノ酸・ミネラルが足りず、「隠れ栄養失調」の状態になり、「隠れ代謝異常」の状態を引き起こしているのです。

 

(※吸収されないビタミン・アミノ酸・ミネラルや脂質は尿や便として体外に排出されます) 

 

その一方で、糖を吸収する能力は落ちません。それなのに、人工甘味料が入った果汁ジュースや野菜ュースを健康のためと毎日飲んだり、糖たっぷりのざる蕎麦をヘルシーだからとせっせと食べて、「隠れ高血糖」の状態になっているのです。これは自分で膵臓を痛めている状況です。

 

余ってしまった糖質は、中性脂肪に形を変えて体内に溜まっていきます。男性も女性も中年で下っ腹がポッコリ出るようになるのは、脂っぽいものを食べるからではなく、糖質の多いものを飲んだり食べるするからです。この「隠れ内蔵脂肪」の状態は、インスリンを浪費して膵臓を更に弱めます。 

 

こうした「隠れ」状態を知らずに続けると、医療・介助の生活になってしまうのです。

 

362222202.jpg

 

隠れ栄養失調で、例えばアミノ酸・ミネラルが不足すると、筋肉や骨をまともに作れないので、ロコモや骨粗しょう症になり、介助の生活に。それに隠れ代謝異常で、細胞の新陳代謝がうまくいかないと、メタボリックドミノでさまざまな生活習慣病を引き起こします。

 

(※メタボリズム=新陳代謝、メタボリックシンドローム=代謝異常症候群の意味です。メタボリックドミノとは新陳代謝の異常がドミノ倒しでさまざまな生活習慣病を引き起こすことです。つまり生活習慣慣病は「新陳代謝の失敗作」なのです)

 

隠れ高血糖や隠れ内臓脂肪で、膵臓を弱らせてインスリンが出なくると糖尿病と合併症に、認知症も引き寄せて、医療の生活に。

 

(※「人は血管から老いる」と言われるように、血管を守ることが健康の基本。血管を糖化・酸化=ベタベタ&ボロボロにしてしまう血糖値を制することが一番のポイントです)

 

医療・介助生活になる年齢が、男性71歳、女性74歳。イメージしていた人生70年ならこんなことにはならなかったのに!今では、平均寿命は男性81歳、女性87歳です。

 

そのため人生の終盤に、買い物や入浴が自力でできなくて誰かの介助をいつも必要としたり、場合によっては、ボケて徘徊するようになったり、病院や施設のベッドで天井を見つめながら過ごすことにも。

 

それに、医療も延命の分野は得意なのですが、健康に長生きする分野はまるで不得意です。医者自身だって、自分の健康寿命を思うように伸ばせないのが現実です。このままでは、私たちの世代は「人生ラスト20年問題」を抱えることにもなりかねないのです。

 

健康リテラシーを身に付けて、健康を自分で守らなくてはなりません。

◆必読! 真実の糖尿病対策 (3/3)

私たち現代人の敵は何といっても「糖尿病と認知症」、どちらも血糖値がポイントです。「人は血管から老いる」と言われますが、この血管を糖化・酸化させて、ベタベタ&ボロボロにする元凶は高血糖。それに、がん細胞のエサも糖だけ。つまり、血糖値を制すれば、糖尿病も認知症も、そしてすべての生活習慣病を制することも可能なのです。
 
それが分かっているのに、なぜ血糖値を制することができないのか? その答えは3つです。
   
350001.jpg
 
 本来であれば、次の図のように膵臓が働いて、血糖値を下げてくれます。
 350002.jpg

 

ところが、私たちの食生活は糖で一杯です。

 

35000007.jpg

ヘルシーだけどざるそば1枚で角砂糖10個。栄養豊富だけど玄米1杯で14個。ごはん・パン・麺のような甘くない穀類にも、糖は大量に含まれています。

 

映画「あまくない砂糖の話」(あなたの食事、大丈夫?)をご存知ですか。ヨーグルト・シリアル・野菜ジュースなど健康的とされるものが曲者で、砂糖を摂り過ぎないようにしているつもりでも、いつの間にか毎日40個食べさせられている。砂糖生産世界第3位のオーストラリアで、食糧業界のタブーに挑戦し、観客動員新記録にもなりました。

 

この状況は日本も同じです。そのため私たちの膵臓はインスリンを大量に出すことを強いられ、次第に弱っていきます。そりゃ渡邊医師のように毎食後に30分も歩けば、膵臓の負担は和らぐでしょうが、一般人には無理というもの・・・。

 

ごはんやパンなど固体は、胃の中で消化に時間がかかるので、血糖値は一気には上がりません(渡邊医師はその間を狙って歩くのです)。しかし、液体はあっという間に胃をすり抜けて、小腸に届いて吸収されるため、急激に上がります。

 

健康な人の血糖値は、空腹時で80から90mg/dlですが、缶コーヒーを1本飲めば、140くらいまで急上昇します。これが膵臓に強いダメージを与える「血糖値スパイク」です。

 

もっと悩ましいのは、エナジードリンクで気合いを入れたり、野菜ジュースで野菜不足を補っても、血糖値は急上昇しているということです。青汁も飲みやすくするため、マルチトール(還元麦芽糖)などの砂糖よりも危険な人工甘味料が含まれています。

 

こうして、私たちは知らず知らず膵臓を弱らせているのですが、(3)のステージ=ポンコツ状態になると、もう元には戻せません。

 

3500008.jpg

また日本人やアジア人は、欧米人よりインスリンの分泌量が少なく、糖尿病になりやすい体質です。それに加えて、加齢とストレスにより膵臓は弱ってインスリンは減るし、しかも中年で内臓脂肪が溜まって下っ腹がポッコリ出てくると通常よりも多量にインスリンを浪費させてしまいます。

 

そのため45歳を過ぎると、多くの人が次のようなルートをたどるのです。 

 

3500009.jpg

 血糖値を制する方法は、次の3つの組み合わせです。

 

(1) 毎日 口に入れる糖の量を半分にする

糖を含んだ飲みものはやめる(これで血糖値スパイクを避ける)。スイーツや果物は控える。ごはん・パン・麺の量をこれまでの半分にする。

 

(2) その分、糖以外の栄養をしっかり摂る

中年になると脂質やたんぱく質を吸収する能力が半減するので、肉や魚を十分食べないとロコモや骨粗しょう症になりやすい。その一方で、糖を吸収する能力だけは減らないので、血糖値が上がって肥満になってしまう。肉や魚では肥満にならないので心配無用。

 

(3) 血糖値を抑制するサプリを活用する 
上記(1)(2)を実行しても、「血糖値を制した」とは言えない。そのため、血糖値抑制サプリを毎食前に飲んで補完する必要がある。

 

でも、納得できる血糖値抑制サプリが市場で見当たりません。

 

中年以降は、免疫力を低下させる化学合成物などの「不自然なもの」を体の中に極力入れないのが健康を守る大原則。そのため天然100%が望ましいし、携帯できてそのまま飲める粒のタイプであれば便利です。

 

当社は血糖値を制することの重要性を再認識し、天然100%・粒タイプの血糖値抑制サプリを現在、大学と共同開発しています。本年5月までに完成する予定です。

◆必読! 真実の糖尿病対策 (2/3)

糖尿病を宣告された渡邊医師(当時国立がんセンター病理疫学部長、53歳)は同じ病院の担当医師から血糖降下薬を指示されましたが、それに従わず、食事と運動で克服しようと決め、専門外の糖尿病を学問的に研究しました。

 

そして分かったのは、次のことです。

 

3477777.jpg 3488888.jpg

 

渡邊医師が行ったのは下記の生活ですが、その目的は「ポンコツ状態の膵臓を壊さない、インスリン注射の生活(毎回食前に打つ)にならない。決して合併症のステージ(週3回・4時間の人工透析など)には行かない」ことです。

 

 

34111.jpg

 

このような生活が、私たちにできるでしょうか? とても、時間的にも意志的にも難しい。

 

渡邊医師はこのように言っています。

自分が勤務する病院の担当医師に対して、「薬を使わず、食事と運動で克服する」と宣言した手前、意地があった。

国立がんセンター疫学部長として、がんや糖尿病など生活習慣病予防の重要性を説いていたので、自分が真っ先に糖尿病になり格好がつかなかった。そこで奮起して、「食事と運動の生活習慣を変えることで、克服して見せようじゃないか」と思った。

 

(※ちなみに、がん細胞が育つエサはただ一つ、糖質だけです。膵臓が弱っている現代人に膵臓がんが増えているのも何だかうなずけます。私の友人も膵臓がんであっという間に亡くなりましたが、もっと早く対策を知っていればと悔やまれます)

 

男性40歳以上、女性50歳以上の3人に1人が糖尿病および予備軍。65歳以上であれば2人に1人と推測されます。そして高齢期に認知症になる確率が高いのも現実です。 大事なことは、「どうしてこんなにも糖尿病が増えているのか?」の原因と、「どうやって防げばいいのか」という対策を知ることです。

 

 

342222.jpg

 

この図の説明と対策については次回に。