◆膵臓(すいぞう)がんを考える

週刊新潮3月22日号が、「増加の一途! 10年生存率5% 膵臓がんを生き抜く術」という特集を組んでいます。サブタイトルは、「 星野仙一(享年70歳)、千代の富士(61歳)、坂東三津五郎(59歳)の命を奪ったがんの王様」です。

 

がんで年間37万人亡くなっていますが、近年増加しているのが膵臓がん。女性は「気管支および肺」「大腸」「膵臓」「胃」「乳房」の順で3位、男性は「気管支および肺」「胃」「肝臓」「大腸」「膵臓」の順で5位と、上位に食い込んできています。

 

膵臓がんは、他のがんと比べても極端に生存率が低いので、別名「がんの王様」と呼ばれています。10年生存率は、胃がんと大腸がんが7割近いのに、膵臓がんはわずか5%。ステージ4になると0.3%にまで落ちます。自覚症状がほとんどなく、病院で見つかった時は手遅れというケースが後を絶たないのです。

 

ではなぜ、膵臓がんがこんなに増えているのでしょうか?

 

まず、膵臓の役目を押さえておきます。それは、大きく2つです。

1.インスリンという血糖値をコントロールするホルモンを分泌する。
2.膵液と呼ばれる消化液を作り出す。

 

このように膵臓は「血糖値コントロール」と「消化」いう非常に重要な役目を担っている臓器なのですが、この膵臓を弱らせるのが糖です。

 

私たち現代人は知らず知らずのうちに、角砂糖40個分の糖を毎日体内に入れているのですが、基礎代謝が落ちてくる中年になると糖をエネルギーに転換し切れず、そのため糖尿病や内臓肥満になってしまい、それが膵臓がんも引き起こしているのです。 

 

週刊新潮も指摘していますが、膵臓がんの危険項目は以下の8つです。

 

390000.jpg

上記のうち、膵嚢胞(すいのうほう)は、体液が溜まった袋状の病変が膵臓の中にできること。膵炎(すいえん)は、膵臓に炎症ができて、みぞおちあたりに腹痛が起きること。

 

でも一番気を付けるべきなのは、糖尿病と内臓肥満です。その前段階の「隠れ高血糖」と「隠れ内臓肥満」が40代以上に静かに広まっていて、インスリンを浪費させ、膵臓を弱らせているのですが、この実態を知り、その対策を講じることが何よりも大切なのです。

 

それに内臓肥満は、男性特有のものではありません。女性も中年になって下っ腹がポッコリ出てくるのは、糖をエネルギーに変換するインスリンの分泌量が減ってきて、残った糖が中性脂肪に形を変えて下っ腹に溜まっていくからです。単なる肥満ではないのです。

 

そして私たちの体内には、毎日5000個レベルのがん細胞が発生しています。それを免疫細胞が退治してくれるのですが、中年にもなると、免疫細胞の力が弱ってくるし、しかも、がん細胞が増殖するためのエサは糖だけ。この事実を押さえておくべきだと思うのです。

391111.jpg女性では膵臓がんが3番目に上がってきているのも現実です。膵臓を弱らせず、最後まで大切に長く使っていくことが、長寿時代を生き抜くうえでの基本の「基」。そのためには、血糖値を抑制しなければいけない。それが私たち40代以上の最新の課題なのです。

 

「血糖値を制する」ことの重要性がますます高まっているのを感じています。

◆たった一つの勘違い(2/2)

私の経験です。大阪在住の頃、近所の医者(大阪警察病院外科部長)と親しくなって色々とホンネの話を聞いたのですが、なかでも特に驚いたのは、

 

医者は長生きではない。商社マンと同じように短命の部類に入り、一般の平均寿命より10年近く短い。健康で長生きのスキルは身に付けていない。

 

医食同源に関心を示す医者は少ない。病気と栄養の関係は深いのに、医者の多くは自分の食事に無頓着だし、栄養学の知見を持ち合わせていない。

 

救急救命に辣腕を振るう医者が、「医者の意識を変えなくてはいけない」「自分は医食同源を実践して丈夫で長生きするぞ」とよく言っていました。

 

そして、彼から受けた質問が次の言葉です。

 

381111.jpg

「その他の病気については、医者がいなくても、薬がなくても、それほど影響はないんじゃないか」と言い切った彼の答えに、私は腰を抜かすほどビックリしました。

 

キッタハッタが得意な外科医は医者のエースだし、しかも警察病院の外科部長なので、「その他の病気」を担当する内科医などに対して少しは批判的だったかもしれませんが、核心を突いた言葉だと思います。

 

382222.jpg

医学や医療は何のためにあるのか? もちろん病気を治すためですが、そうであるならば「初期の段階であれば治せるが、これを超えたら治せない」ことを警鐘するべきです。

 

健診で軽度異常=初期段階が分かっても、現行の医療保険制度では治療対象にならず、「気を付けてくださいね」(経過観察)となり、そのうち初期段階を超えてしまいます。

 

一定の数値を超えれば治療対象です。例えば2型糖尿病であれば、血糖降下剤を処方されますが、次第に利かなくなり、今度はインスリン注射に。場合によっては、週3回各4時間の人工透析も覚悟しなければなりません。

 

一方、「本来の病気」の場合は、副作用のデメリットがあっても、メリットのほうが遥かに大きく、医者と話し合い、協働で治していくのが賢明です。

 383333.jpg

45歳を超えると、ほとんどの人は初期段階です。食習慣を転換して、元の健康状態に戻す。自己防衛と予防で、健康寿命を毎年更新し、PPK(ピンピンコロリ)を目指す。これが長寿時代の新・ライフスタイルだと思います。

 

病院には「その他の病気」の患者が大勢押しかけるため、生活リズムを乱され、糖尿病やうつ等になる医者が増えています。むやみに病院に行かず、医者には「本来の病気」に専念してもらうべきだと思うのです。

 

一線を越えてしまったら、医療や介助の生活に陥ってしまいます。そのためにも、自己防衛と予防を意識して、最後まで自分の力で身の回りのことができるようにする。これが幸福の基本の基です。

 

「病気は何でも医者が治してくれる」という勘違いをやめ新・ライフスタイルに転換すれば、幸福人生の基盤を形成できる、と私は思っています。

◆たった一つの勘違い(1/2)

「病気にならないこと、元氣でいられること、そして最後まで自分の力で身の回りのことができる」のが幸福の基本だと、私は考えています。

 

そして、「朝スッキリ目覚めて、夜満ち足りた気持ちで眠りにつける」のが日々の幸福であり、そうやってQuolity of Life(人生の質)は積み上げられると、考えています。

 

ところが、そうはさせてくれないのが心身の不調や病気です。私たちの周りにも、うつ状態で悩んだり、隠れ糖尿病ではないかと心配する人も増えています。そのため、大学病院などの大きな病院では、2時間近く待って診察はわずか数分という事態になっています。

 

でもこれは、日本の常識は世界の非常識と揶揄される、変わった状況なのです。

 

経済協力開発機構(OECD、現在35か国加盟)の1998年調査では、医者一人が年間に診察する患者数は、OECD平均2400人に対して日本は8500人と3.5倍。1回受診当たりの医療費は、日本7000円に対して英国2万5000円、フランス3万6000円、米国6万2000円、スウェーデン8万9000円です。現在も大きくは変わっていないと思います。

 

わが日本では、患者が大勢押しかけるので、医者は一人で1日50人近く診察。さっさと話を聞き、検査に回し、薬を処方する。しかも国が医者の技術料を低く抑えているので、多くさばかないと病院の経営は成り立たない。これでは医者は疲弊するばかりです・・・。

 

どうして、こんないびつな状態になってしまったのでしょうか? その一番の理由は、私たちが「病気は何でも医者が治してくれるもの」と勘違いしているからだと思います。

 

3755555.jpg

376666.jpg

病気は「本来の病気」と「その他の病気」に分けられます。そもそも医者の守備範囲は本来の病気であり、その他の病気は医者にとって守備範囲外とも言えます。

 

上記の図のように、「本来の病気」は医者の力を借りなければ治せないものです。まさに医者の本領が発揮できる領域ですが、現在では病気全体のせいぜい2割です。

 

振り返れば、高度経済成長にともない、国民皆保険制度が1961年に施行されました。誰もが平等に低料金で受診できるようになり、結核や肺炎などの感染症、乳幼児の疾病、交通事故や工場内での大けがといった本来の病気を克服。それまで先進国で最低だった平均寿命は1980年代には世界No.1になりました。経済と医療のお陰です。

 

ところがその頃から、ぜいたく病とも呼ばれた「その他の病気」が出現、急増して、今では8割を占めています。これらは全て生活習慣病で、名前の通り、生活習慣が原因の病気なので、生活習慣を改善しない限りは治せません。

 

言い換えると、「生活習慣を変えることで治せる」、それは自分自身でしか変えられないので、「主治医は自分自身」なのです。しかしそうは言っても、初期段階を超えてしまうと、元の健康な状態には戻せません。

 

その典型的なケースが、「血糖値がやや高い状態」(=初期段階)を超えてしまって、2型糖尿病や合併症に、過剰な血糖が内臓脂肪に変換されてメタボリックドミノを引き起こし、うつやMCI、認知症になっていくことです。これが、中高年に増えているのです。

 

ですから、「病気は何でも医者が治してくれるという勘違いを無くす」「生活習慣病のことを知って、初期段階で早く気付き、生活を見直して、治してしまおう」「医者には本来の病気に専念してもらう」というのが、私たちの考えです。それがあるべき姿だと思うのです。

 

ー次回へー