◆最大リスク、血糖値スパイクを防ぐ

健康寿命の足を引っ張っているのが、「がん・心臓病・脳卒中」の三大生活習慣病と、近年急増している「認知症」です。幸いにも最新科学が、「国民病」となったこれらの病気の根本原因を突き止めています。

 

それが “血糖値スパイク” を繰り返す生活です。食後血糖値がスパイクシューズの針のように、尖って急上昇すると、血管を痛めつけ、脳や体の細胞を破壊し、糖尿病とは異なる、一見血糖値とは無関係に思えるさまざまな病気を引き起こすことを解明しています。

 

引き起こす病気の代表が、現代の国民病となっている、がん、心臓病、脳卒中、認知症なのです。そして、この “血糖値スパイク” を起こす原因は下記の通りです。

 

m450002.jpg

 

病気は社会環境が生み出すといわれますが、血糖値スパイクはまさに現代の社会環境そのもの。そのため、年代や性別に関係なく、肥満でない若い男性もスリムな女性も、誰もが起こしてしまうのです。

 

この血糖値スパイクを起こす原因として、ダントツで一番なのは、「糖と脂たっぷりの生活」です。

 

糖は、1日120g(角砂糖40個分)、1食40g (13.3個分)以内にするのが良いのですが、私たちは1日に角砂糖50個分(150g)以上、昼食に平均20個分(60g)の糖をとっています。例えば、チャーハンで22.7個分、かつ丼で36.4個分。ヘルシーだと思っている、ざるそばでも16.8個分です。

 

さらに血糖値を急上昇させるのが、液体なので一気に吸収される、エナジードリンクや野菜ジュースです。健康に良いと思って飲んでも、また冷たいので多く飲んでしまい、そのたびに、血糖値スパイクを起こしてしまいます。

 

それに余分にとった糖は体内で脂肪になって、内臓脂肪として溜まっていきます。こうして“ポッコリお腹” になると、内臓脂肪から悪玉物質を出して、血糖値スパイクを悪化させます。つまり、糖と脂が血糖値スパイクを起こす元凶です。

 

他にも、睡眠不足や精神的ストレス、ダイエットによる筋肉の減少、座りっぱなしの生活スタイルがありますが、やはり最大の原因は「糖と脂」です。つまり、「糖と脂を制し、血糖値スパイクを抑える 」ことが最大の鍵なのです。   「一点突破、全面展開」です。

 

古くは孫子の兵法にあり、現代ではビジネスにおけるランチェスター戦略のキーワードとなっている言葉です。あれこれ中途半端に手を出すよりも、一つのことに集中した方が成果が上がりやすい。そして、うまくいった一つをきっかけに、他の原因にも展開していくのです。

 

 でも、糖を1食40g以下にするのはとても難しい。どうすれば、「ストイックになり過ぎず、食生活を楽しみたい」と「糖・脂を制して、血糖値スパイクを抑える」を両立させられるのか。これが、私たち現代人の課題です。 

◆「健康寿命+20年」を解決する鍵

私たちは、「健康寿命を20年伸ばす」というとんでもない課題を抱えていますが、これを解決するには、今のうちから健康貯金をコツコツして、長期戦略で健康寿命を伸ばしていくしか方法はありません。

 

その際のキーポイントは、健康寿命の足を引っ張っている「がん・心臓病・脳卒中の3大疾病」と「急増している認知症」を取り除くこと、つまり、予め防ぐことです。

 

幸いにも、最新科学がこれらの病気の原因を突き止めています。下の図をご覧ください。

 

m4400004.jpg

誰でも食事をすると、食べ物に含まれる糖分が腸で吸収されて血液の中に入り、血糖値が上昇します。140mg/dlを超えると食後高血糖、いわゆる「血糖値スパイクが起きている」と判定されます。

 

この「血糖値スパイクを起こしている生活」を続けていると、やがて血糖値が正常範囲まで下がらなくなり、空腹時でも高血糖になり、糖尿病になってしまいます。

 

ところが最新研究で、糖尿病になる他にも、重大な病気になることが分かったのです。 血糖値スパイクの繰り返しが、血管や体・脳の細胞を(1)「酸化」(サビ)させる、(2)「糖化」(コゲ)させる、(3)「内臓脂肪化」(タメ)させるという悪さをして、新たな合併症「がん・心臓病・脳卒中と認知症」を引き起こすのです。

 

この現状を、NHKが二度にわたって取り上げています。それが大きな反響を呼んだ、NHKスペシャル「血糖値スパイクが危ない」(2016年10月8日)、シリーズ医療革命「あなたを襲う血糖値スパイク」(2017年2月3日)です。

 

最初の番組では、健康診断で測る空腹時の血糖値には問題がない働き盛りの人たちに、「おにぎり2個と野菜ジュース1本」で食後の血糖値を調べています。なんと、基準値の140をはるかに超える人が続出、200まで急上昇する人も。こんな日常の、軽い食事でも血糖値スパイクが起きるのです。

 

(※血糖値スパイクの言葉は、NHKスペシャルの制作スタッフが、事の重大さを実感してもらおうと命名したものです) 

 

食後高血糖(血糖値スパイク)の存在は、長い間、医学界でもないがしろにされてきましたが、3大疾病や認知症の原因となっているとは、まさに灯台下暗し。

 

もはや、高血糖なんて肥満・中高年・オヤジの専売特許だと軽く考えてはいけない。血糖値スパイクは、肥満ではない男性や、痩せた若い女性にも多く起こっていて、その数は1400万人に達していると推測されています。世代も性別も関係なく、誰にも起こりうる「新たに見えてきた脅威」なのです。

 

そのため、血糖値スパイクを起こさない生活を日々積上げる、そうやって健康貯金をしていくことが、健康寿命を伸ばす最大の解決策なのです。ここを一点突破すれば、全面解決につながるということです。

 

ではどうやって、血糖値スパイクを防げばいいのか。それは次回に。