◆『認知症』『がん』の芽は40代から出ている

60代になるとMCI(軽度認知障害)になる人が目立ち始め、75歳を過ぎたあたりから認知症を発症する人が急激に増えています。

 

ところが認知症は、高齢になってから急に発症するわけではありません。近年の研究で、15年・20年という長い潜伏期間を経て発症することが分ってきています。つまり40代からMCIおよび認知症の芽が出ているのです。

 

そして最新の科学が、MCI・認知症は「血糖値スパイクを繰り返す生活」が大きな原因であることを突き止めました。

 

1食あたり糖を40g(角砂糖13.3個分)以上とると、血糖値が急上昇する血糖値スパイクを起こし、AGE(終末糖化産物)や活性酸素を発生させて、血管を傷つけ、体と脳の細胞を壊していきます。また、細胞をがん化して、がん細胞を増殖させます。

 

そのため糖を40g以下に抑える必要があるのですが、普段の食事には意外なほど糖が多く含まれています。例えば、おにぎり1個と250mlの野菜ジュース1本という軽めの食事でも46.1g(角砂糖15.4個分)となり、一定量 を超えてしまいます。

 

9550111.jpg
このように私たちは、糖をとり過ぎているのですが、問題が表面化するのが40代からです。基礎代謝が急激に落ちるので、栄養の吸収率も大幅にダウンし、しっかり食べても栄養が体と脳に届かず、体と脳は栄養不足で悲鳴を上げることになってしまいます。

 

ところが糖質だけは例外で、吸収率は落ちません。つまり、たんぱく質・ミネラル・ビタミンは不足するけど、糖質は相変わらずとり過ぎの状態 ―― 取り入れる栄養素の中で糖質の占める割合が今まで以上に大きくなり、高血糖や内臓肥満を進行させるだけでなく、血糖値スパイクを起こしやすい体質になっていくのです。

 

m550005.jpg
550006.jpg

40代から、脳と体の中で、糖化(コゲ)・酸化(サビ)・内臓脂肪化(ポッコリお腹)が加速し、認知症やがんの芽を出すことになってしまいます。そこで積極的に、「血糖値スパイクを防ぐ」「糖以外の栄養素をしっかりとる」ことに取組み、認知症やがんの芽を摘み、生涯発症させない脳と体を作っていくことが大切なのです。

 

現代の食環境では、誰もが認知症やがんになりえるし、発症してしまうと元には戻せないのが現実です。晩年を暗転させないため、周囲を不幸にしないため、40代のうちから「予防」することの重要性がますます増しています。そして「血糖値スパイクを抑え、不足する栄養素を補充する」天然サプリメントを利活用することの意味もまた増しています。

◆病気を予防する時代、新しい時代の健康戦略

現代医学は日進月歩で進化していますが、それでも簡単には治せない病気として “がん” があり、どうしても治せない病気として “認知症” があります。

 

そして寿命が伸びるのに伴い、認知症になる割合はもっと増える傾向にあります。このように認知症もがんも、誰もがなりうる病気ですが、いったん発症すると元には戻せないので、ならないこと、ならないように「予防」することの重要性が増しています。

 

m54003.jpg

予防する上でのキーワードは「食習慣」です。がんも認知症も、生活習慣が引き起こす病で、食・運動などの生活習慣のうち、食習慣が最も与える影響が大きいのです。

 

西洋では、「You are what you eat.」(食べたものが君になる)という諺を使って、「自分の体の一部になっても良いものを食べなさい」と躾けながら、健康は自分で作っていくものという意識を植え付けます。

 

もちろん一度の食事によって、病気になったり健康になったりすることはありませんが、10年・20年の食事の積み重ねは、確実に私たちを病気から遠ざけたり、近づけたりします。

 

はたして私たち日本人に、その自覚はあるでしょうか?

 

m54002.jpg


最近では、米スタンフォードや英オックスフォード大学が、病気を予防する「食」の科学的な知見を数多く発表していますが、共通するポイントは、科学的根拠のある正しい食事を、バランス良く適量にして、「必要な栄養素を過不足なくとる」ことです。

 

ところが、とりわけ日本において、栄養素を取り巻く環境が大きく変わってきています。

 

1.炭水化物が美味しくなり “糖質” になった
「炭水化物=糖質+食物繊維」ですが、白米・食パン・うどんなど、“精製された現代の白い炭水化物” は、食物繊維が少なく、甘くはないけど、砂糖と同様の “糖質” となってしまっています。そのため食物繊維が七大栄養素として追加されました。

 

2.現代の食生活では糖質をとり過ぎてしまう
糖質は毎食40g(角砂糖1個3g×13.3個)以下が適量ですが、現代の白い炭水化物は、ごはん1膳で18.4個、食パン6枚切1枚で8.9個、うどん1玉で17.9個含まれています。しかも美味しいので、どうしても糖をとり過ぎてしまい、食後高血糖を起こします。

 

3.血糖値スパイクという新しい現象が認知症やがんを起こしている
この食後高血糖=『血糖値スパイク』を起こす生活を10年・20年続けると、認知症やがんになることが分かってきました。認知症は脳内だけが糖尿病状態になって発症するので “3型糖尿病” と呼ばれているし、がん細胞は糖だけを原材料として増殖していきます。

 

でも、こういった先進の知識を持ち、同時に、血糖値スパイクを抑える天然サプリメントを利活用すれば、認知症もがんも予防可能です。現代は、身近になった認知症とがんを、「自ら積極的に予防していく時代」なのです。

◆たんぱく質を壊し、病気を引き起こす "糖化"

老化現象には、「止められない生理的老化」(Pysiological Aging)と「止められる病的老化」(Pathological Aging)の2種類あります。病的老化は止めるべき対象で、その代表が “糖化” です。そして糖化を生じさせている原因が “血糖値スパイクを繰り返す生活” なのです。

 

この血糖値スパイクによる糖化が、糖尿病の合併症だけでなく、近年急増している認知症やがん、うつや骨粗しょう症など、さまざまな病気を引き起こしていることが分かってきました。

 

糖化とは、体内で、体と脳のエネルギー源になる『糖』が、たんぱく質の表面にベタベタとくっつくこと。この糖化によって、体と脳の組織を作っている『たんぱく質』が薄っすら焦げた状態になり、機能が徐々に劣化していきます。

 

そして血管の中で、糖化が進んでいくと、最終的には “AGE”(終末糖化産物)という病的老化物質が生まれます。このAGEが血液を通して全身にばらまかれ、その結果、体じゅうのあちらこちらで、病気が発症するのです。

 

m5302.jpg

私たちの体の約70%は水分ですが、その次に多いのが20%のたんぱく質。血管や皮膚、筋肉や内臓、ホルモンやヘモグロビン、病気の免疫抗体も、たんぱく質でできています。

 

脳も4割はたんぱく質でできていて、脳を働かせる神経細胞や神経繊維の主成分もたんぱく質です。骨も、たんぱく質の線維で骨組みが作られ、そこにカルシウムが付着してできています。

 

私たちの体は、たんぱく質でできているといっても過言ではありませんが、そこに病的老化物質のAGEが忍び込みます。皮膚でしみ・たるみを、骨で骨粗しょう症を起こします。

 

心臓や脳の血管に蓄積して、詰まらせたり切れさせて心臓病や脳卒中を、脳に蓄積して老人斑のシミを作ったり、脳細胞を壊して認知症を引き起こします。

 

また糖尿病になって、「どうってことはないな」と高をくくっていても、AGEが細い血管の張り巡らされている目や腎臓、神経にまで入り込んでいくと、人工透析・失明・えそといった合併症になってしまいます。
 

大事なことは、次の二つです。

 

1.たとえ糖尿病になっても、合併症へ進行させない
合併症は怖い! 人工透析をしても生存年数は平均5年です。

 

2.「糖尿病でなければ問題なし」という固定観念を捨てる
糖尿病になっていなくても、AGEが認知症、がん・心臓病・脳卒中、うつ・パニック障害、骨粗しょう症・関節症、白内障・EDなど、さまざまな現代的病気を引き起こします。

 

冒頭に書いたように、AGEを発生させる糖化を生む出す元凶が “血糖値スパイク” です。合併症へ進行させない、さまざまな病気を引き起こさないためには、何よりも日々の生活で血糖値スパイクを起こさないことが最も大事なのです。