◆ポスト平成時代の健康戦略(その3)

「今日も一日頑張ろう」―― 保険関係の企業に勤める30代半ばのA氏は、毎朝、会社が入っているビルに設置された自販機で缶コーヒーを買います。それを持って自席につき、飲みながらパソコンを立ち上げメールチェック。こうして一日を始めるのが日課です。

 

ところが、糖尿病専門医として38年間、20万人以上のビジネスパーソンを診てきた牧田善二医師はこのように言っています。

 

「缶コーヒーは悪魔の飲み物。口にするのは絶対に避けたほうがいい」「カフェで売られている入れたてのコーヒーとは全くの別物。砂糖の塊が解けた液体に過ぎず、健康に悪いことはあってもi良いことなど1つもありません」

 

「缶コーヒーに限りません。自販機やコンビニで売られている身近な飲料は、大量の糖質を含んでいるものが多いのです。コーラなどの甘い清涼飲料水に糖質が多いのは分かっているでしょうが、注意が必要なのはいかにも健康に良さそうな商品です」

 

m583.jpg

■「本来、健康な人間の体内には約4.5リットルの血液があり、その中の血糖値は空腹時90mg/dlです。つまり、血液中には4グラム前後の糖が存在します。それだけあれば十分だから、この数値なのです」

「では、4グラムでいいところに、缶コーヒーなどを飲んで、いきなり大量の糖質が入ってきたらどうでしょう。しかも一気に吸収される液体の糖質です。人間の体が全く想定していなかったとんでもない事態が起きるのです」

 

 この、とんでもない事態というのが下の図です。

 

m590100.jpg

 ■「液体の糖質は口にしてすぐに血糖値が上がり始め、30分後にはピークに達します。缶コーヒーを1本飲めば、高血糖でない健康な人でも30分後には血糖値が140くらいまで急上昇します。これを血糖値スパイクと呼びます」

「血糖値スパイクが起きると、今度はジェットコースターのように一気に下降して、血糖値が低過ぎる状態になります。

 

「血糖値がぐんと上がると、セロトニンやドーパミンといった “脳内物質” が分泌されて、ハイな気分になります。だから、仕事の前に気合いを入れるには缶コーヒーがピッタリだと誤解してしまうわけです。このハイな気分になるところを至福点と言います」

「一方で、血糖値が上がったことを察知した体は、それを下げるために慌てて膵臓から大量のインスリンというホルモンを放出します。そして血糖値が急激に下がります。

 

「血糖値が大きく下がると、ハイな気分から一転、イライラしたり、吐き気や眠気に襲われたりと不快な症状が出ます。するとあのハイな気分になりたいと、血糖値を上げる糖質が欲しくなり、同じことを繰り返してしまうのです」

「これは、《糖質中毒》という脳がおかしくなってしまった非常に深刻な症状です。しかし、中毒に陥っている本人には、その自覚が全くありません」

 

このように牧田医師は、「ビジネスパーソンの多くが知らず知らずのうちに《糖質中毒》になっていて、そして《血糖値スパイク》を繰り返すことで、日々のイライラを始め、脳や体の細胞を徐々に壊して、やがてMCI、人工透析、がんや脳梗塞といった病気までも引き起こしていく」と言います。20万人のビジネスパーソンを診てきた経験からの警鐘です。

 

「老化や病気のリスクを解消するためには、ミネラルウォーター以外の液体飲料はできるだけ避ける。缶コーヒーや野菜ジュースを毎日飲む習慣は止めるのが賢明だ」ということです。

 

ところが、液体は避けることができても、悩ましいのはごはんや麺といった主食の固体です。普段、ランチで食べているものの糖質量を下記の図でチェックしてみてください。

 

m584.jpg

■「ごはんや麺など固体は、液体と違って、消化に時間がかかるので血糖値の上昇が緩やかです。それでも、1食当たりの糖質量が40gを超えると《血糖値スパイク》を起こしてしまいます」

 

ごはん1膳、おにぎり2個、ざるそば1枚でも、40gを超えてしまいます。品種改良されて美味しくなった分だけ、糖質量が増えているのです。でも、ごはんや麺に比べて、魚や肉、卵には糖質量はほとんどありません。つまり、外食のランチは、例えば「牛ハンバーグ定食やとんかつ定食であれば、ごはんを半分以下にする」というのが良さそうです。

 

「血糖値に関して、健康診断は当てになりません。空腹時の血糖値やヘモグロビンA1c値を測定するだけで、食後の血糖値を調べないからです。そのため自分の体の中で《血糖値スパイク》が起きていることに気づけません。あなたもその1人かもしれません」

 

牧田医師の言葉を俄かに全て納得できないかもしれませんが、私達の健康は私達が気づかないで壊していることも多いということは理解する必要がありそうです。

 

(その4に続く)

◆ポスト平成時代の健康戦略(その2)

前回その1では、1.人生の「長期化」、2.脳と体の「糖化」、3.社会環境の「変化」という3つの「化」が、私達の前に立ちはだかって、人生マラソンの完走を阻んでいるということを指摘しました。

 

このうち、3番目の社会環境の「変化」への対応策については、『60歳からのプレミアムタイム』(楽観と自信を持とう、12月12日から3回シリーズ)が担当し、1番目と2番目はこの『健康豆知識』(ポスト平成時代の健康戦略、12月21日から5回シリーズ)で取組んでいきます。

 

1番目と2番目に共通するのは、「人生が長くなったにも関わらず、私達の脳と体がそれに追い付いていない」という問題です。この長くなった人生レースの完走を阻むのは、脳が「MCIから認知症」に、体が「フレイルから寝たきり」になることです。

 

人工透析やがんになるのも厄介ですが、「ボケて」しまったり、「動けない状態になって」しまったりしたらどうしようもありません。そのためには、認知症前段階の「MCI」と、寝たきり前段階の「フレイル」を防ぐことが重要なのですが、最新の知見で、このMCIとフレイルになる根っこの原因に「血糖値」があるということが分かっています。

 

この分野の第一人者が、糖尿病専門医として38年間、20万人以上のビジネスパーソンを診てきた牧田善二医師です。

 

m58001.jpg

牧田善二医師の著書「医者が教える食事術 ― 最強の教科書」の要点を記します。

 

m58002.jpg

なんとも手厳しい指摘です。牧田医師が声を大にして言っているのは、「経済環境の変化によりビジネス常識は変わる。同じように、社会環境の変化により健康常識も変わる」「前者の対応ができるビジネスパーソンが、なぜ後者の対応ができないのか! どうして自分の健康にこんなに無防備なのか!」ということです。

 

上記の《病気になる努力》とは、例えば以下の内容です。

 

m582.jpg

牧田医師はこのように書いています。

毎朝飲むオレンジジュースや野菜ジュースの中に、どれだけの糖が含まれているか分かっているのでしょうか。それによって高血糖状態をあえて作り出し、さまざまな病気に自ら近づいていることを分かっているのでしょうか。

 

自称「健康に気を遣っているビジネスパーソン」から聞くこうした工夫は、まさに《病気になる努力》であり、ビジネスパーソンは仕事については優秀でも、自分の口に入れるものについて、ひどく無知なのです。

 

例えば、ダイエットのために必死でカロリーや脂肪を制限している人がいますが、最新の医学の常識では、肥満を生み出す原因は「糖質」であって、カロリーや脂肪は関係がありません。しかし、管理栄養士や医者でさえ、いまだにカロリー神話を信じている人が多くいます。

 

(その3に続きます)

◆ポスト平成時代の健康戦略(その1)

ポスト平成時代が始まろうとしています。元号が変わるのと期を同じくして、健康に対する常識も変わろうとしています。というのも、3つの「化」が私達の前に立ちはだかり、これまでの健康常識が通用しなくなっているからです。

 

1.一つ目の「化」は、人生の長期化です。

信長の頃から戦後焼け跡まで千年以上続いた人生50年が、今では人生100年です。今年18歳になった若者の半数以上は百歳まで生き、自分の眼で22世紀を見ると予測されています。彼ら彼女らが百歳になる82年後は22世紀なのです。私達ミドル世代も90歳や95歳まで生きるという前提で人生設計しなければなりません。

 

でも脳や体の耐用年数は、現時点では概ね75年。人生の長期化に追い付いていないので、これから15年、20年伸ばしていかないと完走できません。それはマラソンの距離がハーフからフルの42.195キロに変更されたようなもの ―― ルールがまるで変わってしまったのです。これが、がん、認知症や寝たきりが増えている一番の原因であり、これまでの健康常識が通用しなくなっている最大の要因です。

 

2.二つ目の「化」は、脳と体の「糖化」です。

 糖尿病専門医として38年間、20万人以上の患者を診てきた牧田善二医師の著書『医者が教える食事術 ― 最強の教科書』がベストセラーになっています。TBSの「金スマ」に3回登場して話題を呼んでいますが、「ビジネスパーソンの8割が糖質中毒である」「知らず知らずのうちに毎日スプーン40杯分(200g)の砂糖を食べている」「多くのビジネスパーソンは糖化という大問題をわかっていない」と警鐘を鳴らします。

 

その原因は、食べ物が格段に美味しくなり、ご飯1膳やうどん1玉に含まれる糖質が50gを超えるようになったからです。そのため血糖値スパイクとかジェットコースター血糖と呼ばれる現象が食事のたびに起こしていて、脳や体の細胞を壊しているのです。MCI/認知症やフレイル/寝たきりのリスクを解消するためにも、血糖値の急上昇/急降下を抑えなければなりません。

 

3.三つ目の「化」は、社会環境の変化です。

 人生が長くなり、3つの寿命が新たに生まれています。職業寿命、社会活動寿命、健康寿命です。これら3つの寿命を伸ばしていかなければ、人生マラソンを途中棄権することになってしまいかねません。

 

時代や社会が大きく変わってきていますが、自分の立場や置かれた状況、自分を取り巻く時代や社会の変化を、「見ようとしない」「受け入れようとしない」「対応しようとしない」人がミドル世代に増えているようです。

 

でも、「見ない、受け入れない、対応しない」思考や行動を続けていると、脳のネジが緩んでMCIになったり、引きこもってフレイルになるリスクを高めてしまうので要注意です。

 

これら3つの「化」を図にすると下記のようになり、3つはつながっていることがわかります。

 

m57.jpg

この『健康豆知識』は、ポスト平成時代に通用する健康戦略を身につけることで、上記3つの「化」がもたらすリスクを解消し、人生マラソンを完走することを目的としています。とりわけ、生き甲斐や生きる意味をも奪ってしまいかねない「MCI/認知症」と「フレイル/寝たきり」のリスクを解消し、気分良く人生を全うすることを重視しています。