◆今日のQOLが健康人生をつくる

本年も健康について、さまざまな切り口で書きますのでお付き合いください。

 

新年なので、新聞各紙を取り寄せてみたら、人生100年の備えは今のうちからと、〇のためのサプリメントや〇歳からでも入れるがん保険などの広告宣伝で満載です。

 

不安を煽られて、違和感や疲労感を感じるのは私だけではないと思います。そりゃ大変な時代に突入しているのは間違いないでしょうが、あわてる必要はありません。

 

押し寄せてくる情報から、必要なものだけを取捨選択し、それを編集して、自分のQOL(人生の質)に役立てればいいのです。

 

QOLの基本は「朝スッキリ目覚めて、夜満ち足りた気持ちで眠りにつく」です。100年も1日1日の積み重ねの結果です。長い視野で人生を考えることはもちろん大事ですが、将来の漠然とした不安などに縛られず、今日を大切に生きることが重要だと思います。

 

321.jpg

(1) 呼吸
吐(呼)いて吸うのが基本です。吸う時には交感神経が働いて興奮や緊張につながるのに対して、吐く時には副交感神経が働いてリラックスにつながります。「口から深くゆっくり吐いて鼻から自然に吸う」呼吸をすると、幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンが脳内に分泌されて、ストレスやイライラが取り除かれ、QOLを高めるのです。

 

(2) 睡眠
6時間睡眠は7時間睡眠に比べて、脳の老化が2倍のスピードで進み、それにつれて認知機能も衰えていくという研究結果が出ています。たかが1時間の違いと思うかもしれませんが、予防医学の知見では、日々の積み重ねで決定的に大きな違いとなっていくことが分かっています。「7時間睡眠を確保する」ことがQOLを高めるのです。 

 

(3)食事
テニスのジョコビッチが著書「ジョコビッチの生まれ変わる食事」で強調しているように、一流のスポーツ選手は血糖値を重視します。欧米の一流企業では「血糖値をコントロールすることは企業人としての基本である」と考えます。血糖値を制することがQOLを高めるのです。

 

私たちにとって最も怖いのは認知症(別名「脳の糖尿病」とも言われる)と糖尿病です。53歳で糖尿病を宣告され、食事と運動で克服してきた医師の体験談が話題です。

 

322.jpg

 

著書「糖尿病は薬なしで治せる」(渡邊昌 医学博士)の出版社に、全国の医者からは「どうしてこんな本を出したのか」と抗議の電話が、一般の人からは「こんな方法があったのか」と感謝の便りが寄せられました。クローズドな医療の世界を象徴するような現象です。

 

この本の内容は次回紹介しますが、「なぜ生活習慣病になるのか」「なぜ栄養学が必要なのか」の基礎知識を持つことはQOLには必須だと実感します。 

◆45歳からのダイエット (4/4)

 

今回のブログの最後に相応しい情報を提供します。それは20万人を診てきた牧田善二先生が、人体メカニズム×最新医学×臨床データに基づいた「食事術」のご紹介です。そのポイントを私なりに3つにまとめてみます。

 

1. 健康格差は毎日の「食べ方」で決まる。

仕事については優秀でも、自分の口に入れるものについて無知なビジネスパーソンが多い。例えば、仕事の前にエナジードリンクで気合いを入れたり、野菜不足を1日分の野菜ジュースで補う人がいますが、それは自分から糖尿病に近づいているようなものです。

 

 

302.jpg

 

2. 不調や病気の原因の9割は「血糖値」である。

疲労感・眠たさ・イライラなど、ビジネスパーソンは色々な不調を抱えていますが、その原因は血糖値です。コーラは分かっているが、果汁ジュースや野菜ジュースに糖分が多いことは知りません。それに咀嚼を必要としない液体は血糖値を急上昇させるのです。

 

 

301111.jpg

 

3. 「正しい食事術」で肥満や病気を寄せ付けない。

血糖値が上がると、ブドウ糖が中性脂肪になって肥満になりますが、血糖値を上げるのは糖質だけです。脂質やたんぱく質は上げないので、ステーキを食べても血糖値は上がらないし太りません。一方、1本の飲み物が血糖値を上げ、肥満を作ります。

 

306666 (2).jpg

 

以上が20万人の臨床経験を踏まえた牧田善二先生の提言です。30代までなら無頓着でも問題なかったかもしれませんが、栄養吸収率や基礎代謝が目立って落ちてくる40代以降は「自分の体に何を入れるのか」を意識しなければいけないという現実を再確認しました。

 

現在40代、50代のビジネスパーソンのなかで健康格差が拡がっていますが、食の教養を身に付け、正しい食事術を実践することがいい仕事と充実した人生を可能にしてくれるのです。納得させられます。

 

いつも書いていますように、正しい食事術=「糖質は少なく、栄養たっぷりで太らない高N/C食」として『一汁三菜』があります。最初に野菜、そして肉や魚などおかずを種類多くしっかり食べ、ご飯や麺類は半分にして最後に。また薄味にして塩分控えめ、お酒は料理に合わせて存分にというのが基本です。

 

ただしビールや日本酒、紹興酒は糖質があるので1、2杯程度に、ワインや蒸留酒は二日酔いにならない程度に大いに楽しんでください。

 

 

303.jpg

 

そして45歳を過ぎると栄養吸収率の低下で現代型栄養失調になるリスクが高まります。そのため今まで以上に野菜も肉も魚もたっぷり食べることが大切なのですが、それでも不足するのが各種のミネラルや酵素、水溶性ビタミンや必須アミノ酸です。

 

それを天然のサプリメントで補完します。化学合成された添加物を入れていない、天然のサプリメント=正しい食事術で補完します。原材料と栄養成分をチェックし、サプリメントを選別する目を養うのも「食の教養」の一つなのです。

 

 

306666 (1).jpg

「いい仕事をするためには、何よりも健康が大事ですよ」とビジネスパーソンに言うと、たいていの人は「分かっています」と答えてくれるけど、実は「まるで分かっていなかった。そのために・・・という苦い経験を随分した」と牧田善二先生はおっしゃっています。

 

今回の著書の最後に、「分かっていないと分かることから始めよう」と書いています。多くの経験を踏まえた含蓄のある言葉です。先生の経験を無駄にしないためにも、「分かっていない」ところからスタートして、真剣に「45歳からのダイエット」を実現していきたいです。

◆45歳からのダイエット (2/4)

 

40代半ばを過ぎると、どうして中年太りになってしまうのでしょうか?

 

それは、太る食べものは糖質(炭水化物)なのですが、ミネラル・ビタミンやアミノ酸などの栄養素の吸収率は下がり続けて20歳時の半分になるのに、糖質の吸収率だけはほとんど低下しないからです。

 

それに、何もせず眠っていても消費する基礎代謝量も加齢に伴い落ちます。そのため、以前と同じような食習慣を続けていると「栄養不足による新型栄養失調」と「糖質による内臓肥満」への道をたどってしまうのです。

 

まず「なぜ太るのか?」について考えます。

 

(1) 糖質が太る原因

知って欲しいのは「脂肪を食べたから体の脂肪が増えるのではない」ということです。脂肪は食べ過ぎても便になって出てほとんど体内に残りません。でも糖を摂り過ぎると、便として出ずに、余った糖は脂肪細胞に取り込まれて中性脂肪に形を変え、それが溜まって内臓肥満になっていくのです。

 

(※糖は体内に入ると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されて、エネルギー源として全身の細胞や脳に送られますが摂り過ぎると余ります)

 

これは男性だけの話ではありません。女性だって要注意!です。中高年に差し掛かると、皮下脂肪ではなく内臓脂肪として溜まるようになり、見た目は太っていないのに、お腹だけがポッコリ出てくるようになります。

 

太る原因は糖質なのです。糖質が体に入ると血液中のブドウ糖の濃度=血糖値を上げ、肥満や糖尿病を引き起こすので、「血糖値を上げる食品を控える」「血糖値を下げる食品をに積極的に食べる」ことで防ぎます。

 

(2) 内臓機能を高める食品、下げる食品

別の見方をすれば、中年太りは「基礎代謝の低下」による早期老化現象です。基礎代謝量(消費される基本の量)が落ちているのに、30代と同じような食習慣をしていたら確実に中年太りになっていきます。

 

45歳からのダイエットが「食習慣8割、運動習慣2割」なのは、基礎代謝量の内訳が内臓80%、筋肉18%ということにも連動しています。どんなに筋肉を鍛えるよりも、8割を占める内臓の機能を高めて基礎代謝を上げるほうが、よほど効果的なのです。

 

(1)と(2)を踏まえ、「栄養不足による新型栄養失調」にならない食品を「足す」、「糖質による内臓肥満」になる食品を「引く」ことで、健康的な体型・体質を目指します。

 

【足す(+)

血糖値をあまり上げなくて内臓機能を高める「糖質少なく、養たっぷりの高N/C食品」を選んで食べる。

【引く(ー)】

血糖値を上げて内臓機能を下げる「糖質たっぷり、低栄養や食品添加物の多い低N/C食品」を控える。

 

 

2811.jpg 282.jpg

 

45歳からのダイエットには、次の3点がポイントとなります。

1. N/Cレートで選ぶ食習慣

〇現代の食生活で最も不足しがちなのが、解毒排出機能を持っているミネラルと酵素です。ミネラル・酵素が多く、糖質の少ないNC食品を選んで食べることで、溜め込んでいる内臓脂肪を燃やし、老廃物を解毒排出します。

 

〇食べる量を抑えたり、低カロリーのものばかりを選ぶダイエッターの多くが、痩せることはできても、栄養不足で“やつれる”結果になっています。年齢を重ねるほど、野菜も肉も魚もたっぷり食べることが大切なのです。

 

〇アメリカの高級自然食品スーパーではNCレートが表示されていて、健康志向の人々は栄養素の豊富さを基準に買い物をします。日本ではまだそういったスーパーは見かけませんが、早く出てきて欲しいものです。

 

2. とりわけ飲料に気を付ける

 〇「果汁100%ジュース」や「1日分の野菜ジュース」を毎日飲んでいる人がいますが、それは血糖値を上げる習慣です。清涼飲料水と同じように糖質が多く、吸収がとても速いのです。飲み過ぎると糖尿病になりかねません。

 

〇それに濃縮還元や熱殺菌のプロセスで、香りが損なわるので香料を添加したり、栄養素が壊れるので化学合成ビタミンを添加するなど、天然の栄養は期待できない状態になっていることも知っておいてください。

  

〇素朴な疑問も起こります。いくら安く仕入れても、加工製造に手間かけて百数十円で販売されるのは?! 宣伝費・物流費、利益も乗せて拡販しているのだから、いったいどんな果物や野菜を使っているのでしょうか?

 

3.  食品添加物の多い食品はなるべく控える

〇解毒排出するのにミネラルや酵素を余分に使ってしまうし、想像以上に肝臓や腎臓に負担をかけて内臓機能を低下させてしまいます。

 

〇加工食品やレトルトは簡単だし、コンビニ弁当やおにぎりは24時間買えるので、便利で、美味しく、値ごろ感もあり、つい買ってしまいます。

でも「大量に安く作る」「保存できる」を実現するには、工業的・化学的に製造加工し、安価な食材や食品添加物を使わざるを得ないのが現実です。

 

〇「安物買いの健康失い」で結果高くつくのを避けるためにも、パッケージの原材料名をチェックして、添加物の少ない食品を選ぶことが大切です。

 

次回は、なぜカロリー制限では健康的にやせられないのか、なぜ血糖値を抑制すると肥満や病気を防げるのか、について考えます。