◆人生を健康経営する時代(2/2)

糖尿病や動脈硬化、アトピーやうつだけでなく、近年急増している認知症や三大疾病(がん・心臓病・脳卒中)を引き起こす3つの大敵が、体の中で起きる「糖化(コゲ)」「酸化(サビ)」「内臓脂肪化(ポッコリお腹)」という病的な老化現象です。

 

そして、これらの3つの大敵を生じさせるのが、血糖値スパイクを繰り返す生活です。つまり、血糖値スパイクを抑えることが、さまざまな病気を防ぐ決め手なのです。 

 

m5207.jpg

なぜ、血糖値スパイクが、認知症やがんを引き起こすのか? 一見無関係のようですが、次のことを知っておいてください。

 

認知症は、脳の中が糖尿病の状態になること。そのため “3型糖尿病” と呼ばれる。

がん細胞のエサは糖だけ。このことからも、血糖値とがんの深い関係が推察できる。

 

血糖値スパイクは、食後一時的に急上昇した血糖値が、今度は急降下する現象です。食べたり飲んだりしたものに糖が含まれていれば、誰でも食後に血糖値は上がりますが、どうしても正常範囲を超えてしまうのが現代の食生活です。

 

品種改良された食材、精製された食品、美味しくなった食事には、たとえ甘いと感じなくても、糖がたっぷり含まれています。それにパソコンの前にいる時間が増え、買い物も宅配を利用するなど、身体を動かさなくなり、食べる量を少しぐらい減らしても、摂取した糖を消費することができません。

 

またストレスや睡眠不足も、血糖値の上昇に大きな影響を与えます。そのため、野菜、肉や魚を食べ、最後にご飯や麺をと食べる順番を変えたり、血糖値を急上昇させる液体飲料を控えたり、食後できるだけ動くようにしたり・・・。そういった工夫をしても、血糖値スパイクを抑えるのは難しいのが現実です。

 

こういった状況を踏まえ、天然の生薬で血糖値スパイクを抑えられないものかと、大学の先生方との協業で誕生したのが『桑快100』です。人生の健康経営を支援する天然サプリメントとして、一度お試しください。