◆ビールは糖質ゼロで楽しもう

敬老の日を前に総務省は9月16日、65歳以上の人口3557万人、総人口に占める割合が28.1%と過去最高を更新したと公表しています。そして残念なことに、この65歳以上の、3人に1人が「MCI/認知症」、2人に1人が「がん」になっています。

 

なぜこんなにも高い比率で、なっているのか? その最大の原因は『糖質過多が起こす血糖値スパイク』だということが、近年になって最新科学が突き止めています。

 

また、なぜ糖質過多なってしまうのか? それは品種改良や企業努力で、ご飯・麺などの炭水化物が格段に美味しくなり、その分だけ糖質含有量が多くなっているからです。

 

m561.jpg

そのため、ご飯1膳で55.2g(角砂糖18.4個分)、うどん1玉で53.6g(17.9個分)になり、普通に食事をしても、血糖値スパイクを起こさない基準値40gを超えてしまいます。

 

m56004.jpg

認知症やがんを防ぐためには、ご飯や麺の量を減らしたり、できるだけ控えることが大切ですが、減らしたり・控えたりしたくないのがお酒です。「酒は百薬の長」と言われるように、日々適度に飲酒を楽しむのは健康長寿に役立ちます。

 

でもお酒の中で糖質が比較的多く、多くの量を飲んでしまうのがビールです。そこで提案したいのが、“糖質” ゼロのビールです。ただし、“糖類” ゼロのビールはお勧めしません。

 

m562.jpg

糖類ゼロのビールには、二糖類(砂糖・乳糖・麦芽糖など)と単糖類(ブドウ糖・果糖など)は入ってませんが、多糖類(オリゴ糖・デキストリン・でんぷんなど)、糖アルコール(還元麦芽糖・襟ストール・キシリトール・マルチトールなど)やその他甘味料(クエン酸・酸味料など)が添加されています。

 

なお0.5%以下であれば、糖質が入っていても糖質ゼロと表示できることも何だか腑に落ちませんが、ともあれビールは糖質ゼロに切り替えてみませんか。

◆病気を予防する時代、新しい時代の健康戦略

現代医学は日進月歩で進化していますが、それでも簡単には治せない病気として “がん” があり、どうしても治せない病気として “認知症” があります。

 

そして寿命が伸びるのに伴い、認知症になる割合はもっと増える傾向にあります。このように認知症もがんも、誰もがなりうる病気ですが、いったん発症すると元には戻せないので、ならないこと、ならないように「予防」することの重要性が増しています。

 

m54003.jpg

予防する上でのキーワードは「食習慣」です。がんも認知症も、生活習慣が引き起こす病で、食・運動などの生活習慣のうち、食習慣が最も与える影響が大きいのです。

 

西洋では、「You are what you eat.」(食べたものが君になる)という諺を使って、「自分の体の一部になっても良いものを食べなさい」と躾けながら、健康は自分で作っていくものという意識を植え付けます。

 

もちろん一度の食事によって、病気になったり健康になったりすることはありませんが、10年・20年の食事の積み重ねは、確実に私たちを病気から遠ざけたり、近づけたりします。

 

はたして私たち日本人に、その自覚はあるでしょうか?

 

m54002.jpg


最近では、米スタンフォードや英オックスフォード大学が、病気を予防する「食」の科学的な知見を数多く発表していますが、共通するポイントは、科学的根拠のある正しい食事を、バランス良く適量にして、「必要な栄養素を過不足なくとる」ことです。

 

ところが、とりわけ日本において、栄養素を取り巻く環境が大きく変わってきています。

 

1.炭水化物が美味しくなり “糖質” になった
「炭水化物=糖質+食物繊維」ですが、白米・食パン・うどんなど、“精製された現代の白い炭水化物” は、食物繊維が少なく、甘くはないけど、砂糖と同様の “糖質” となってしまっています。そのため食物繊維が七大栄養素として追加されました。

 

2.現代の食生活では糖質をとり過ぎてしまう
糖質は毎食40g(角砂糖1個3g×13.3個)以下が適量ですが、現代の白い炭水化物は、ごはん1膳で18.4個、食パン6枚切1枚で8.9個、うどん1玉で17.9個含まれています。しかも美味しいので、どうしても糖をとり過ぎてしまい、食後高血糖を起こします。

 

3.血糖値スパイクという新しい現象が認知症やがんを起こしている
この食後高血糖=『血糖値スパイク』を起こす生活を10年・20年続けると、認知症やがんになることが分かってきました。認知症は脳内だけが糖尿病状態になって発症するので “3型糖尿病” と呼ばれているし、がん細胞は糖だけを原材料として増殖していきます。

 

でも、こういった先進の知識を持ち、同時に、血糖値スパイクを抑える天然サプリメントを利活用すれば、認知症もがんも予防可能です。現代は、身近になった認知症とがんを、「自ら積極的に予防していく時代」なのです。

◆食習慣を科学的にマネジメントする

 

日本人の生涯寿命は、戦後の時点では、先進国でビリでしたが、経済の成長で栄養失調から脱皮し、医療技術の進化で乳幼児の死亡が減り、1970年代にはトップ集団に躍り出ました。そして体格も飛躍的に向上したのです。
 
その頃から、食環境に3つの変化が現れます。
(1)「特定の栄養素」が欠落
加熱済みの加工食品やファーストフードは、便利で美味しいけど、新陳代謝に欠かせないミネラルと酵素が圧倒的に足りません。エネルギー源の糖質・脂質は十分でも、これらの栄養素が揃わないと、体と脳はうまく機能しません。
 
(2)「丸ごと」食べないことによる栄養ロス
魚は身より内臓や皮のほうが、野菜は本体より葉や皮のほうが栄養価は多いです。内臓や皮は煮こごり、葉や皮はぬか漬けにして、丸ごと食べる習慣が失われていきました。
 
(3)「野菜の栄養価」が低下
大量生産で土壌のミネラルが減り、野菜の栄養価が低下しています。例えば、根元が赤く、味も香りも濃かった、ほうれん草が、今は食べやすくなったけど、栄養価は3分の1です。
 
また、栄養吸収率は、20歳をピークに下降し、40代を過ぎると半減します。
このような状況の中で、40代以上に「隠れ栄養失調」の人が増えています。
 
少し前ですが、「世界一受けたい授業」(日テレ、2015年10月)でも、「飽食時代の日本で、三食しっかり食べているのに栄養失調になってしまう新型栄養失調の人が激増している」と放映され、話題になりました。
 
「隠れ栄養失調」の状態が10年、20年、30年と続くと、どうなるでしょうか?
未病からメタボ、メタボリックドミノへ一直線です。そして75歳の壁を超えられず、「医療・介助生活」に入ってしまいます。つまり、隠れ栄養失調が、将来の「医療・介助の期間=平均15年間」を積立てているのです。
 
この状態を解決するため、吸収の良い食材や質の良い栄養素を摂ること、体と脳の細胞を作る原材料に化学合成物はできるだけ入れないことが、年齢と共に重要になります。
 
健康的ではあっても、品数が乏しかった昔の和食を、進化させ、一汁三菜を食習慣に取り入れることを提案します。
 
味噌汁かスープで「一汁」。肉か旬の魚(主菜)、季節の野菜や豆・海藻・小魚(副菜)、漬物や納豆(副副菜)で「三菜」。理想的な食習慣が一汁三菜の「和食」です。
 
しかし、この食習慣を続けるのは難しいです。そこで、理想と現実のギャップをサプリメントで埋めます。そのイメージ図は下記のとおりです。
 
次回は、ギャップを解消できるサプリメントについて説明します。
 
mame10.jpg

 

mamesasikae.jpg