◆「和食」の効用を再認識する

 

世界が認めた、新陳代謝に「良い食習慣」があります。それは、一汁三菜とごはん――2013年、ユネスコ世界無形文化遺産に登録された「和食」です。
 
登録された理由は、
(1)バランスに優れた健康的な食事(エネルギー源と細胞原材料の絶妙な組み合わせ)
(2)天然素材の持ち味を活かす(四季折々の旬のものや鮮度の良い生ものを食べる)
(3)暮らしの行事を楽しむ(正月のおせち料理、節句のちらし寿司、土用の鰻など)
 
一汁は「具だくさんの味噌汁」。三菜は「魚OR肉」「野菜」「漬物や納豆」。和食は自然を尊ぶ日本人が発明した、健康を作る食習慣と評価されました。
 
和食には、エネルギー源になる「糖質・脂質」、新しい細胞の原材料になる「アミノ酸・ミネラル」、新しい細胞を作るサポート役になる「ビタミン・ミネラル」、古い細胞や老廃物の排出役になる「酵素・食物繊維」が過不足なく、バランス良く揃っているからです。
 
その背景には、「世界糖尿病デー:11月14日」(6秒に1人が糖尿病の合併症により死亡)と「G8認知症サミット」(脳の糖尿病とも呼ばれる認知症は先進国共通の課題)の存在があります。糖尿病と認知症を防ぐ和食に対する期待と羨望があります。
 
近年、欧米では、食に対するパラダイムシフトが起きています。日本でも、栄養学のアインシュタインと称されるコリン・キャンベル博士を招いて、今年10月、講演会「正しい栄養学こそ真の医学と言えるのではないだろうか」が開催されます。
 
【同博士の日本人へのメッセージ】
●欧米では、正しい栄養の理解がなかったため、生活習慣病の蔓延と医療費の激増を招いた。和食の伝統を持つ日本人は、ひと昔前の食習慣に戻せば、糖尿病やがんなどの罹患率は圧倒的に低下する。
 
●プラントベースのホールフード(未精製・未加工の植物性食品)から栄養を摂取すれば、将来の予防ばかりか、今の疾患改善もできる。正しい知識と正しい栄養摂取は、生活習慣病という深刻な問題に対する解決策になる。
 
ところが、日本人の食環境の歴史は次の通りです。
□1958年
インスタントラーメン発売。以降、インスタント、レトルト(加熱・殺菌済みの加工食品)といった便利な食品が普及。
□1964年
アジア初のオリンピック。都市美化計画により、江戸時代から続いた循環型農業(人糞を肥料に使うリサイクルスタイル)が東京で消滅。
□1970年
大阪万博にファミリーレストラン登場。外食産業元年。以降、外食・ファーストフードチェーンが続々と出現。
 
当時に比べ、現在は、米・味噌の消費は半減し、カロリーベースの食料自給率も半減。高脂肪な食生活による生活習慣病(メタボリックドミノ)が加速的に増加しました。
 
次回は、対応策についてお伝えします。
 
 
mame9.jpg

◆食習慣が「人生の良し悪し」の土台に

 

多くの人は、食べものは、自動車にとってのガソリンと同じで、エネルギー源だと思っています。しかし、実はそうではありません。
 
確かに、炭水化物(糖質)、肉や油もの(脂質)はエネルギー源になりますが、アミノ酸やミネラル、ビタミンや酵素は違います。私たちの体を作り直す役割を果たしています。
 
1年振りに会って、「お変わりないですね」と言われても、あなたはまるで変わっているのです。体の細胞はすっかり替わり、現在のあなたは細胞的には1年前のあなたとは別人になっているのです。
 
新陳代謝の早い遅いはあります。腸や胃の細胞は4から5日、皮膚や子宮の細胞は28から30日ですが、骨や脳の細胞も、体じゅうの細胞は一つの例外もなく、1年でほとんど作り替えられます。
 
私たちの細胞はすぐ酸化し、糖化し、摩耗します。だからそうなる前に、先回りして、「古い細胞を壊す、新しい細胞を作る」という新陳代謝を絶え間なく行っているのです。新陳代謝(英語名metabolism:メタボリズム)ができなくなれば、死。これが、生命活動なのです。
 
昨年12月リリースされた槇原敬之のアルバム「Believer」に、You are what you eat.という曲があります。「日々食べるものが自分を作るように、日々の生き方が明日の笑顔を作る。だから、今日からスタートしよう」というメッセージソングです。
 
You are what you eat.は西洋のことわざで、直訳すると、あなたが食べたものがあなた自身です。食べたものが君になる――健康は食べもので決まるという意味で、「自分の体の一部になってもいいものを食べなさい」と子供にしつけます。
 
新陳代謝に「良い食習慣」にシフトすると、1年後、体と脳は細胞レベルで向上します。体の質や脳の質だけでなく、心の質や人生の質も高まるはずです。
 
では、良い食習慣とは何でしょうか? 
それを考える前に、次の2つを再確認ください。
1. 私たちは、体のあらゆる組織で、新陳代謝を行っているからこそ生きていける。
2. 新陳代謝を行うためには、さまざまな栄養素とその必要量が不可欠である。
 
そして、このことも意識してください。
私たちは単純に、食事を、エネルギーを補給するとか、お腹がいっぱいになればいいと思っている。だから、太っているけど栄養が足りていない――「新型栄養失調」が増えているのです。
 
牛丼やラーメン、コンビニ弁当やファーストフードは、美味しくて、安くて、早いです。冷凍食品や加工食品は、調理が簡単で、日持ちします。しかし、新陳代謝に欠かせないミネラルと酵素が圧倒的に足りません。
 
食習慣の現状を図にしました。この現状を踏まえ、次回は、良い食習慣へシフトする戦略についてお伝えます。
 

 

mame.jpg

mame8.jpg