◆「健康寿命+20年」というとんでもない課題

ほんの70年前までは、人生はせいぜい50年でした。「人間50年、下天のうちを比ぶれば夢幻の如くなり」と織田信長が謡った、はるか昔から、人生50年と言われてきました。

 

それが突然、戦後の高度成長と共に、あっという間に人生70年になり、それから80年、90年に。今では人生100年です。

 

高校では、「皆さんがお年寄りになる頃には100歳まで生きるのが当たり前になっているでしょう」と教えられます。まさに、人生100年時代はスタートしているのです。

 

ところが、急速に大きく伸びた平均寿命に、肝心の健康寿命が追い付いていません。これが日本人にどれほどの不幸をもたらしていることか・・・。

 

健康寿命は、WHO(世界保健機関)が2000年に提唱した新しい考え方で、「医療や介助の必要がなく生活できる期間」のこと。ただ生き長らえるのではなく、健康に生産的に長生きしてこそ意味があるということを基本にしています。

 

この健康寿命と平均寿命の「差」が「医療・介助の期間」。現在の健康寿命は、ざっくり75歳(女性74.8歳、男性72.1歳)なので、現40代・50代が95歳まで生きるとすれば、その差=医療・介助の期間は20年となります。

 

健康寿命を伸ばさなければ、人生のラスト20年を、誰かに面倒を見てもらいながら過ごさなければならない。これでは決して、幸福な人生とは言えない。それに面倒を見る側にとっては、たまったものではありません。

 

m4300002.jpg

「健康寿命を20年伸ばす」のは、とてつもなく大きな課題ですが、誰もここから逃れることはできない。しかも、自分で解決しなければならない。その理由は3つです。

 

(1)医者や薬は伸ばしてくれない
健康寿命をはばむ代表が、がん・心臓病・脳卒中(3大疾病)と認知症。これらの生活習慣病は、一旦発症すると、治療で進行を抑えることはできても、もう元の状態には戻せない。健康寿命を伸ばすためには、生活習慣病を予防するしかない。

 

(※それに医者だって自分の健康寿命を伸ばすのに四苦八苦しているのが現実です)

 

(2)自分の意識と行動が予防を実現する
生活習慣病は、言葉が示すように、「生活習慣」が引き起こす「病」。そして生活習慣は自分でしか変えられない。しかも自覚症状がなく、突然発症するという厄介な存在。日本人は生活習慣病の怖さにうといため、生活習慣を変えて、予防する(「予」め「防」ぐ)という意識が低い。

 

(3)コロリと簡単には死ねない
「認知症や寝たきりになってまで、長生きしたくない」と思っている人は多いが、簡単には死ねない。医療技術が発達した現代では、あらゆる延命措置がとられるため、「もういいです。死なせてください」というわけにはいかない。

 

ではどうやって、「健康寿命+20年」というとんでもない課題を解決すればいいのか?

 

その一つに、健康寿命を積立てる「健康貯金」という方法があります。5月23日の『60歳からのプレミアムタイム』でも採り上げていますが、40代や50代から、コツコツ貯める。長期戦略で、健康貯金をして、「健康寿命+20年」を実現するのです。

 

次回は、健康貯金を実行するに当たってのポイントについて。

◆わが人生を健康経営する

『60歳からのプレミアムタイム』の「健康経営が広まってきた」(4月18日付)のなかで、次の文章があります。

 

「45歳を超えたあたりから隠れ高血糖状態の人が増えます。健診は空腹時血糖値ですが、肝心なのは食後血糖値。男性も女性も、下っ腹だけがポッコリ出て来ると危険信号。将来、人工透析や認知症になる芽が出始めているのです」

 

刺激的な内容のためか、反響があったので、この『健康豆知識』で補足説明をします。

 

1.落とし穴がある

まず、血糖値というは血液1dlの中に糖の量が何mgなのかを表します。空腹時の正常値は70から110mg/dlです。ところが、そこには落とし穴があります。正常値だと安心していたら、実は「隠れ高血糖」だったという人が多いのです。

 

2.大切なのは食後血糖値 

というのも、健康診断で測定するのは空腹時の血糖値で、食事をしてから10時間以上経過して水以外は何も摂っていない状態。でも本来測定すべきなのは、血糖値が上がる食後の血糖値で、この食後血糖値は140mg/dl までが正常値と結構厳しいのです。

 

3.誰もが「食後高血糖」になりうる

膵臓から分泌されるインスリンが血液中の糖をエネルギーに変換して、全身の細胞に送り込みます。でも40代を過ぎるとその能力は衰え、分泌量も減ってきます。それに角砂糖50個分(150g)の糖を毎日食べているのが、私たち現代人の一般的な食生活で、誰もが食後高血糖(隠れ高血糖)になりうるのです。

 

下の図をご覧ください。食後高血糖の人たちがどれだけいるのでしょうか? それは想像以上の人数だと思います。

 

m4200003.jpg

また、空腹時血糖値が糖尿病発症の1、2年前にしか異常値を示さないのに対し、食後血糖値は約10年前から異常値を示すことが知られています。早期に異常値を見つければ、それだけ早く対処できるのです。

 

ではなぜ、食後血糖値を測定しないのか? それは、健康診断では同時に胃の検査などを空腹時で行うから、というのが医療関係者の言い分です。

 

「食後血糖値は、別途測定しなければ分からない」のが現状。うがった見方をすれば、何だか医療業界は、私たちが落とし穴にハマるのを待っているかのようにも思えます・・・。

 

しかし、食後高血糖は放っておけない。血液中の余った糖(エネルギーに変換できなかった糖)は中性脂肪となって内臓に蓄積され、ポッコリお腹に。そして、まるでドミノ倒しのように、病気の連鎖を引き起こします。

 

「ポッコリお腹やビール腹なんて男性特有のものでしょ」と思っているかもしれませんが、外見上はスリムでも下っ腹だけが少し出てきたら女性だって要注意。それは、太っていない男性も同じです。

 

病気の連鎖を引き起こさないためには、1枚目のドミノを倒さないことです。

 

m4200004.jpg

食後高血糖を制する方法は主に3つです。

(1)食事・・・1日の糖質量(目標120g)、食べる内容、食べる順番

(2)運動・・・食後のちょこちょこ動き、散歩、階段上り下り、軽い筋トレ

(3)サプリメント・・・血糖値を抑える、エビデンスのあるもの、天然もの

 

健康経営は、企業にとってだけでなく、個々人にとっても、人生のマネジメントにとても有効です。企業の人材研修、商業施設のCSES診断およびスタッフ育成を本業としている当社ではありますが、健康経営を推進する経産省の意向を受け入れ、上記3つの方法を学び実践していくヘルスケア事業を立ち上げるべく、現在準備を進めています。 

 

誰もが自分で情報を取り入れ、自分で考えて、自分の人生を健康経営していく。それが人生を全うすることにつながり、それを支援することは、人材育成を生業とする自分たちの役割でもあると思っています。

 

◆健康豆知識の役割

このブログも40回目になりました。原点に立ち返って、「健康豆知識の役割は何か?」ということを、もう一度考えたいと思います。

 

上のイラストにもありますが、「健康で長生きして、最後はぽっくり」「認知症や寝たきりはまっぴらごめん」「健康であれば人生は何とでも楽しめる」「お医者様や薬に頼らず、人生を全うしたい」―― そのために必要な情報や知識を提供したい、というのがこのブログを始めたきっかけでした。

 

そして回数を重ねるうちに、「お医者様や薬に頼らず」というよりも、「お医者様や薬に頼りたくても頼れない」というのが実態ではないか、と思うようになってきました。

 

というのも、どんどん長くなる人生を、ボケず・寝こまず生きていく方法は、お医者様だって持ち合わせていないし、世の中でまだ確立されていないからです。

 

認知症医療の第一人者で1974年に認知症を鑑別する「長谷川式認知症スケール」を開発した長谷川和夫医師(89歳)が認知症になったことを公表し、 文藝春秋4月号「認知症の権威が認知症になって」という記事のなかで、次のように書いています。

 

●長生きすれば誰もが認知症になり得る。
●日本は世界有数の長寿国で、その分、認知症の有病率も世界一高い。
●自分は80代以降に起こりやすい、正常な状態とボケた状態を行ったり来たりする嗜銀顆粒性認知症なので、ひどい症状ではない。でも認知症のほとんどは、60代から70代にかけて多いアルツハイマー型でこれは厳しい。

 

40555555.jpg

今できるのは、まず「認知症とはどんなもので、どうやって予防するか」を知ることです。最新の知見で、認知症は「糖」が原因だということが分かってきました。原因が分かってきたのならば、認知症は予防できるということだし、その対策を講じればいいのです。

 

1.糖を制して認知症を防ぐ

アルツハイマー型は別名「3型糖尿病」や「脳内糖尿病」とも言って、血糖値との関係が指摘されています。それに糖尿病ではなくても、脳内だけが糖尿病状態になっているケースも増えているのです。

 

2.40代や50代から予防する

15年から20年という潜伏期間を経て発症することも分かってきています。60代になると発症する人が目立ち始め、75歳を過ぎたあたりから急激に増加するアルツハイマー型は、40代や50代の時には既に芽が出ているということです。

 

前置きが長くなりましたが、圧倒的に長くなる人生を生き抜くためには、新たな健康戦略が必要です。それに長く生きることは長く働くこと(Live longer、Work longer)を意味しますので、「75歳まで働く」「その後20年の晩年を謳歌する」ことを前提に、これからの人生を見直したほうが良い。私自身、そう思っています。

 

4000001.jpgそこで少しだけ世の中の潮流を先読みして、今から、二つの課題に取組みます。

 

4000002.jpg

 そして長丁場になった人生も、その良し悪しはゴールの時点で決まります。「いい人生だった。ありがとう」と言って、あの世に旅立つのが、幸福な人生ではないかと思います。

 

そのためには、自分の力でゴールにたどり着くことが大前提となります。これを実現しよう、言い換えると「健康寿命を95歳まで伸ばそう」というのが新・健康戦略です。

 

4000003.jpg

私自身も、オヤジが94歳まで生きたので、その1歳上の95歳まで生きると思っています。ひとり住まいを楽しんでいる現在96歳のオフクロとは、時々会って、食事を一緒にしますが、「健康で長生きの秘訣は何だろう」といつも考えさせられ、参考になります。

 

自分のために、パートナーのために、そしてこのブログを読んでくださる皆さんのために、新・健康戦略をこれからも考えていきます。