◆「高血糖の呪い」を解く

「高血糖の呪い」という言葉があるのをご存知でしょうか。高血糖の状態を放っておくと、その後、呪われたような事態に陥っていくという意味で使われているのですが、この言葉は、私たちにとても重要なことを示唆してくれています。

 

というのは、私たち40代以上の多くが「隠れ高血糖の状態」だからです。この状態が進行して、高血糖症(初期の糖尿病、膵臓がポンコツ状態)になってしまうと、もはや元に戻れません。治せる薬があれば良いのですが、そんな魔法のような特効薬はありません。

 

そのため、高血糖症予備軍である、高血糖の状態のうちに、ここから早く抜け出さないと、高血糖の呪いにハマってしまうです。

 

これから、高血糖の呪いを解くための方策を考えていきますが、まず、「なぜ私たちの多くが隠れ高血糖の状態になっているのか?」を知ってください。

 

1.加齢のため膵臓が弱ってきている

飲んだり食べたりして体に入った糖を、毎回せっせとエネルギーに転換して、全身の細胞に送り込んでくれるのが、膵臓から分泌されるインスリンです。インスリンのお陰で血糖値を正常に保つことができるのですが、40代を過ぎると、その能力は衰えたり、分泌される量が目立って減ってきます。

 

2.毎日、角砂糖40個以上食べている

ざるそば1枚で角砂糖10個分、おにぎり1個で14個分、食パン1枚で9個分…と、普通に食べている麺・ごはん・パンにも糖は多く含まれているし、健康に良いと飲んでいる野菜ジュースや青汁には砂糖よりも血糖値を上げる人工の甘味料が含まれています。

 

つい70年ちょっと前までは人生50年でした。それが今では人生100年に向かっています。膵臓にとって、「これほどまでに長く使うことを求められる時代」「これほどまでに血糖値を下げる必要に迫られる時代」になるとは、まるで想定外なのです。

 

そのため私たちの血管のなかは、下記の図のようになっています。 

 

4100000.jpg

 

このように血液中に糖が余るようになると、これらの余った糖が、酸化と糖化という困った現象を起こします。さらに下記の図をご覧ください。

 

4110000.jpg

 

諸悪の根源は糖化です。糖が脂質やたんぱく質と結びつくと、AGE(Advanced Glycation End Product=終末糖化産物)というたちの悪い物質になります。

 

このAGEが、例えば肌に付着してシミ・シワを、骨にたまって骨粗しょう症を、脳に沈着してMCI(軽度認知障害)を引き起こすのです。糖毒性を有するこのAGEこそが、老化現象やさまざまな病気の真犯人だということが分かってきています。

 

高血糖の状態がいかに危険か、ということです。そして特に怖いのは次の2点です。

 

(1)AGEと活性酸素

高血糖状態は、糖化(ベタベタにする、コゲさせる)=AGEと、酸化(体をサビさせる)=活性酸素を多く発生させ、血液を通して全身にばらまかれます。

 

(2)「高血糖の呪い」真の怖さ

英語ではMetabolic memory(高血糖の記憶)と言い、体に高血糖の記憶が刷り込まれると長期に影響を受ける。最も怖いのは、母体の記憶が胎児に引き継がれることです。

 

でも逆の視点で見れば、糖を制して、正常な糖の記憶を刷り込めば、長期にレガシー(遺産)効果が得られる=長期に健康をつくっていけるということです。レガシー効果を念頭に置いて、10年後、20年後の自分をつくっていくという姿勢が大切だと思います。 

◆膵臓(すいぞう)がんを考える

週刊新潮3月22日号が、「増加の一途! 10年生存率5% 膵臓がんを生き抜く術」という特集を組んでいます。サブタイトルは、「 星野仙一(享年70歳)、千代の富士(61歳)、坂東三津五郎(59歳)の命を奪ったがんの王様」です。

 

がんで年間37万人亡くなっていますが、近年増加しているのが膵臓がん。女性は「気管支および肺」「大腸」「膵臓」「胃」「乳房」の順で3位、男性は「気管支および肺」「胃」「肝臓」「大腸」「膵臓」の順で5位と、上位に食い込んできています。

 

膵臓がんは、他のがんと比べても極端に生存率が低いので、別名「がんの王様」と呼ばれています。10年生存率は、胃がんと大腸がんが7割近いのに、膵臓がんはわずか5%。ステージ4になると0.3%にまで落ちます。自覚症状がほとんどなく、病院で見つかった時は手遅れというケースが後を絶たないのです。

 

ではなぜ、膵臓がんがこんなに増えているのでしょうか?

 

まず、膵臓の役目を押さえておきます。それは、大きく2つです。

1.インスリンという血糖値をコントロールするホルモンを分泌する。
2.膵液と呼ばれる消化液を作り出す。

 

このように膵臓は「血糖値コントロール」と「消化」いう非常に重要な役目を担っている臓器なのですが、この膵臓を弱らせるのが糖です。

 

私たち現代人は知らず知らずのうちに、角砂糖40個分の糖を毎日体内に入れているのですが、基礎代謝が落ちてくる中年になると糖をエネルギーに転換し切れず、そのため糖尿病や内臓肥満になってしまい、それが膵臓がんも引き起こしているのです。 

 

週刊新潮も指摘していますが、膵臓がんの危険項目は以下の8つです。

 

390000.jpg

上記のうち、膵嚢胞(すいのうほう)は、体液が溜まった袋状の病変が膵臓の中にできること。膵炎(すいえん)は、膵臓に炎症ができて、みぞおちあたりに腹痛が起きること。

 

でも一番気を付けるべきなのは、糖尿病と内臓肥満です。その前段階の「隠れ高血糖」と「隠れ内臓肥満」が40代以上に静かに広まっていて、インスリンを浪費させ、膵臓を弱らせているのですが、この実態を知り、その対策を講じることが何よりも大切なのです。

 

それに内臓肥満は、男性特有のものではありません。女性も中年になって下っ腹がポッコリ出てくるのは、糖をエネルギーに変換するインスリンの分泌量が減ってきて、残った糖が中性脂肪に形を変えて下っ腹に溜まっていくからです。単なる肥満ではないのです。

 

そして私たちの体内には、毎日5000個レベルのがん細胞が発生しています。それを免疫細胞が退治してくれるのですが、中年にもなると、免疫細胞の力が弱ってくるし、しかも、がん細胞が増殖するためのエサは糖だけ。この事実を押さえておくべきだと思うのです。

391111.jpg女性では膵臓がんが3番目に上がってきているのも現実です。膵臓を弱らせず、最後まで大切に長く使っていくことが、長寿時代を生き抜くうえでの基本の「基」。そのためには、血糖値を抑制しなければいけない。それが私たち40代以上の最新の課題なのです。

 

「血糖値を制する」ことの重要性がますます高まっているのを感じています。

◆「人生ラスト10年問題」を考える

「人生ラスト10年問題」がクローズアップされています。人生70年をイメージしていた 私たちの上の世代(戦前・戦中世代)が、寿命が急速に伸びたために、医療・介助の生活を平均10年余儀なくされて、不本意な気持ちで亡くなっているという問題です。

 

なぜ、このような大変な問題が起きているのでしょうか? それは、長生きリスクの存在を知らず、そのため人生の長期化に対する健康リテラシーを身に付けなかったからです。

 

「栄養吸収率の変化」についての知識と対応策も、健康リテラシーの一つです。

 

36000001.jpg

 

40歳を過ぎるとは、栄養を吸収する能力はガクンと落ち、野菜や魚をしっかり食べても、ピーク時に比べて半分も身になりません。それに肉を控える傾向もあり、ビタミン・アミノ酸・ミネラルが足りず、「隠れ栄養失調」の状態になり、「隠れ代謝異常」の状態を引き起こしているのです。

 

(※吸収されないビタミン・アミノ酸・ミネラルや脂質は尿や便として体外に排出されます) 

 

その一方で、糖を吸収する能力は落ちません。それなのに、人工甘味料が入った果汁ジュースや野菜ュースを健康のためと毎日飲んだり、糖たっぷりのざる蕎麦をヘルシーだからとせっせと食べて、「隠れ高血糖」の状態になっているのです。これは自分で膵臓を痛めている状況です。

 

余ってしまった糖質は、中性脂肪に形を変えて体内に溜まっていきます。男性も女性も中年で下っ腹がポッコリ出るようになるのは、脂っぽいものを食べるからではなく、糖質の多いものを飲んだり食べるするからです。この「隠れ内蔵脂肪」の状態は、インスリンを浪費して膵臓を更に弱めます。 

 

こうした「隠れ」状態を知らずに続けると、医療・介助の生活になってしまうのです。

 

362222202.jpg

 

隠れ栄養失調で、例えばアミノ酸・ミネラルが不足すると、筋肉や骨をまともに作れないので、ロコモや骨粗しょう症になり、介助の生活に。それに隠れ代謝異常で、細胞の新陳代謝がうまくいかないと、メタボリックドミノでさまざまな生活習慣病を引き起こします。

 

(※メタボリズム=新陳代謝、メタボリックシンドローム=代謝異常症候群の意味です。メタボリックドミノとは新陳代謝の異常がドミノ倒しでさまざまな生活習慣病を引き起こすことです。つまり生活習慣慣病は「新陳代謝の失敗作」なのです)

 

隠れ高血糖や隠れ内臓脂肪で、膵臓を弱らせてインスリンが出なくると糖尿病と合併症に、認知症も引き寄せて、医療の生活に。

 

(※「人は血管から老いる」と言われるように、血管を守ることが健康の基本。血管を糖化・酸化=ベタベタ&ボロボロにしてしまう血糖値を制することが一番のポイントです)

 

医療・介助生活になる年齢が、男性71歳、女性74歳。イメージしていた人生70年ならこんなことにはならなかったのに!今では、平均寿命は男性81歳、女性87歳です。

 

そのため人生の終盤に、買い物や入浴が自力でできなくて誰かの介助をいつも必要としたり、場合によっては、ボケて徘徊するようになったり、病院や施設のベッドで天井を見つめながら過ごすことにも。

 

それに、医療も延命の分野は得意なのですが、健康に長生きする分野はまるで不得意です。医者自身だって、自分の健康寿命を思うように伸ばせないのが現実です。このままでは、私たちの世代は「人生ラスト20年問題」を抱えることにもなりかねないのです。

 

健康リテラシーを身に付けて、健康を自分で守らなくてはなりません。