◆たんぱく質を壊し、病気を引き起こす "糖化"

老化現象には、「止められない生理的老化」(Pysiological Aging)と「止められる病的老化」(Pathological Aging)の2種類あります。病的老化は止めるべき対象で、その代表が “糖化” です。そして糖化を生じさせている原因が “血糖値スパイクを繰り返す生活” なのです。

 

この血糖値スパイクによる糖化が、糖尿病の合併症だけでなく、近年急増している認知症やがん、うつや骨粗しょう症など、さまざまな病気を引き起こしていることが分かってきました。

 

糖化とは、体内で、体と脳のエネルギー源になる『糖』が、たんぱく質の表面にベタベタとくっつくこと。この糖化によって、体と脳の組織を作っている『たんぱく質』が薄っすら焦げた状態になり、機能が徐々に劣化していきます。

 

そして血管の中で、糖化が進んでいくと、最終的には “AGE”(終末糖化産物)という病的老化物質が生まれます。このAGEが血液を通して全身にばらまかれ、その結果、体じゅうのあちらこちらで、病気が発症するのです。

 

m5302.jpg

私たちの体の約70%は水分ですが、その次に多いのが20%のたんぱく質。血管や皮膚、筋肉や内臓、ホルモンやヘモグロビン、病気の免疫抗体も、たんぱく質でできています。

 

脳も4割はたんぱく質でできていて、脳を働かせる神経細胞や神経繊維の主成分もたんぱく質です。骨も、たんぱく質の線維で骨組みが作られ、そこにカルシウムが付着してできています。

 

私たちの体は、たんぱく質でできているといっても過言ではありませんが、そこに病的老化物質のAGEが忍び込みます。皮膚でしみ・たるみを、骨で骨粗しょう症を起こします。

 

心臓や脳の血管に蓄積して、詰まらせたり切れさせて心臓病や脳卒中を、脳に蓄積して老人斑のシミを作ったり、脳細胞を壊して認知症を引き起こします。

 

また糖尿病になって、「どうってことはないな」と高をくくっていても、AGEが細い血管の張り巡らされている目や腎臓、神経にまで入り込んでいくと、人工透析・失明・えそといった合併症になってしまいます。
 

大事なことは、次の二つです。

 

1.たとえ糖尿病になっても、合併症へ進行させない
合併症は怖い! 人工透析をしても生存年数は平均5年です。

 

2.「糖尿病でなければ問題なし」という固定観念を捨てる
糖尿病になっていなくても、AGEが認知症、がん・心臓病・脳卒中、うつ・パニック障害、骨粗しょう症・関節症、白内障・EDなど、さまざまな現代的病気を引き起こします。

 

冒頭に書いたように、AGEを発生させる糖化を生む出す元凶が “血糖値スパイク” です。合併症へ進行させない、さまざまな病気を引き起こさないためには、何よりも日々の生活で血糖値スパイクを起こさないことが最も大事なのです。

◆人生を健康経営する時代(2/2)

糖尿病や動脈硬化、アトピーやうつだけでなく、近年急増している認知症や三大疾病(がん・心臓病・脳卒中)を引き起こす3つの大敵が、体の中で起きる「糖化(コゲ)」「酸化(サビ)」「内臓脂肪化(ポッコリお腹)」という病的な老化現象です。

 

そして、これらの3つの大敵を生じさせるのが、血糖値スパイクを繰り返す生活です。つまり、血糖値スパイクを抑えることが、さまざまな病気を防ぐ決め手なのです。 

 

m5207.jpg

なぜ、血糖値スパイクが、認知症やがんを引き起こすのか? 一見無関係のようですが、次のことを知っておいてください。

 

認知症は、脳の中が糖尿病の状態になること。そのため “3型糖尿病” と呼ばれる。

がん細胞のエサは糖だけ。このことからも、血糖値とがんの深い関係が推察できる。

 

血糖値スパイクは、食後一時的に急上昇した血糖値が、今度は急降下する現象です。食べたり飲んだりしたものに糖が含まれていれば、誰でも食後に血糖値は上がりますが、どうしても正常範囲を超えてしまうのが現代の食生活です。

 

品種改良された食材、精製された食品、美味しくなった食事には、たとえ甘いと感じなくても、糖がたっぷり含まれています。それにパソコンの前にいる時間が増え、買い物も宅配を利用するなど、身体を動かさなくなり、食べる量を少しぐらい減らしても、摂取した糖を消費することができません。

 

またストレスや睡眠不足も、血糖値の上昇に大きな影響を与えます。そのため、野菜、肉や魚を食べ、最後にご飯や麺をと食べる順番を変えたり、血糖値を急上昇させる液体飲料を控えたり、食後できるだけ動くようにしたり・・・。そういった工夫をしても、血糖値スパイクを抑えるのは難しいのが現実です。

 

こういった状況を踏まえ、天然の生薬で血糖値スパイクを抑えられないものかと、大学の先生方との協業で誕生したのが『桑快100』です。人生の健康経営を支援する天然サプリメントとして、一度お試しください。 

◆人生を健康経営する時代(1/2)

経済産業省が推進している健康経営(Health productivity)が広まっています。社員の病気予防と健康維持増進に投資して、それによって会社の経営効果を引き上げることが目的です。

 

でもこれは社員の側が、自分自身のことであり、自分を利することであると意識して、積極的にアプローチしなければ効果は出ません。

 

健康を阻害する代表が、認知症や三大疾病(がん・心臓病・脳卒中)です。実は、いずれも生活習慣病で、20年以上の潜伏期間を経て、発症します。そして多くの人が、75歳前後に発症し、その後は “医療・介助の生活” を余儀なくされています。

 

この現状から言えることは、40代・50代のうちから、一人ひとりが「わが人生を健康経営する」という意識を持ち、「認知症やがんを引き起こす原因となっている自分の生活習慣を見つけ、それを解消し、健康に人生を営んでいく」のが何よりも大切だということです。

 

m51003.jpg


私たちの生活の中に入り込んで、認知症や三大疾病などの病を引き起こす原因となっているのは、“病的な老化“ を招く習慣です。

 

「老化」現象には、「止められない “生理的な老化”」と「止められる “病的な老化”」の2種類があります。

 

1.止められない生理的老化
視力が低下した、顔にシワやたるみができた、肌の艶がなくなった、髪が薄くなった、息切れがするなど、歳を重ねると誰もが避けられない老化現象です。

 

2.止められる病的老化
病的老化の代表が、3つの大敵と言われる、糖化・酸化・内臓脂肪化です。これらは、生活習慣を少し見直すことで防ぐことが可能です。しかし、「防ぐという意識」と「防ぐための行動」が伴わず、認知症を含め、さまざまな病を引き起こしているのが現実です。

 

m510007.jpg

3つの大敵は糖尿病や動脈硬化、アトピーやうつだけでなく、近年急増している認知症や三大疾病を引き起こすことが、最新の研究で分かっています。病的老化を招く日々の生活習慣が、引いては重篤な病までも起こしているのです。

 

では、生活習慣の何を見直せば、これら3つの大敵を防ぐことができるのでしょうか?  

 

――次回(2/2)へーー