ブログをリニューアルします。

今までは脳梗塞を発症して見えてきたことを中心に書きました。これからは60歳という人生の節目を過ぎた今だから、30余年過ごしてきた「人材育成業界」で日々感じたこと、見えたこと、思ったことを中心に書きます。

講師ってなんなのか?研修ってなんなのか?組織ってどうなのか?様々な切り口で振り返ります。その時間が次の私の扉を開けることに繋がると思っています。

高く、広く、深く人生を創っていきたいと思います。

ちょっぴり楽しみに読んでもらえたら嬉しいです。そして皆さんのなんらかの参考になれば嬉しい限りです。

 6年前に病院から退院した私は、脳梗塞後遺症の麻痺で滑舌が悪くなったのを気にしていました。
そんな私に、「前よりもゆっくり話すから優しい感じになりましたよ」と言ってくれたのはアズでした。

退院時に乗っていた車椅子をすぐこ怖がらなくなり、やたらまとわりついて顔や動かない手をペロペロ舐めてくれたのはハクでした。

今はその一人と一匹と私とでお店を守っています。
三人(?)のうちハクが一番ご近所で有名人です。
名前を憶えてもらっている率No.1です。

いつか逆転したいものですが、強豪です。


haku&azu.jpg

アズの強烈ハグに、ハクは迷惑?

 

 

 

 

 

 




新たなチャレンジとして、自社ビルの一階にお店を作りました。
違う業態ですが亡き母が店をしていた処なので、母の誕生日の418日をオープン日にしました。

店では天然サプリメントを販売しています。
病気に倒れ、薬のリスクや健康の尊さを痛感したことが基にあります。
まだまだ告知が十分とは言えませんが、自分が育った町に根っこを生やし、
地道にコツコツと頑張りたいと思っています。

「自分が信じられることしか伝えない」
言ったことには最後まで責任を持つ」
という研修講師としてのポリシーをここでも守っていきます。

小さなお店です。提供している商品も一つだけです。
でもこのお店のお蔭で、元氣に仕事を楽しんでいます。


omisenohana.jpgのサムネール画像

贈り物の花のお蔭でお店は華やかです

 

 2016年4月29日、この日で私は満60歳になりました。還暦です。

甲乙丙の十干と子丑寅の十二支を一巡りしました。

でもそれ以上に60歳のこの日は私にとって区切りの日でした。53歳で脳梗塞に倒れて左半身マヒの後遺症を持った時、なんとか60歳の誕生日まではリハビリ頑張って、妹や家人と老老介護にならない自分にしたいと決心しました。その区切りの日です。

結果はどうなのか?外出時には杖を使用しますが、室内では杖なしでも歩いています。
左手の指はまだかすかにしか動きませんが、硬縮は軽くなりました。寝返りも自由に打てます。身体的には随分楽になっています。家人や妹や周囲の人たちの手を借りることはまだたくさんありますが、おんぶに抱っこではありません。

私は中々いけている60歳になりました。あの日新幹線の車中で倒れ、悪くすればこちらに戻ってこられなかった。それを思えば上々です。

60歳は人生の後半戦です。障がいがなくても色々体に支障も出てくる年代です。
これからは今まで以上に頑張りが必要な日々が続くと思います。でも一度しかない人生です。諦めず多くの人たちに支えられている身として、頑張って元氣な人生を創っていきたいと思うこの頃です。

そんなことで毎日ではありませんが、「チャレンジドな日々」のブログ再開します。60歳障がい2級の元氣人生をたまにはのぞきに来てください。

 

 

educon.jpg還暦パーティーでのワンシーン

 

 

 

 

 

 

 

© BE STATION Corporation