ブログをリニューアルします。

今までは脳梗塞を発症して見えてきたことを中心に書きました。これからは60歳という人生の節目を過ぎた今だから、30余年過ごしてきた「人材育成業界」で日々感じたこと、見えたこと、思ったことを中心に書きます。

講師ってなんなのか?研修ってなんなのか?組織ってどうなのか?様々な切り口で振り返ります。その時間が次の私の扉を開けることに繋がると思っています。

高く、広く、深く人生を創っていきたいと思います。

ちょっぴり楽しみに読んでもらえたら嬉しいです。そして皆さんのなんらかの参考になれば嬉しい限りです。

 

部下とコミュニケーションをうまく取りたいというのは管理職が望むことです。
上司と部下がスムーズなコミュニケーションをできる関係にいるのは素晴らしいことです。
 
但し、時々管理職の研修中で引っかかる発言が受講者からあります。それは・・・
 
 
コミュニケーションをうまく取るには、「人間関係を良くしないと」とか、「相手のことをよく知らないと難しい」とか、「プライベートなことを話すのには無理がある」とかの発言です。
 
確かに、コミュニケーションをスムーズにするのは難しいものです。でも職場でのコミュニケーションには、「報・連・相」という格好の仕事ツールがあるじゃないですか。
 
この部下とコミュニケーションを取るのは無理だなと思えば思うほど、「報・連・相」を使えばいいのでは?と思うのです。
 
 
はたして職場では部下との人間関係を良くすることが、コミュニケーションをうまく取る一番の理由でしょうか?
 
私は違うと思います。人間関係が良くなるのは結果です。一緒に仕事をして、議論を重ね、失敗して注意をしたり、褒めたりの中から信頼が生まれ、人間関係が醸成されるのです。
 
コミュニケーションはあくまでも仕事のためです。仮に話すことが苦手であるなら、部下に「報・連・相」の重要性とそのやり方を指導すればよいのです。仲良くなるためのコミュニケーションは仕事のスタートには不要だと思うのです。
 
そして「報・連・相」は仕事におけるコミュニケーションの、上司の大事な武器なのです。
 
 
 

 

職場における失敗経験は、成長のための絶好の機会であり、指導のチャンスです。なぜ失敗したのかを本人に考えさせると同時に、自分自身の指導の仕方についても見直しをします。と、教えられましたがこれも難しい。でも機会到来ではあるので、なんとか活かさないと、と思います。そこで、今回は基本的なことを列挙します。
 
部下が失敗したときは、まず部下の言い分をしっかり聴きます。これが大事です。そして、なぜ今回のやり方がいけないのか、納得いくように説明します。その後、今後のための指導が始まります。その際に注意すべき点は・・・。
 
 
1.言うべきことは言う
  ・特に基本的なルールやマナーは、早めに。
  ・どこが悪いのか、具体的に示す。
  ・きちんと理由を説明する。
 
2.時間を置かずに指導する
  ・但し、大勢の前で叱りつけたりはしないこと。
 
3.当たり前ですが、人格を否定しない
  ・人に対してではなく、事実に対して注意する。
 
4.感情のままに走らない
  ・自分のために怒るのは厳禁。部下のためが大事。
 
5.ついで叱りをしない
  ・思い出したように、過去の失敗を引っ張り出さないこと。
 
6.人と比較しない
  ・あるべき基準で注意をする。
 
7.注意した後は、いつも通り接する
これが一番難しいかもしれませんが、変に優しくなったりしたら、折角の指導が水の泡に。
 
指導は一筋縄ではいきませんが、必ず機会到来はあります。見過ごさないことが大事ですね。
 

 

部下指導で難しいのは叱る、注意することだと思います。けれど、それ以上に頭を悩ますのが「自分はどういう指導者になるか?」だと私は思うのです。

 

世の中には様々なリーダー論があります。私も長きに渡り、マネジメント研修を実施しています。

でも、こんなにたくさんの理論や研修があっても結論は出にくく、研修は、管理職の悩みは、と続きます。

難しいですよね。色々な経験、価値観を持つ部下に合わせて指導をするのは。

 

でもいつも思うのは、分かりやすい上司でいたいということです。「今日の上司はどんな上司?」では部下は大変です。「目指すもの」「決して曲げられないもの」「明確な許容範囲」――この3つはなるべく周囲に分かりやすく伝えます。伝えたいと思っています。

 

それでも、今まで指導が難しいと思った部下は多々います。関わるのが難しいと思うと、その部下にはつい優しくなるという傾向が私にはあります。逆に、期待している部下にはきつく対応します。

そして、その傾向を殆どの部下が気づいています。トホホです。

でもこれが、私の「型」でもあるのです。

 

上司と部下の間に初めから信頼は成立せずに、信頼は仕事を進める中から、生まれると思うのです。

そしてそのスタートが、上司が自分の「型」を部下に明示することです。

 

部下指導は難しいです。だからこそ上司は、部下に対して自分の「型」を出し惜しみせずに見せることが大事だと思います。

 

© BE STATION Corporation