ブログをリニューアルします。

今までは脳梗塞を発症して見えてきたことを中心に書きました。これからは60歳という人生の節目を過ぎた今だから、30余年過ごしてきた「人材育成業界」で日々感じたこと、見えたこと、思ったことを中心に書きます。

講師ってなんなのか?研修ってなんなのか?組織ってどうなのか?様々な切り口で振り返ります。その時間が次の私の扉を開けることに繋がると思っています。

高く、広く、深く人生を創っていきたいと思います。

ちょっぴり楽しみに読んでもらえたら嬉しいです。そして皆さんのなんらかの参考になれば嬉しい限りです。

 

「あなたのために」―― この言葉に酔うことがあります。

顧みれば講師という仕事も、「お役に立つ」「教えたい」から成立しているような気がします。

 

そして誰しも、「人の役に立つこと」や「有意義なアドバイスを言う」ことが好きです。自分の後輩や部下に育ってほしい。子供には自分を越えて欲しい。一緒になった限りはパートナーに良い格好もしたい。

 

これらの基本には、「あなたのために」という気持ちがあります。本来は誠意なのです。

 

けれども、「あなたのために」という気持ちが全ての自分の行動を正当化し、暴走させることもあります。

 

周囲との関係がうまく行ってないのなら、私が何とかする。もっと効率よく仕事をする方法を教える。後輩に自分が知っていることを全部教えたい。これらは悪いことではありません。むしろ相手を思っての行為です。

 

でもです。そこに、○○して “あげる” という言葉が付くと、その途端に、それは相手のためではなく、自分のための行為になりがちです。

 

「指導してあげる」「教えてあげる」「見てあげる」「大事にしてあげる」―― これらの言葉は自分を鼓舞させますが、相手からすれば、時には押し付けにも感じます。

 

少し前のコマーシャルにもありましたが、「あなたのためだから・・・」は、実はそれを言っている自分のためかもしれません。 

 

 研修で「過去と他人は変えられない」、でも、「未来と自分は変えられる」とお話します。他者との関わり方の講義です。

 

けれども、過去は変えられることもあります。起こった事実はずっとありますが、解釈次第で変えることはできます。私は大病をして不自由な身になりました。客観的に見れば不幸なことです。

 

でもそのお蔭で、新たな出会いがあり、新しい仕事も手にしました。だから不自由ではありますが、不幸ではありません。起こった事実をどう受け止めるかで、現在とそれに続く未来は変わります。

 

そうは言っても、変えられないモノもあります。それは、自分の考え方が未熟で起こしてしまった過去です。今の自分から見たら、「考えていなかったな!」とか、「なんでもっと真摯に対応しなかったのか!」というものです。これは解釈を変えられません。

 

なので、中高年の悩みは深いと思うのです。立ち止まって自分の人生を振り返ってみる。今の自分が頑張っていればいるほど、若かりし頃の自分の考え方や生き方に目を覆いたくなります。まさに、“若気の至り” なのです。

 

実は、私は寿命が伸びて本当に良かったと思うのです。若気の至りを変えることは無理でも、それを覆い被せてしまえる行動は出来ます。

 

昭和の終わり頃は人生70年でしたが、平成の終わりの今は人生90年です。新しい元号では95年になっていくでしょう。

 

野球でいえば、9回が12回になるようなもの。ルールが変わってしまうのです。たとえ今が9回の裏であっても、まだ3回分の攻撃の時間があります。そして3回分の守備の時間もあるのです。

 

そこで意味を増しているのが、「学び直し」です。若気の至り、後悔を払拭できる自分を作っていけばいい。こうありたい自分を作っていけばいいのです。時間は十分あるのですから。

 

引退だとか、もういい歳だとか言っている場合ではないのです。

 

 

端的な文章での指示は分かりやすいです。メールでのやり取りも時短になります。私が企業でOLをしていた昔と比べると連絡手段は格段に良くなっています。離れた支社にも情報や依頼はすぐに送れます。

 

本当に便利な世の中になりました(としみじみするオバサンです)。それでも社内外のコミュニケーション障碍の根本原因は私の頃と変わりはないようです。

 

中堅社員研修で出てくるコミュニケーション不足には「依頼する際の伝え方に配慮が欠けていた」「メールだけで済ませてしまったので、意思の疎通ができなかった」「説明不足で異なった製品が作られてしまった」「電話で丁寧に説明したつもりだったが、先方から叱られた」等々。どれも昔からあるトラブルです。

 

研修では話の組み立て方でPREP法やアサーティブ表現やフォレットの状況の法則、コーチング活用等を伝えています。どれも中々役に立つと思っています。

 

でもです。受講者の反応が高いのは何と基本中の基本である「クッション言葉」や「依頼形表現」の活用なのです。

 

「恐れ入ります」とか「ご足労をかけますが」とか「この様にして頂けませんか?」という昔ながらのプラス一言なのです。面白いです。

 

私とは大きく異なるノウハウを持ったビジネスマンたちなのに。大事にしたい、使えると思うのは、ずっと変わらない相手に気持ちを伝える一言でした。時代が変わっても変わらないモノもあると感じたひと時でした。

 

 

 

 

 

 

© BE STATION Corporation