ブログをリニューアルします。

今までは脳梗塞を発症して見えてきたことを中心に書きました。これからは60歳という人生の節目を過ぎた今だから、30余年過ごしてきた「人材育成業界」で日々感じたこと、見えたこと、思ったことを中心に書きます。

講師ってなんなのか?研修ってなんなのか?組織ってどうなのか?様々な切り口で振り返ります。その時間が次の私の扉を開けることに繋がると思っています。

高く、広く、深く人生を創っていきたいと思います。

ちょっぴり楽しみに読んでもらえたら嬉しいです。そして皆さんのなんらかの参考になれば嬉しい限りです。

 

研修の場で12年振りに過去の受講者に会いました。当時、入社2年目だった彼女は、頼もしいチームリーダーに成長していました。こういう姿に再会できるのは嬉しいものです。講師家業を長く続けてきて良かったと思う瞬間です。

 

当時の彼女は、「上長にもっと頑張って欲しい。もっとやる気を出して欲しい。そのために自分は何が出来るのか? 何をすれば良いのか?」と悩んでいました。

 

「一朝一夕で解決出来る課題ではないね」と言った私に、「時間を掛けてじっくり取り組む課題にします」と答えていました。

 

あれから12年。再会した彼女はその課題を達成出来なかったばかりか、「今は自分が後輩や部下からもっと頑張って欲しいと思われる存在になっている」と苦笑いしていました。

 

「組織に馴染んでいくにつれて自分を調整して周囲とうまくやるようになっていく」とも言っていました。確かにそういうことはあります。私は自分が起業した会社だから好き勝手していますが、企業や大きな組織に所属していると自分の考えや都合、好き嫌いだけでは通りません。

 

育てなくてはならない部下もいますし、成果も上げなくてなりません。多くの人達を動かしてこその企業活動です。自分の意見が全てでなくなることも多々あります。

 

でもです。その中でも自分を成長させることを忘れてはならないし、考えることを忘れてもいけません。組織に馴染むことは悪いことではありませんが、ただ流されるのは、流されていることに気づかないのは自分の成長を止めると思います。

 

自分を車両に例えれば、惰行走行だけでなく、動力による加速やブレーキによる減速が必要です。車両自体や路線の点検も必要だし、燃料がなければ駆動しません。如何でしょうか? 

 

 

 

 

© BE STATION Corporation