ブログをリニューアルします。

今までは脳梗塞を発症して見えてきたことを中心に書きました。これからは60歳という人生の節目を過ぎた今だから、30余年過ごしてきた「人材育成業界」で日々感じたこと、見えたこと、思ったことを中心に書きます。

講師ってなんなのか?研修ってなんなのか?組織ってどうなのか?様々な切り口で振り返ります。その時間が次の私の扉を開けることに繋がると思っています。

高く、広く、深く人生を創っていきたいと思います。

ちょっぴり楽しみに読んでもらえたら嬉しいです。そして皆さんのなんらかの参考になれば嬉しい限りです。

 

「酔っているので、言います」―― M-1後の漫才師の発言だけではなく、「酔っているので・・・」を枕詞にして、日頃言えないことをいう人は多いようです。

 

酔ってない状態で言えばいいのにと思いますが、それが中々言いにくい。それも分かります。

 

ここで思うことは、「思ったことを言うな」「言いにくいことは言うな」や「暗黙の了解を理解しろ」というオーラを出している上司が多いのではないかということです。

 

個人の状況や近況を発信することが簡単にできるネットの世の中になっていますが、意見や考えを発信するのは、受け手のことも十分考えてしなくてはなりません。

ましてや対面で行う時は、配慮も必要です。組織の中であれば、なおさらです。

 

でもです。無礼な発言も含めて、管理職はそれを聞く義務と言わさせる責任があると思うのです。管理職とは「なんとかする人」のことだと元上司に教わりました。その通りだと思います。困った時に登場して解決するのが管理職の役割です。

 

そうであるならば、日頃から部下や周囲の意見に耳を傾けて、情報を仕入れ、「いざ鎌倉」という時に活躍しないと。

 

「思ったことを言ってはいけない」などと部下に思わせるのは、言語道断だと思うのです。組織は色々な仕事と多様な人材で出来ています。そして、各々の強みを組み合わせて成果を出していくのが組織の醍醐味です。

 

組織とは、一人一人の能力を引き出して成果を上げていく装置です。初めからうまくいくことはないでしょうが、とて難しいことではあるでしょうが、思っていることをルールに則って言える人材を増やしていかないと、組織に未来はないと思うのです・・・如何でしょうか?

 

 

© BE STATION Corporation