■独創的な大人の遊びを楽しもう

 

将棋棋士の藤井聡太四段(14)、卓球の張本智和選手(13)、飛び込みの金戸凛選手(14)、ミュージッシャンのLi-sa-Xさん(12)など、スーパー中学生が大活躍しています。しかも、普段は学校に通い、宿題やテストもこなしながらです。学業との「両利き」です。
 
中高年だって同じです。好きなこと、やりたいことを見つけ、夢中になって取組めば、新たな才能が開花します。長期化するキャリア人生を考える上で、両利きがキーワードになってきました。
 
なぜ、両利きが強みになるのでしょうか?
世の中が、白か黒か、右か左か、男性か女性か、高齢者か若手かという二項対立でなく、その統合や第三の道を求めているからです。
 
名脇役を演じる中高年世代と主役に抜擢される若手世代。創業者の起業力と組織人のマネジメント力。社会のためという貢献心と個人の野心。公の課題を担う民のやりがい…。数え上げたらきりがありません。
 
45歳から60歳のビジネスパーソンにとって、自分の中の一個人と組織人を良好な関係にすること、やりたいことと現実の仕事のマッチングも意識し、利き腕以外の腕を磨くことが大切になっています。
 
そこで必要なのが、前回書いた『学び直し』です。今回は、「課外授業科」の事例を2つ挙げます。
 
1. 考案した1DAYイベントを仲間と満喫
 
毎年、5月の最終日曜日、上智大OBの総会とオールソフィアン集いが四谷キャンパスで開催されます。卒業15年目・25年目・50年目の人たちは、銅・銀・金として祝されます。
 
その前日、1979年経営科卒の男女10名以上が、全国から結集します。この幹事役が正道君です。目的は、「毎年1回は、同じ教室の仲間と時間を過ごしたい」と「名幹事が企画したイベントを楽しみたい」です。
 
昼の部は、話題アニメの聖地巡礼と老舗中華で舌鼓、穴子寿司を頬張って日本橋周遊クルーズ、ユーミン聴いてフリーウェイ疾走と武蔵野ブルワリー、スカイツリーでビール世界巡りと食品サンプル制作、ミュージカル観劇と東京湾ランチ、雷おこし作り体験と浅草ロック散策…。毎年工夫されたイベントが続きます。夜の部は、飲み放題の晩餐会。
 
仲間をいわば顧客と思って、企画し実行する。奥様と下見を楽しみます。彼の遊び方も、彼の企画に丸乗りする仲間もあっぱれです。
 
2. 自分たちが欲しいものを自前で制作
 
「既存のものでは満足できない。こんなものがあったらいいな」というものを自分たちで制作したい――専門家とチームビルディングして実現したのが、DR.パワベジです。
 
元氣人倶楽部の食効研究所が、大学・医療機関・栽培者・製造工場と協働で、「企画開発、栽培、製造、流通」までを一貫して手掛けます。
 
医療機関の患者向けに、メタボリックシンドローム改善用として提供してきましたが、未病段階で対処することの重要性を認識し、昨年から、セルフフケアしたい個人向けにも販売を開始。医療機関で扱っている関係上、ドラッグストア等では販売していません。
 
共通目的を持つ、一緒に考える、素朴な疑問を出す、好奇心を刺激し合う、協働で制作する、常にレベルアップを意識する――仲間とのコラボは楽しいです。知らず知らずのうちに、自己肯定感や自己実現力が醸成されます。
 
これも、独創的な大人の遊びです。
 
 
plm10.jpg

■『学び直し』で、人生を取り戻す

 

 「負け組」と言われた人たちの中で、60歳以降、充実して生きている人たちがいます。自分のやりたいことに没頭し、皆、表情がイキイキしています。

 
一方、「勝ち組」に属した人たちが、必ずしも幸せではありません。居場所のない淋しい老人、自分をコントロールできないキレる老人になっています。地位や権力があっただけに、失った落差が大きく、価値観の転換が図れないのです。
 
人生をゲームとすれば、ゲームは同時並行で幾つも行われます。一つのゲームは負けても、別のゲームで勝てるチャンスが常にあります。
 
「出世ゲームの勝ち組・負け組」と「人生の勝ち組・負け組」は、実はしばしば一致しないのです。
 
40代後半がビジネスパーソンの分かれ道――「出世ゲーム」で負けが見えたら、「別のゲーム」に移行する準備に取り掛かります。そうでないと、お荷物社員となり、軽度うつになる人もいます。
 
生涯現役の視点で、「次のゲームは?」「やりたいゲームは何か?」を考えれば、今やるべきことが見えてきます。勝ち組や若手にはできない仕事――勝ち組からは見えない全社的課題、すぐに成果が出ないため若手が敬遠する仕事…。
 
次の選択肢は、再雇用・再就職・起業と多様ですが、独立業務請負人(インディペンデント・ コントラクター)の働き方で取組めば、「価値観の転換」やスキル改造、「生き方の変更」や新たな人脈形成につながり、未来が開けます。次のゲームに備え、準備にいそしんでいる自分を好きになります。
 
人間、何が幸せかといえば、「やりたいことをやる」「好きな仲間と」「いつまでも」ということではないでしょうか。飽きることはないし、とにかく楽しい。
 
大事なことは、勝ち負けでことが決まると思う自分を脱皮し、勝ち負けに我関せずと思う自分になることです。ゲームのルールを自分で根本から変えてしまうのです。
 
前回書いた、経産省若手30人の提言「人生100年。定年後35年の生き方を考えよう」に対し、45歳から60歳の間に、『学び直し』を行うことで対処します。
 
45歳超えて、誰もが「このままじゃやばいな」という予感があります。「やばいよね」と笑ってすますか、「たそがれてる場合か。喝!」と言って、あっぱれ!な自分に変身するか、それはあなた次第です。
 
『学び直し』の内容は次回に。
 
 
premiam9.jpg
 

■経産省若手レポートを読む

 

 「昭和の人生モデルでは、人生は全うできない」「昭和の社会システムでは、日本は立ち行かない」この問題意識で、経済産業省20代・30代の若手30人が有志で、世の中に問いかけるプロジェクトを立ち上げ、議論重ねてきたとか。

 
このたび発表した、『不安な個人、立ちすくむ国家』--モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか(平成29年5月)というレポートが話題です。所管の分野だけでなく、他の省庁にも関わる内容です。
 
レポートが切り込んだのは、「正社員になり定年まで勤め上げるサラリーマン」「結婚し、出産して、添い遂げる専業主婦」「定年後、共に年金暮らし」という昭和の人生モデルは時代遅れということです。
 
個人の人生にとって、問題点は2つ。
1.60代半ばで、社会とのつながりが急速に失われる。居場所のない定年後、誰がそんな「第二の人生」を望んでいるだろうか?
 
男性の多くは地域との関わりが薄く、定年後は地元に仲間はいません。朝起きて行くところもなく、テレビの前でゴロゴロ。たまに出かけるのは、犬の散歩かフィットネスクラブくらい。フィットネスも、そこで仲間ができないと続きません。
 
2.70代半ばから、医療・介助の生活になっていく。望んだものと違う人生が待っている。そんな「人生の終盤」を望んでいるだろうか?
 
健康寿命が75歳です。そのため、一人当たりの医療費は、男性の場合、70代前半に年間70万円超、70代後半に80万円超、80代前半に100万円突破。別途、介護費も。
 
今年から800万人の団塊世代が70代に入ります。医療・介護費の総額は膨れ上がります。これでは、日本社会は持ちません。
 
レポートは、この課題の解決策として、3つのことを提言しています。
 
(1) 人生100年に合わせ、生き方と価値観を転換する。
(2) スキルと思考を磨き続けて、働ける限り働く。
(3) 健康寿命を伸ばし、医療・介護費を極力使わない。
 
個人は人生の大変革を、国は社会システムの大変革を、と迫ります。
 
ところが、「日本は高齢化のフロントランナー。これを解決するのが日本に課せられた歴史的使命であり、挑戦しがいのある課題。日本社会が思い切った決断をし、変わって見せることが国際社会への貢献につながる」と述べ、さあ、これから具体的な政策提言というところで終わっています。
 
どうやら、結論ページが何枚かあったようです。削除したのは、刺激が強すぎる内容だったのかもしれません。
 
 
pure81.jpg
 

 

pure8.jpg