■人生の再設計を50代で。

 

昨年11月に発売された「ライフ・シフト---寿命100年時代の人生戦略」(リンダ・グラットン/アンドリュー・スコット著、東洋経済新報社刊)が各地で読書会も催されるなど、反響が続いています。
 
その内容を大まかに言えば、こういうことです。
●寿命100年時代に向かう中で、これまで常識とされていた、「教育を受け、仕事をして、引退して余生を過ごす」という3ステージの人生は終わります。
●そしてこれからは、「教育を受け、一旦仕事に就いても、退職して学び直しをしたり旅に出たり、転職したりNPOに参加したり、起業したりと、転身を重ね、より多くのステージを経験する」というマルチステージの人生へシフトする。
 
今はその移行期ですが、現50代の人は、仕事人生の終盤に当たる時期(これまでの常識ではそうなります)を過ごしています。だからこそ、率先して意識を変える必要があるのです。
 
会社の人事システムの多くは、定年60歳、65歳までの再雇用ですが、これは「ライフ・シフト」が指摘する3ステージモデルそのものです。
 
現在の定年や再雇用も、年金支給年齢などの社会システムも、人生70年だった1960年代に制度設計されたものを、生涯寿命が伸びるに応じて、少しずつ修正して繕ってきたものです。
しかし、この制度変更は寿命の伸びに充分対応できていません。そのため現50代は、現行の人事システムや社会システムを基本にして人生設計をすると、落とし穴にハマってしまいます。
 
国も問題の先送りは限界だと考え、2020年を日本の「第二創業期」元年とし、「人生100年時代の制度設計特命委員会」(事務局長は小泉進次郎氏です)を立ち上げてあらゆる制度の再設計を進めています。元号も変え、戦後日本を総決算しようとしています。
 
60代後半の団塊世代は「最後の逃げきり世代」と言われてきましたが、実は決してそうではないのです。退職金の額や年金支給年齢では恵まれましたが、引退後を公園や図書館、テレビの前でひとり過ごすには、人生はあまりに長く退屈です。長くなったセカンドライフの設計を考えなかった人が多いのです。
 
「キョウヨウ」と「キョウイク」がない(今日、用がない。今日、行く処もない)という状態で家にこもり、朝・昼・晩と食事を期待すると、そのうち家族に邪魔者扱いされます。刺激がほとんどない毎日では、知力も体力も衰えて、認知症や寝たきりになってしまいます。
 
著者のリンダ・グラットン女史は、週刊東洋経済インタビューの「本書で日本の読者に一番伝えたかったメッセージは?」に対し、このように答えています。
1. 長寿化する人生では、ある時期には自分への投資に専念し、人生のステージを自ら変えていく必要があります。そして40代や50代は人生の再設計をする時期です。
2. お金に換算できない価値、つまり「健康、人脈や知識、スキル」といった無形の資産はあなたの人生を変えてくれます。特に、長期化した人生を生きるためには、健康はライフ・シフトでまず準備すべきことです。
 
ライフ・シフトは直訳すると、人生の転換という意味です。それは価値観の転換であり、生き方の変更なのです。ライフ・シフトのフロントランナーになる45から60歳の人は大いなる可能性があります。目の前の忙しさに流されず、人生全体の再設計をし、60歳からの人生の準備を始める時期です。
 
 
pure13.jpg
 

■人生の転換期を楽しむ

 

 厚労省の人口動態統計を見ると、2015年に老衰で亡くなったのは8万4810人で、死亡総数に占める割合は6.6%です。いわゆるピンピンコロリは、100人のうち7人です。

 
100歳以上が6万6千人(88%が女性)いますが、その中には多くの寝たきりのお年寄りが含まれています。いくら長生きでもやはり健康でなければ意味がありません。健康で長生きして自分の好きなことができるなら、それ以上の幸せはありません。
 
しかし45歳を過ぎる頃から、健康格差が大きくなり、「若々しい人」と「老化の早い人」に分かれていきます。仕事人生もプライベートも、体と脳の状態も、転換期に当たるため、ストレスや不安も多く、心身共に根っこのところから崩れやすいのです。まさに45から60歳までの時期が、後半人生の足固め期です。ビル建築で言えば、基礎工事の時期なのです。
 
人生のゴールを迎えて、「良く生きた。悔いはない」と言えるためには、この時期に、習慣をフルモデルチェンジすることがポイントです。「老け込ませる習慣」に陥るのではなく、「若さを保ち続ける習慣」にチェンジし、実年齢の8掛けの状態を目指します。
 
食習慣・思考習慣・行動習慣のサイクルを回し、細胞レベルで脳と体を活力化し、人生を作っていきます。
 
1. 食習慣
栄養吸収力は20代をピークに、40代を過ぎると半減します。そのため十分栄養を摂ったつもりでも、半分ぐらいしか身に付きません。細胞を作り替える新陳代謝力もガクンと落ちます。
それに、美味しく安く早い牛丼・ラーメンやコンビニ弁当・ファーストフード、調理が簡単で日持ちする冷凍食品や加工食品では、新陳代謝に欠かせないミネラルと酵素が圧倒的に不足します。
 
そこで、健康を作る『一汁三菜の和食』と現実の食生活とのギャップをサプリメントで解消します。「不足する栄養素が網羅されているか」「それは天然の栄養素か」を見抜いてください。健康リテラシーも身に付きます。
 
ギャップを埋める手立てを講じた上で、日々の食事を楽しんでください。粗食や菜食主義、無理なダイエットは老化を加速します。後半人生では、ステーキやイタリアン、天ぷらや鰻、季節の刺身を存分に味わいます。
 
2.思考習慣
食習慣で健康の基礎を手に入れたら、次は資金計画と人間関係です。45歳からの働き方を再設計し、長く働けるスキルと思考を身に付けていきます。仕事も人生も楽しむことが基本姿勢です。
 
年金生活では、収入と支出のギャップがMIN5万円あるといいます。5万円+αを長く稼ぐためにはどうすればいいかを考えます。
 
まずパートナーとの関係、そして家族との関係を再構築します。その上で、新しい友人・知人を作っていきます。後半人生において、新しい人間関係を構築する力は素晴らしいパワーを発揮します。
 
3. 行動習慣
最後までボケず・寝こまず、自分の身の回りのことは自分でやります。周りの人や社会に迷惑を掛けない。医療介護費の削減にもつながり、このこと自体が社会貢献です。
 
そして、「年齢を重ねることは愉しいことなんだ」という姿を後進に見せます。最後まで人生を満喫し、その足跡を残すことが、人としての大きな役割です。
 
5万円+αを長く稼ぐこと、新しい仲間との交流を広げることが、人生に幅と奥行きをもたらしてくれます。
 

 

7271.jpg

 

 

7272.jpg

 

 
 
 
 
 
 

■閑話休題

 

私は、45歳からの後半人生を楽しむことの素晴らしさ伝えたいと思い、このブログを書いています。

 

思えば子供の頃から、何故か「人生は60歳からが本番だ」と思っていました。だから今は、後半人生はじめの15年間を過ごし、本番真っ盛りです。そして仕事を楽しみながら日々過ごしています。

 

私にとって、後半の人生を楽しむということは、悠々自適に生活するということとイコールではありません。

 

自分の納得する人生を一日一日歩んでいきたいということです。それが楽しいと思うのです。

 

一番伝えたいことは、「人生には後半がある」ことを意識してほしいということです。後半人生は、前半人生に比べて引けを取りません。というよりも、まるで違う存在です。人生を二度楽しめます。そして最後まで人生を満喫することが、人としての役割だと思うのです。

 

去年知り合った組織の人達は、そんな私でも凄いなと思います。皆さん、75歳を過ぎてもバリバリの現役です。一番若い人で60代後半です。そして日々、組織の課題に取組み、悩んだり、怒ったり、笑ったりしています。

 

何よりも素敵なのは、ご本人たちが自分の年齢に囚われず、仕事に日々取組んでいることです。一生懸命さが年齢などという物差しを忘れさせているのです。

 

私もそんな現役人生を送りたいと思うのです。

 

 

2017.jpg