■50歳は見つめ直し適齢期 (1/3)

私たちを取り巻く環境が大きく変わり、定年後の「常識」が変わってきました。

 

役員として華々しく活躍していた人が、退職後は何をしていいのか分からず途方に暮れてしまう人がいます。その逆に、不遇な地位に甘んじていたと思われていた人が、定年後に好きなことを始めて輝いている人がいます。

 

従来の常識からすれば考えられないようなことが、あちらこちらで起き、「定年後に輝く人」と「定年後に萎んでしまう人」の二極化が進んでいます。

 

定年の年齢が55歳から60歳に移行したのは1998年、ほんの20年前のことです。この60歳定年の先頭集団が、これから80歳を迎える戦中世代の人たちです。

60歳定年、それなりの退職金、60歳からの年金受給と制度的にも恵まれました。

 

この世代のサラリーマンや公務員の定年後は、

〇現役時代に行けなかった妻との旅行や新たな趣味にチャレンジしよう。

〇退職金で自宅のローンを完済し、子供や孫に資産を残す段取りをしよう。

 

男性が一家の大黒柱となり、定年まで勤め上げ、穏やかな20年近くの隠居生活を楽しむというのが、常識的な姿でした。

 

その後に続くのが、これから70歳を迎える団塊世代です。最後の逃げきり世代とも言われるように、まだ上記のような常識が生きていました。それに戦後生まれです。

 

定年後は子供に家を譲り、買い取った近郊の田舎の古民家をリフォームして移り住んで、休耕地を借りて野菜作りを始めるといったセカンドライフも可能でした。

 

でも団塊世代は、セカンドライフの期間がこれほど長くなるとは考えませんでした。経済的に余裕があっても、安らぐ居場所もなく、時間を持て余し、生きる意義を見失って、MCI(軽度認知障害)やロコモ(準寝たきり状態)になる人が増えています。

 

寿命はますます伸びています。現在の50代は、60歳で定年を迎えても、30年以上の人生が待ち受けています。それに連れて、年金受給も70歳そして75歳へと引き上げられることが見込まれます。

 

定年後の常識が本格的に変わるのはこれからです。これまでの常識や上の世代にならって、退職後の人生設計、老後の資金計画を考えていたらとんでもない事態を招きかねません。

 

そうならないためには、50歳になったら自分を見つめ直し、人生を生き抜く三種の神器「健康力・交流力・経済力」をどれだけ持っているか検証することが不可欠です。 

  

22.gif p221.jpg

 

必須3Kのうち、今回は「交流力」を考えます。

 

定年になって失うものは色々ありますが、定年退職者の多くが「人間関係と情報が激減して愕然とした」と言います。役員出身者であっても「今まで培ってきた人脈が跡形もなく消えた」と言います。

 

そこで50歳になったら、知り合いの中から、友人を見出しておくことをお勧めします。言いたいことを言い合えるし優先的に時間を作ってくれる、何かあった時に心底応援してくれるのが友人です。

これから、そんな友人と関係を深めることで、人生シナリオが描けたり、また思わぬような展開が開けることだってあります。

 

そして最も重要なのが、パートナーとの関係を見つめることです。

下の図をご覧ください。収入がなくなったり、激減すると、パートナーとの溝が表面化するケースが多くあります。

 

 

p222.jpg  

 

照れくさいかもしれませんが、一度じっくり腹を割って話し合って、人生観や価値観、お互いの相性を検証してみます。必ずしも同じ価値観を持つ必要はありませんが、ある程度の割合で共通面がないと、人生のパートナーとしてこれからの長い道のりを共に歩むことはできません。

 

右側のケースのように、重なり合う面と重ならない面を適度に持って、お互いに気分良く生活していくことが何より大切です。

 

自分と向き合う、パートナーと向き合うことは何だか怖い気もしますが、向き合ってみて初めて、これまで知らなかったことや胸の内が見えてきます。そして人生シナリオの構想が浮かんだり、パートナーとの新しい関係の第一歩が踏み出せます。

 

50歳になったら是非、実行してみてください。

次回は「経済力」についてです。

■50代、今こそ将来を考える

  

ふと、「昔はよかったな」とつぶやくことが増えた。「現実から目を背けたい」というのがホンネだ。45歳から60歳は変化の年代、特に50代を迎える人たちは大変です。

 

多くの企業では、1989年から1992年に大量採用されたバブル世代があふれ返っています。50歳前後のこの世代が役職ポストを占めてしまい、その後に続く優秀な就職氷河期世代が割を食っています。

 

いくら人手不足といっても、大した仕事もしないノー天気な役職者なら、お荷物になってしまいます。そこで大手企業では、役職定年という制度を作って帳尻を合わせています。

 

役員や特定の者を除いて、55歳前後には肩書を外され、収入も2割から3割減額されます。そして現場のプレーヤーになって、後輩や年下の上司の下で働くことになります。

これ以上出世できなくなるのならまだしも、実質的に平社員に戻るような現実とどう向き合っていけばいいのか…。

 

しかも定年の5年も前です。このまま会社に踏みとどまれば、定年後も5年間再雇用してもらえるかもしれませんが、これから足かけ10年を不本意な気持ちで過ごすのでは、うつにもなりかねません。

 

でも、ものは考えようです。役職定年は、自分と向き合って「やりたいことは何なのか」「そのためにはどうすればいいか」を考えたり、先を見据えて「どんな人生にしたいのか」「どうやって生きていくのか」を再設計してみるキッカケを提供してくれているのです。

 

たとえ役職定年の制度がなくても、50歳前後にとって置かれている現実は実質的に同じです。キッカケを自分で設定して、定年後やその先まで、長期のスパンで考えてみることは、長くなった人生において賢明です。

 

下の図をご覧ください。

大手企業の一般的なパターンですが、50代以降には、収入面で5つの下り階段が待ち受けています。ここでは退職金を企業年金で受け取るケースで設定していますが、ひと昔前と違って今では終身ではなく期間10年が一般的です。

 

そして支出面では、3つの見えない階段が潜んでいます。親の介護、自分やパートナーの医療や介助の費用です。この支出を無くして、その分のお金や時間を会食や社交に回すのがスマートで格好いい生き方なのかもしれません。

 

人生を存分に楽しみたいと思うのであれば、こういった現実を踏まえたうえで、処方箋を考えることが大切です。

 

 

p21.jpg

p211.jpg

 

50代からの不安3Kは 経済(貧困)・健康(病気)・孤立(無援)です。そして65歳でリタイアすると3Kは増幅される傾向にあります。

 

何らかの形で仕事を続けると収入の下り階段は緩やかになるし、生涯にわたってボランティア活動など社会参加すると心身共に健康的だし、交流することで孤立無援にもなりません。

 

人間究極の仕事は生きること、生涯を全うすることです。そして人生を存分に楽しむことです。そのための処方箋として、次の3つをご提案します。

 

1.生涯現役:「時代の変化」に乗ろう!

明治維新・敗戦に続く「第三の転換期」の時代に直面するフロント集団が現役シニアの50代です。2020年を境に今までの枠組みがまるで変わろうとしています。この変化の大波に乗ることを意識します。役職定年のお陰で転身できて良かったというケースが続出すると思います。

 

2.生涯健康:「更年期」をふっ飛ばそう!

目線を少しでも「前」と「上」と「外」に向けることを意識します。人生を前方まで見渡せるようになり、小さくても希望や目標を持つことで気持ちが上向くようになり、会社と家庭の外に自分の居場所を見出せるようになります。女性も男性も更年期の入り込むすき間はありません。

 

3.生涯恋愛:「パートナー」にモテよう!

人間関係の想いと時間を、会社の上司や部下、取引先の人からパートナーにシフトします。一人の人間として尊重し、異性として意識すれば新たな関係が築けます。例えば洗いざらしの白いシャツとジーンズが似合う人間に立ち返ると大人の幸福が味わえます。時代からもモテるようになります。

 

いかがでしょうか?

■「100年時代会議」始動

 

正式名「人生100年時代構想会議」(議長=安倍晋三首相)の初会合を911日開催し、国は『人づくり革命』実現に向けて一歩踏み出しました。

 

長寿化が進み、人口が減っていく日本で、国を維持するためには、付加価値の高い人材を養成し、労働生産性を向上させることが最も重要だと判断しています。

 

この会議の有識者議員の中に、「ライフ・シフト ― 寿命100年時代の人生戦略」の著者、英ロンドンビジネススクールのリンダ・グラットン教授が入っています。

 

同教授から、次のような提言がありました。

 

2007年に生まれた日本人(現在10歳)の2人に1人が107歳まで生きると予測できます。アメリカ・フランス・イタリア・カナダは104歳、イギリスは103歳、ドイツは102歳で、日本が最長です。

 

〇世界一の長寿国・日本は、超長寿社会が抱える課題を最初に経験することになります。どう対応するか、世界が注目しているし、私もこの会議の議論に期待しています。

 

 

p20.jpg

p201.jpg

 

100年時代会議の基本となる考え方は、「長寿化と人口減少を逆に強みに変える新しい社会像」を創造するということです。今後、4つのポイントについて討議を深めていきます。

 

(1) 人生:生涯現役

〇高齢者(65歳から)を定義した1956年の平均寿命は女性68歳/男性64歳。人生の期間は大きく変わった。例えば、75歳からと再定義して、75歳になるまで何らかの形で働く。高齢者になってもボランティア活動など、生涯にわたって社会参加する。生涯現役社会へシフトしていく。

 

AI×ロボットは人間の仕事を肩代わりして人口減少をカバーできる。人間がいらなくなる職場がどんどん出る、新たな職種が次々と生まれる時代に対応できるよう、知識やスキルを学び直して新しい仕事にチャレンジすることを後押しする。

 

(2)教育:人材養成

〇働く意欲のある高齢者や、仕事と子育てを両立する女性、転職や起業、学び直しなど、年齢や性別に関係なく、それぞれの価値観とタイミングで自分の人生を選択できる社会にシフトしていく。

 

〇生涯にわたって、本来自分が持っている能力を発揮し、社会に対して有益な価値を生み出していく。そんな社会的人材を養成することを後押しする。

 

(3)労働:雇用流動化

〇柔軟に人生のステージを変えるためには、年齢に関係なく、大学や各種教育機関での学び直し、再就職・起業する機会と場が多いことが必要だ。それを支援する制度を拡充する。

 

〇新卒一括採用・終身雇用から、より自由に転職しやすく、兼業・副業も受け入れる柔軟な労働市場へシフトしていく。

 

(4)社会:社会保障制度

〇「20年学び、40年働き、10年余生を過ごす」という人生70年時代に設計された健康保険や年金制度を、100年時代に合わせて再設計する。

 

〇医療費の多くを占める生活習慣病という病気は、自分の生活習慣をコントロールすれば予防や進行の抑制ができる。自己防衛を促すと共に、この分野の自己負担率を見直す。

 

 

さて、私たちとすれば、いったいどう対処したらいいのか・・・?!  

人生・教育・労働・社会の分野にまたがる壮大なアプローチですが、国としても最重点にしているのは「人づくり」です。

 

「一点突破、全面展開」という言葉もあるように、ここは、「自分づくり」=「自分を知って、掴んで、活かす」ことに集中するのが、悔いのない人生を作っていく秘訣かもしれません。