■かけがえないパートナーシップ

  

人生でも仕事でも、真のパートナーが欲しいと思う。でも現実にはうまくいかない。なぜでしょうか? それは自分にピッタリのパートナーというものは、もともと存在しないからではないでしょうか。

 

パートナーシップは、お互いを受入れ、関わり合いながら、築き上げていくものです。そのため相手に「こうなって欲しい」とか、自分を「このように思って欲しい」など、相手に期待するのではなく、自分が変わることで関係を創り出していく姿勢が大事になります。

 

ところが私たちは無意識のうちに、手間や時間を掛けずに「自分のことを理解してくれる」、こちらが与えなくても「向こうから与えてくれる」、自分が相手を承認しなくても「自分を認めてくれる」、自分が望むよりも「もっと上のものを返してくれる」、そのようなパートナーを求めてしまいます。

 

でもそんな都合のいいパートナーは人生でも仕事でもいません。自分から変われば、相手との関係に実りや成果が生まれるのに、「この相手はパートナーとして適格ではない!」と無意識のうちに決めつけてしまい、せっかくの可能性を台無しにしてしまうことが多々あります。

 

対象となる相手やその際の状況は違っていても、根っこのところでは同じことを次から次へと繰り返しているのです。自問する価値はあると思います。

 

 

pr261.jpg

 

pr262.jpg

 

無意識の世界を形成している背景に、私たち自身の普段からの思いや考えがあります。マザー・テレサが言い切ったように、思考(思いや考え)は言葉になり、それが行動につながり、そして習慣になっていく。この習慣は性格を形成し、運命までも変える。

 

無意識のうちに、性格や運命に影響を及ぼしているのが、普段の思考です。私たちはいちどじっくり、自分の思いや考え方に思いを馳せてみる価値がありそうです。自分を知れば、自ら変化していくこともできます。

 

小さくとも自分のなかに変化を起こすと、その変化が相手の変化を生み、その変化が自分の変化を生んでいく。その繰り返しで真のパートナーシップが築き上げられるのだと思います。

 

またそのプロセスはパートナー同士、お互い無上の喜びになるはずです。

■五十過ぎオヤジの再駆動

 

気が付いたらいつの間にか「オヤジ」になっていた。でもオヤジであるなら「やんちゃオヤジ」とか「ちょい不良(わる)オヤジ」と呼ばれたい。

 

時代は人生100年へ突入です。50代現役オヤジは長生き時代のフロントランナーとしての矜持を持ち、心と体をオーバーホールして、しぶとく生き抜く気力と体力を蘇らせることです。そうでないと途中でヘタってしまいます。

 

人生80年が半世紀で100年になるのなら、実年齢50歳は今から自分年齢40歳と思えばいいし、いつまでもボケず・寝こまず「ちょい不良ジジイ」でいたいのなら、脳と足腰の耐久年齢をこれから毎年0.5%伸ばせばいいだけです。

 

現在50歳が100歳になるのは遠い先です。長期戦をやり抜くには、まずは気の持ちようからですが、視線をほんの少し前向き・上向き・外向きに変えれば照準は合います。そこで今回は五十過ぎオヤジの方向修正がテーマです。

 

 

p251.jpg

 

1. ハゲや薄毛

オヤジの代名詞といえばハゲや薄毛です。30代のイケメンでも、薄毛になってそれを気にし出した途端、オヤジになってしまいます。でも正式名「男性型脱毛症」のハゲは老化現象ではなく、戦ってきた男の証なのです。

 

社会の突風から家族や仲間を守り、生き抜くプロセスの中ですり減ってしまった“たてがみ”の現在形です。能ある男の進化した姿なのです。でももう雄々しく立てて、自分を大きく見せたり、異性を魅惑するステージは卒業していて、次のステージへと進んでいる大人の姿なのです。

 

それにハゲは知恵の象徴です。出家する際に頭を丸めるのは、俗にまみれた思いや煩い、不安や悩みを表す髪を絶つ、つまり煩悩を断ち切るためです。髪がなくなった頭は、他者と比較して羨んだり、悩んでも仕方のないことを悩むことがなくなったことを表しているのです。

 

ハゲは利発でクールな知恵の持ち主の証! そして薄毛は現在進行形です。

 

2. 白髪

次に白髪ですが、髪の毛が白くなっていくのは、メラニン色素に染まらなくなり、色のない元の状態に戻っていくことです。人としてのあり方や人間の原点が分かり、何物にも染まらない状態に戻った大人の姿なのです。

 

馬にも白髪がいます。子供の頃は敵に見つかりにくいグレー調の葦毛(あしげ)ですが、オヤジになると白馬になります。ゴリラにも背中の毛が白くなるシルバーバックがいます。いずれも群れの中の年長者で、白髪であることがボスのシンボルです。

 

ハゲや薄毛も、白髪も、「年を取ったな」とショボくれるのではなく、胸を張って堂々と生きていけば格好いいのです。ほんの少し発想の転換をするだけで、心意気のあるモテる「ちょい不良オヤジ」に変身します。

 

3. デブ

シャキッと背筋が伸びた「ちょいデブ」ならそれなりに格好いいですが、ダラッと背中を丸めた「メタボ型デブ」はサマになりません。年寄っぽくて、覇気のない、しょぼくれオヤジに見えます。

 

風呂上がり、鏡に映った自分の姿をじっと見てください。「お尻や胸の肉が落ちてきた。それよりも下っ腹がポコンと膨らんできたのが気になるな」と思ったら、ピンチです。

 

皮下脂肪が薄く張って、その内側に筋肉がびっしり付いていた30代までは、おしりや胸はパンと張っていた。なのに、男性の多くは40歳頃から内臓脂肪が少しずつ溜まってメタボ型デブになっていくのです。

 

この状態からドミノ倒しで(医学界ではメタボリックドミノと呼びます)、具合の悪い状態が次から次へと起きていきます。でも大丈夫! ピンチをチャンスにすればいいのです。解決方法はあるのだから。

 

女性だって50歳からは要注意です。皮下脂肪や筋肉よりも、内臓脂肪として溜まるようになり、オヤジ化しやすくなるからです。でもそれは「子供を作ったり養っていくための体から、次のステージのための体へシフトしなさい、変身して人生の本番を楽しみなさい」というシグナルなのです。

 

 

p252.jpg

 

50代は「変身」の適齢期であり、押し寄せる時代の波に乗る「転身」の適齢期でもあるのです。「将来が見えなくて不安だと思われてる時のほうが実はリスクは小さく、チャンスをものにしやすい」のは歴史が証明しています。

 

目指す姿は、過去にとらわれず、やりたいことをやって今を楽しむ心意気。よく飲みよく食べ、談笑する。明るく逞しくマイペース。ときにはやせ我慢。いい意味で我がままでやんちゃな「ちょい不良オヤジ」! まさに不良長寿へまっしぐらです。

 

その鍵を握るのが“気の持ちよう”です。「不安を寄せ付けない思考習慣」に切り替えれば、「やりがいを見出す行動習慣」「自分年齢を引き下げる食習慣」を引き寄せ、自ら変身、転身していきます。そして〈ファッション〉〈エンターテイメント〉〈アンチエイジング〉が人生を彩ってくれます。

 

これらについては、このブログでおいおい触れていきます。

 

■50歳は見つめ直し適齢期 (3/3)

今回は、三つ目の「健康力」についてです。少し長くなりますがお許しください。

 

ここで意識してほしいのは、「寿命革命」(人生100年時代)と第4次「産業革命」(イノベーション)が同時に起きている現実です。私たちの寿命と働く期間はますます長くなり、その一方で、私たちの仕事や企業の寿命はどんどん短くなっています。

 

そのため「仕事を全うしたい」「いい人生にしたい」という私たちの願いは、実現することがとても難しくなっているのです。

 

実現するためには、

(1) 時代の変化を知り、その方向に「生き方」「働き方」のベクトルを合わせることを意識します。

(2) 自分を見つめ直して、さまざまな選択肢(定年&再雇用、転職、知識&スキルの学び直し、やりたいことを起業、ボランティア&社会参加・・・)の中から、自分なりの「ライフスタイル」「ワークスタイル」を見出します。

(3) そして、これからの長い人生を最後まで歩んでいくことです。

 

現在50歳のあなたには、40年以上の持ち時間があります。40年後の2057年は、どんな社会になっているでしょうか? まさかの連続が起こるかもしれませんが、あなた自身もその中で生きていくのです。

 

でも、どんな生き方をするにしても、ゴールでは「いい人生だった!」と心から思いたい。その原動力となるのが「健康力」です。それに「交流力」と「経済力」を加え、三位一体のトータル力を発揮することで、最後まで歩んでいくことができるのです。

 

そこでまず、二つのことを知ってください。

(一)あなたの「健康力」の有効期限は75歳である

健康寿命の平均は女性74歳/男性71歳です。現状のままでは、75歳から15年以上の「医療・介助の生活」に入ることが予測されます。

 

(二)現在の「健康力」を1ランクアップさせる必要がある

最後まで身の回りのことは自分でやれて、ピンピンコロリしたいと思うのであれば、健康寿命(体と脳の耐久年数)を15年以上伸ばさなければなりません。

 

次に、誰もが避けたい「認知症」「寝たきり」になる一般的なルートを知ってください。

●認知症・・・「細胞の新陳代謝不良、内臓肥満(メタボ)、ストレス、セロトニン不足」から「高血糖、うつ傾向」に、そして「MCI(軽度認知障害)」になり『認知症』へ。

●寝たきり・・・「ミネラル・必須アミノ酸不足、骨量・筋肉量減少」から「ロコモ、骨粗しょう症」、そして転倒・骨折しやすくなり『寝たきり』へ。

 

医学界では認知症も寝たきりも別名「長生き病」と呼んで、手に負えない状況です。いずれも20年以上の年月をかけて進行するので、40代や50代のうちに、根っこの原因を断ち切ることが重要なのです。それしか対処の方法はありません。

 

認知症や寝たきりなどの生活習慣病は「生活習慣の病気」のため、自分で変えるしかないのです。そのため欧米先進国では「病気は自分で作っている」ことを認識させ、戦略的・科学的に生活習慣を変えていく方法を推奨しています。

 

それは行動心理学、細胞代謝のメカニズム、栄養医学のエッセンスも取り入れ、生活習慣を「思考習慣」「行動習慣」「食習慣」に分類して、フィジカル(肉体)・メンタル(精神)・ソーシャル(社会)の三方面から、トータルで健康力を強化する方法です。

  

  24-1.jpg 24-2.jpg

三つの習慣サイクルを回すことで、健康力は底上げされていきます。

〇思考習慣・・・使える知識、生きる意味、生活資金、人間関係、不安の解消

〇行動習慣・・・ポジティブな感情表現、挑戦と継続、居場所と仲間、運動

〇食習慣・・・新陳代謝と栄養素の仕組み、一汁三菜とオールインワンサプリ

 

50歳は習慣を見直す適齢期です。健康力が底上げされると、交流力と経済力が拡張されます。そして健康寿命を毎年1年ずつ更新すれば、ピンピンコロリが自然と手に入るのです。ここが一番のポイントです。健康寿命の問題は解決されるのです。

すべては「継続は力なり」(Practice makes perfect.)です。

 

50歳になったら、人生をやり抜く「健康力」「交流力」「経済力」を磨き始めます。この意識と行動を持てば、これからの人生シナリオを描く環境が整ったことになります。

 

さあ次は人生プロジェクトの作成です。人間何が幸せかといえば、やりたいことを好きな仲間と、いつまでもやれることです。なにせ楽しいし、疲れません。やりたいことを仕事にする、あるいは現在の仕事の中にやりたいことや好きなことを見出します。

 

 

24-3.jpg

 

50歳になったら、自分でシナリオを描き、動き出します。業務請負型のインディペンデント・コントラクターや、プロジェクト型の仕事をするフリーエージェントの働き方を意識して仕事に取組めば、やりたいことがあぶり出てくるかもしれません。

 

60歳からは「第二の人生」へ向かってチャレンジです。やりたいことに没頭し、人間関係のストレスはなく、経済的にもなんとかなれば、人生はプレミアムタイムになり、最後までGOLD AGEとして輝いていられます。

 

でも思い通りの結果や大きな報酬が得られなくてもいいのです。人生の幸福感は、ひたむきに生きることを楽しむプロセスの中にあるのですから。そう思いませんか。