■「現役」の概念を自ら変える

人生100年という言葉が出て来るようになり、「20年学び、40年働き、20年の老後を過ごす」というこれまでのライフコースがもはや過去のものとなっています。

 

今年18歳を迎えた若者の多くは100歳まで生きて、《22世紀》をその目で見ることができるというのですから驚きです。

 

これほどまでに、生きる長さ=人生の前提が変わってしまい、これまでの常識や当たり前は通用しなくなっています。これからは、一人ひとりが自分なりに近未来を読み取って行動しなければらない時代に突入です。

 

でもそうは言われても、経験したことのない事態です。さてどうするか?

 

まず確実なのは、人生の長期化で高齢世代がますます増え、少子化で現役世代はどんどん減るということ。そのため「現役」を再定義し、現役世代の人数を増やすことが喫緊の政策課題になっています。

 

つまり、現役年長組の45歳から60歳がその先例になるということです。その前後を含めて、世代別に整理してみました。

 

 

35111.jpg

 

「現役」の再定義を私なりに考えてみました。来るべき人生100年時代に適応するために、これまでの概念をまるで変え、長い視点で「現役の形」を描きました。

 

 

35222.jpg

35333.jpg

 

人生の長期化に合わせて、「健康でいる期間」「働いている期間」「パートナーといる期間」を同時に引き上げていかなければなりません。その原動力になるのが、健康(健康力)、お金(経済力)、人間関係(交流力)の3つです。

 

そして長くなった人生を充実して過ごすためには、「自分の役割」と「居場所」を持ち続けなければなりません。 その原動力になるのが次の3つです。

 

1. 楽観と自信を取り戻す

近未来を読み取れば、対策が打てます。悲観的にならず、楽観的に行動することが大切です。あとに続く世代が後姿を見ています。いろいろな生き方や働き方の先行モデルを提供することは次世代への貢献になるのです。

 

2. 長寿リスクを解消する

迷惑を掛けないということです。これから75歳の壁=健康寿命を迎える団塊世代は正念場です。最も怖いのはサイレントキラーと呼ばれる糖尿病と認知症ですが、今からでも遅くはありません。新たに学んで、すぐに対処することです。

 

3. 自助と共助

自助努力をするだけでなく、若い世代のために何ができるかを考えます。45歳より下の世代が社会に出たのはバブル崩壊後の就職氷河期、その後は「失われた20年」です。共助の精神で手を差し伸べるのは私たちの責務なのです。

 

ところが現役の概念を変える必要性は分かっても一歩を踏み出せない人もいます。

 

 

35444.jpg

エリートと呼ばれてきたり、それを自負してきた人ほど、これまでのレールから離れようとしない。長生きというパーソナルなことを社会の変化と受け止められない。そのような傾向にありますが、実にもったいないことです。

 

私たち戦後世代は初めて、重大な転換期を迎えています。生き抜いていくため、一旦すべてをリセットし、ゼロベースでThink & ACTすることが大切だと思います。

 

今年はこれで終わりです。良いお年をお迎えください。

■「学び直し」の意味

 

最近、国が学び直し(リカレント教育)を看板政策「人づくり革命」の基本構想に盛り込み、学び直し拡充に向け環境整備を加速させる方針を示しています。そのためかメディアによく登場するようになりました。

 

ところが、女性陣にはこの言葉にどうも違和感があるようです。そこで今回は、学び直しがなぜ必要なのか、とりわけ誰にとって必要なのか、学び直す重点項目は何なのかについて私なりに考えてみたいと思います。

 

まず、学び直しが必要になった背景には次の3つがあります。

1. 人生の前提が変わる
人生100年時代に向かって一歩一歩進んでいくなかで、生きる期間という人生設計の前提が変わり、考え方を根本から見直さなくてはならなくなりました。

 

2. 高齢者の定義が変わる
現役世代は減っていますが、リタイア世代は増えていますので、社会を維持するためには、高齢者の定義を65歳から引き上げ、現役世代の絶対数を増やすしかならなくなりました。

 

3. 学び続けることが求められる
AIなどイノベーションの進展により、単純労働や事務などの仕事がなくなっていくので、これからの時代に求められる人材になれるよう変身を図らなくてはなりません。

 

3つの潮流が社会を根底から変え始めていて、その矢面に立っているのが、現役年長組の45歳から60歳です。ぎりぎり間に合う今の段階で、これまで当たり前だったことを一旦リセットし、発想や行動様式を切り替えなければ生き抜いていけません。

 

 

3411.jpg

3422.jpg

 

たとえ今後理不尽な現実が現れても、それに向き合い、いかようにも柔軟に対応していけるのは女性のようです。男社会の中で揉まれ、結婚したらたいていは名字を変え、子供ができたら仕事をうまく調整したりと、環境への変化対応力を女性は身に付けています。

 

 それに対し、男性は硬直的です。同期の中で早く昇進して偉くなれば良い人生が送れるといった単線的な生き方をしてきた人が多いためか、目の前の不都合な現実を直視しようとしない傾向があります。今までは良かったことが前途を塞ぐ壁になってしまいます。

 

3つの潮流が社会を本格的に変えていくことを考えると、少なくとも「75歳まで働いて95歳まで生きる」のを前提に、これからの人生を再設計しなければなりません。女性であれば100歳まで生きることも視野に入れておいたほうがいいでしょう。

 

そのためには、お金、健康、人間関係など、すべての面で「学び直し」が必要になります。違和感を唱える女性の感覚で言えば、学び直しというよりも「新たな学び」です。新たに学ぼうとした時には過去の発想を捨てて臨む女性の生き抜いていく力を見習うことが肝要だと思います。

■右肩上がりに生きる

45歳から60歳は、人生の分水嶺に当たります。気づいたら前半人生は終わり、後半人生が始まっています。昇進適齢期は過ぎ、組織の山を上がるのか下りるのかも見えています。

 

体力は落ちてくるし、経済的な不安もあるし、パートナーとの関係も微妙になりがちだし、人付き合いにも疲れてきます。それに子供の教育の総仕上げ、更に親の介護も。これでもかと、さまざまな問題に直面します。

 

でもこの怒涛の時期の過ごし方が後半人生を豊かにするか否かを決めます。ここは苦しくても、現実から目を背けず、今置かれている立場を掴むことが大事です。

 

そのために “端” に立つ。つまり視ている座標=「視座」を変えることで、自分の立ち位置を掴み、客観的に近未来に向かって自分のこれからを見渡します。

 

そうすると、現実の世界が見えてきます。全部とらえられなくても、視えている分野=「視野」は拡がっています。そして次に大事なのが、視ている観点=「視点」です。

 

 

332.jpg

 

「視点をどこに定めるか?」は人生の方向性を決めるうえで重要です。それにより、価値観や信条、働き方や生き方、人間関係のありかたが変容していきます。

 

そこで、次の言葉を自問自答してみてください。

自分がやりたい大事なことは何だろう? 自分にとって大切な人は誰だろう?

 

331.jpg

何をしたいのか、そのためのパートナーは誰かを思い、長い視点で自分の道を考えます。その際のポイントが「判断基準」「時代背景」「キャリア観」「三種の神器」です。

 

 

333.jpg

 

「山を下りる」「次の山を描く」「気分は右肩上がり」が鍵です。今この時期だからこそ考えてみてください。