■第二創業が求められる時代

さまざまな不具合が起こり、困難が待ち受ける中で、日本という船が座礁せず航行するには、船そのものを作り直さなければならない時期に来ています。乗組員の平均年齢も、前回の東京五輪では20代後半でしたが、今ではほぼ50歳です。

 

人生の長期化による「高齢者の更なる高齢化」、少子化による「現役世代人口の縮小」が進み、どうやって乗組員の生活と安全を確保していけばいいのか。それに、自国ファーストの旗を高く掲げる米国と中国という巨大な船の間に挟まれて難しい舵取りも求められます。

 

 

38111111.jpg

 

企業や社団法人も同じです。これまでのビジネスモデルや仕組みが通用しなくなり、第二創業の時期に差し掛かっています。創業後の存続率は、1年後60%、3年後35%、5年後15%、10年後5%。なんと20年後は0.3%、30年後は0.025%です。

 

組織30年説も納得できるし、30年以上の組織は大したもの。現在の組織を立ち上げて、ここまで存続させてきた先達に敬意を表すると共に、ここは創業時の志に立ち返り、断固とした意志と明快な戦略を持って、第二創業しなければなりません。

 

今は存続か衰亡かの分岐点です。問題の先送りをする余裕は、日本にも、組織(企業、社団法人)にもありません。消えて無くなくなってから新しく組織を設立するのは大変困難なことです。体力が残っているうちに「果断」に対処するのが鉄則です。

 

 

3822222.jpg

 

1.対象者
まず、「自分達は誰を相手にするのか?」を真剣に考えなくてはなりません。時代が大きく変わってきている今、過去の相手を追いかけても意味はありません。目を向けるべきなのは、現在、そしてこれからの相手です。

 

2.視座と視点
そして、その相手から自分達を見る「視座」(視る座標)と「視点」(視る観点)を持てば、原因の輪郭が見えてきます。一番のキーワードは、「相手が欲しているニーズに応えているか?」ということです。これがうまくいっていない原因の中核なのです。

 

3.ニーズ
では、「相手の欲しているニーズは何なのか?」ですが、それは時代環境が作ります。そのため、現在、そしてこれからの時代を読み取れば、ニーズはあぶり出されてきます。相手の真のニーズを掴んだら、それに応えていくだけです。

 

原因は組織に、組織を構成する自分達自身にあるということをしっかり認識できれば、打開策を見出すことは可能となります。あとは決断と実行あるのみです。

 

ところがどんな組織においても、それを阻む「壁」が必ず現れます。「わざわざ第二創業するメリットなんて自分には感じられない」「組織が無くなっても仕方がない、このままでいいんじゃないか」「自分は逃げ切れる」と本心では思っている人達です。

 

第二創業を成功させる最後のキーワードは「果断」です。果断とは、「総論賛成、各論反対」とか「反対はしないが、積極的に進めようとしない」人達に左右されず、一気呵成に進めることです。時間と労力を「一点突破、全面展開」に注ぎます。

 

トップリーダー達が果断に進めれば、賛同者は自然に増えていきます。2割が積極的に動けば、全面展開が達成できます。でも逆に、時間を費やしているうちに、2割の反対者が出て来ると、第二創業は頓挫し、組織は衰亡へ向かって一直線です。

 

当社も、第二創業期に差し掛かった企業や社団法人から、講演やコンサルを依頼されますが、「打開策を見出し、錦の御旗を掲げて果断に進めると、壁はいつの間にか積極的な賛同者に豹変している」のです。果断の凄みを実感させられます。 

■求められる能力が大きく変わる

2020年から大学入試制度が大きく変わります。未来を見据えて、教育の大改革が始まるのですが、既にそれを先取りしたような入試問題を出した大学もあります。

 

例えば、「宇宙人に、地球が国単位で暮らす理由を説明せよ」という小論文です。答えることができますか? 国とは何かという定義を知っていて、そのうえで人間の集団性や社会性についての本質を考える力がなければ答えられないでしょう。

 

他には、「もし、地球が東から西に自転していたとしたら、世界は現状とどのように異なっていたと考えられるか、いくつかの観点から考察せよ」という入試問題も。西から東へという自転の“定義”をひっくり返した設問です。

 

このように、学校の授業で習った知識をそのまま再現するだけでは対応できないような問題が、2020年の大学入試から出題されるようになるのです。

 

それは中学校にも波及し、「ドラえもんが生物と言えないのはなぜか?」という入試問題が出されました。一つの解答例は、「生物の前提は子孫を残せることなので生殖機能のないドラえもんは生物とは言えない」、というものです。単純に、「ロボットだから」では不十分なのです。

 

大学入試制度が変わる背景にあるのは、「教育そのものの変革」の必要性です。

 

 

371111.jpg

 

設問の□を埋めてみてください。どうですか? 設問(1)「107」、設問(2)「18」です。

 

人生100年に向かうだけでなく、22世紀に届くのですから驚きです。「百歳時代なんて未来の話でしょ」とのん気なことは言ってられません。この現実に真っ向から向き合っていかなければ、子供世代の足を引っ張る存在になってしまいます。

 

人生100年を視野に入れると、私たちの上の世代が築いてきた「20年学ぶ、40年働く、20年の老後」という人生80年モデルはもはや時代遅れの産物です。

 

これからどんな社会になっていくのでしょうか? AI(人工知能)がどんどん進化して、社会のあらゆる分野に進出していることは間違いありません。現在ある職業の相当数がAIに取って代わられる、とも言われています。

 

グローバル化もますます進み、国籍や民族、宗教や慣習などバックボーンが異なる人たちが、多様性を認め合い、それぞれの強みを主体的に生かしながら、協働・連携・競争していく社会になっているでしょう。働く場は国外も当たり前です。

 

国内では少子化による現役減少、高齢者の高齢化による長生きリスク、社会保障費の膨張、国の借金、国防の危機、地震や災害の対策など、現在山積している問題が深刻化していきます。どれも正解がないか、正解が一つではない問題です。

 

求められるのは、社会がどう変わろうと生き抜ける資質・能力です。そのためにも、人間だからこそ持ち得る「思考力・判断力・表現力」と「主体性・多様性・協働性」を学ばなければなりません。それがあっての楽観と自信が社会を明るくします。

 

こういった時代背景や問題意識を持って、教育の大改革が始まります。

 

 

373.jpg

 

「学力」が再定義され、「学力が高い」という意味にパラダイムシフトが起こります。

 

従来の「第一の学力」(より多く覚えてより早く解く、より多くの技能を体得する)に、「第二の学力」と「第三の学力」を加え、三つ揃った人が「学力が高い人」です。

 

第二の学力=正解がないか正解が一つではない問題を解決する思考力・判断力、それを言葉や文章にする表現力、見出した最適解を正解にしていく自信と勇気
第三の学力=自分のやりたいことで社会の役に立つ主体性、他者を受容する多様性、共感しながら成果を挙げる協働性

 

では私たち大人世代はどうすればいいのか? 子供たちに先行して、三つの学力を学び直すことです。知識・スキルの刷新。自立自尊力の蘇生。受容力と共感力を磨く。人生シナリオの描き方、自分の人生は自分で決めることを新たに学びます。

 

私たち大人世代には、学び直しで自ら変革し、子供世代のコーチ役やメンター役になる責務があります。それを生業とする私たち同世代の教師は尚更です。 

 

■明治150年を迎える

新年おめでとうございます。今年は明治元年から150年、歴史の節目です。悲観から楽観へと転じるスターティングポイントにしたいものです。それにポスト2020まで残り2年、これからのThink & Actionが私たち一人ひとりの将来を決めると思います。

 

さて今年の正月は、お屠蘇を飲みながら箱根駅伝を最初から最後まで観戦。青山学院が復路の1区目に演じた逆転劇は鮮やかでした。他大学が対青学に照準を当てる中での戦略的な勝ちっぷりに、これまでとはひと味違った感慨に浸りました。

 

元ビジネスパーソンの眼に旧態依然と映った陸上界。独自の手法をぶつけ、変革してきた原晋監督。2004年に就任し、33年振りに箱根に復帰した2009年は22位に終わりましたが、その後着実に力をつけ、2015年に初制覇。それからの4連覇です。

 

改めて学ばせてもらったのは、折り返し地点からの思いっきりの良い切り替えと襷(たすき)をつなげ続けることの大切さです。それは私たちの人生も同じです。 

 

 

36.jpg

 

動機には、自分の内側から湧いてくる「内的動機」(楽しさ、面白さなど)と外側から刺激を受ける「外的動機」(昇進、給料など)があります。社会人になり、20代、30代と年齢を重ねるにつれて内的動機から外的動機に向かう傾向にあります。

 

そして多くのビジネスパーソンは40代後半から50代前半にピークを迎え、目標喪失に陥りがちです。折り返し地点からは下り坂なので、これまでの足し算=積み上げの発想ではパフォーマンスを継続するどころか怪我を招いてしまいます。

 

引き算=積み下ろしへ思いきって転換することが将来を作ります。幸運にも時代も転換期。寿命革命(人生100年時代)、IT革命(AIとロボット)、グローバリゼーション(国境なき競争)が本格化するなか、新しい時代に合わせた学び直しが必要です。

 

学び直しをして、これまで積み上げて絡みついたものを削ぎ落として、社会人になった頃のワクワク感を取り戻します。内的動機が自分の中に蘇ってくれば、底力が出てきます。革新的な取組みをしていけば、山のふもと、次の山が見えてきます。

 

原監督も昨年4月から早大大学院スポーツ科学研究科で学び直しをして、次のステージへ向かおうとしています。そのため不在が多くなりましたが、かえって選手に真の自主性が生まれ、勝つための方程式が見えたのではないでしょうか。