■NOW or NEVER(ナウ・オア・ネバ―)

「働き方改革」が待ったなしの状態になってきました。誰もが、長時間労働から短時間で成果を出す働き方へのシフトが求められているのです。シンプルな表現をすれば、一人ひとりの「生産性」を上げろということです。

 

この生産性を算出する方法は次の通りです。

 

423333.jpg

 

生産性を上げる方法は上記2つですが、アウトプットを増やす(成果をもっと上げる)よりも、インプットを減らすほうが簡単です。そのため、多くの企業ではインプットを減らすことに目を向けます。

 

インプットを減らすには次の2つの方法があります。

 

(1)短時間で行う
1つ目は「労働時間の削減」という正攻法です。効率良く働くということです。

 

(2)リストラを行う
2つ目は「正社員の解雇」という劇薬的な方法です。例えば、生産性の低い「働かないオジサン」を解雇すれば、インプットは劇的に減らせます。

 

この働かないオジサンが、しかも大量採用した世代のなかにどんどん増えていて、この問題をどう解決するのか、大手企業とって最重要な経営課題の一つです。

 

 40代後半で「もうこれ以上出世できない」と気付いたり、50代で「先行きが完全に見えた」と落ち込んで、多くの人が生産性の上がらない社員になっているのです。

 

でもこれは、低成長でポストが足りない、窓際族として処遇する余裕もない、中高年の転職は活性化していないなど、会社側や労働市場側の問題でもあるのですが、リストラ対象となったら深刻な打撃を受けるのは本人自身です。

 

そうならないためには、長期の視点で60歳からの『第二ピラミッド』を構想し、『第一ピラミッド』(現在の会社員生活)を下りる意義を見出せばいいのですが、どうしても現状を受け入れられず、そのため打開策も見えないのが実態です。

 

そうやってモヤモヤ感や不安を抱えたり、戸惑っているうちに、上司や下の世代から「ち、使えないぜ!」となじられる社員になっていくのです。

 

しかも50代や40代後半は、バブルも失われた20年も経験し、色んな働き方をしてきたのに、この年齢になって働き方改革と言われても、勘弁してよという感じです。

 

 

42111.jpg

 

でも人生は長丁場となり、これからが本チャンです。合言葉は「NOW or NEVER」(ナウ・オア・ネバ―)。良き人生へ意識を向け、今から3つの歯車を回します。

 

42222.jpg

「NOW or NEVER」は「今やらないと永遠にできない」という意味ですが、嵐の53枚目ニューシングル「Doors、勇気の軌跡」のカップリング曲の題名にもなっています。

 

「今構想しないと残りの人生ずっと後悔することになるよ。今やらずにいつやるんだい? 今しかないぜ」「ああはないたくないから、ああなりたい存在になってやろうぜ」といった激励の言葉を乗せた軽快なリズムが聞こえて来ます。 

 

3つの歯車については、次回に。

■良き人生を生きる(2/2)

私たちの前に、2つの関門があります。しかし私たちの多くには、その存在が見えていません。「65歳の壁」と「75歳の壁」です。

 

 

410000000009.jpg

まず、「65歳の壁」の存在をイメージして、突破する準備をするか、それともしないか。ここで、良き人生へ進めるかどうか、ふるい分けられます。

 

411111.jpg

 

「65歳の壁」をイメージできず、今まで通りにやっていると、知らず知らずのうちに、上記オセロのような人生になってしまいます。

 

第一の関門「65歳の壁」を突破する方法は、次の通りです。

 

45歳から60歳の過ごし方
(1) これまでの人生の棚卸しをし、肯定することでけじめをつける。
(2) 自分の持っている起業精神やお役立ち精神を掘り起こして、『第一ピラミッド』(現在の会社員生活)を下り切る。

(3)市場が求めているものを提供する力を身に付けながら、『第二ピラミッド』(二つ目の人生)を構想する。

 

人生の儀式(通過儀礼)

60歳で「組織の扉」を自ら閉じ、「自由の扉」を開ける。そして二つ目の人生に入る。

 

60歳からは、一個人の肩書と自分のシナリオで動きます。そして三種の神器=経済力・健康力・交流力を磨いて、三大不安=お金・病気・孤立を払しょくします。

 

412222.jpg

413333.jpg

 

「あなたは何歳まで生きると考えていますか?」と聞くと、たいていの人は「平均寿命くらい」と答えますが、それではダメ。現在50歳の男性なら、平均寿命の81歳になるのは31年後、87歳になるのは37年後です。時間軸が抜け落ちています。

 

平均寿命の年齢になる頃には、寿命は随分と伸びていて、ゴールはもっと先です。時間軸を無視すれば、完走できません。げんに戦前・戦中世代の多くは、健康力が途中で尽きてしまって、10年前後の医療・介助生活になっています。 

 

2000年からWHOは、健康寿命の考え方を提唱し、警鐘を鳴らしています。健康寿命は「医療・介助を必要とせず、自力で過ごせる期間」ですが、日本の男性は71歳、女性は74歳。これは30数年前の平均寿命です。

 

生き長らえさせる方法(延命治療の技術)は進化していますが、自力で完走させる方法(ピンピンコロリの技術)は未完成です。そのため「75歳の壁」はいまだにクリアできていません。

 

第二の関門「75歳の壁」を突破する方法は、健康力ワンランクアップです。

 

天敵「認知症と糖尿病」の攻略
認知症は別名「脳の糖尿病」と呼ばれ、血糖値がポイント。血糖値を制すれば、糖尿病も認知症も、そしてすべての生活習慣病を制することができる。

 

長くなった人生を完走する新・健康戦略
寿命が伸び、従来の健康・医学常識が通用しない。医者だって自分の健康寿命を伸ばせない。健康寿命を毎年、自力で1年更新する新・健康戦略を持つ。

 

詳しくは、ブログ【健康豆知識】を参照ください。

 

414444.jpg

415555.jpg

 

3つの問いに、このように答えています。

 

1. GOALまで自力で完走した
自分の寿命は健康寿命とイコールで、医療や介助の生活とは無縁。その面では周りに迷惑をかけなかった。穏やかにポックリと、あの世に逝きます。

 

2. 自分のやりたいことはやった
一身二生と二天一流を目指した。複業(複線の複)や福業(幸福の福)にもチャレンジした。時代の転換期に直面し、世の中の変わりようを楽しんだ。

 

3. 「いい人生だった!」と思う

パートナーに恵まれた。葛藤や軋轢も多かったが、愉しい思い出だ。周りに負荷をかけてはきたが、それでもそれぞれのステージで、自分の役割を懸命に果たした。わが人生に乾杯。感謝あるのみ。ありがとう!

 

私も、こういう人生を歩みたいと思っています。いかがでしょうか。

■良き人生を生きる(1/2)

あなたは人生のゴール時点で、次の3つの問いに答える自信がありますか? 

 

40111111.jpg

 

少し前まで、人生のレールがありました。男性は、受験、新卒での就職、結婚して子供を持ち、定年までがむしゃらに働く。女性は、結婚後は家庭に入り、子供を育てつつ、定年まで夫をサポートする。定年後は共に、余暇を過ごす。

 

「20年学び、40年働いて、その後10年休む」というレールは、寿命が急速に伸びたため、廃線になってしまいました。もう私たちの前には人生のモデルはありませんが、上記の「3つの問い」は、いつの時代であっても不滅です。

 

 「終わり良ければすべて良し」の格言が教えるように、良し悪しは最期にどう思うか次第。「良かった!」のひと言で、これまでの人生はすべて満足と幸福になります。そうあるために、3つの問いに答えられる人生を今から作ればいいのです。

 

まず全体像を掴むため、人生をオセロになぞらえてみます。100歳時代への移行期を生きる私たちの人生は90年プラスαなので、折り返し地点の45歳から10年単位で、良いと思えば「白」、悪いと思えば「黒」の駒とします。 

 

 

4066666.jpg

スタート時の45歳から10年間を振り返ります。現在50歳であっても、55歳の自分を想像ください。どうやら最初の駒に黒を指せば、次も黒になりそうな気配です。

 

 

4077777.jpg

巻き返して2つ目を白としても、3つ目に黒を指せば、すべて黒になってしまいます。

 

 

408888.jpg

最初の駒に白を指すのがポイントです。気分良く白を指すためには、スタート地点までの自分棚卸しをして、「それなりに良かった」と肯定し、ひとつ前に白の駒を置いておくことが決め手です。スタートを切れる環境を整えることから始まります。

 

そして長い視点で自分の道をイメージします。人生全体でキャリアプランを考え、人生を乗り切るための経済力・健康力・交流力を学び直します。 

 

ー次回に続くー