■女性がいつまでも輝くために

男女雇用機会均等法が1986年に施行され、オフィスの風景は様変わりしました。コピー取りやお茶くみが女性の仕事とされた時代は過ぎ去り、寿退社という言葉も聞かなくなりました。

 

そして、あれから32年。もうすぐ「定年女子」が誕生します。定年退職というと、男性の専売特許でしたが、均等法施行年に就職した4大卒女性も50代半ば。定年女子がかつてない規模で誕生するのは、日本のビジネス界で初めてのことです。

 

ところで、時代の転換期に向き合っている彼女たちは、これからのライフプランをどのように描いているのでしょうか。この描き方次第で、60歳からの人生をプレミアムタイムにできるかどうかが決まります。

 

p510001.jpg
p510003.jpg

「定年女子は再就職先がなかなか決まらない」ことが予測されています。その理由として、例えば次のようなことが挙げられます。

 

1.ロールモデルがない
男性と違って、定年退職後の女性モデルがいない。そのような先輩や知人がいないので相談できない。自分の将来像が見えないためか、男性中心の企業文化に辟易したのか、65歳までの再雇用制度を利用するのも男性の6割程度にとどまる。

 

2.オールド・ボーイズ・ネットワークから外されている
男性メンバーの間で暗黙のうちに築かれている非公式な人間関係で、社内派閥・飲み仲間や業界の勉強会等々。男性がこういった人脈を通じて情報交換したり、仕事を斡旋してもらうのに対し、女性はこのネットワークから外されているので再就職先を見つけにくい。

 

でも女性はたくましいのです。定年を待たずに、“65歳以降も働ける会社” にさっさと転職するとか、“起業” に踏み切る人が増えています。起業の場合、子育てや介護といった生活ニーズに根差した「生活関連サービス」や、前職で身に付けたスキルを生かした「教育分野」が多いようです。

 

それに、女性起業家の8割が個人事業主。手元資金の範囲で開業、男性のように格好つけたり、グズグズしないのが強みです。大きなリスクを背負わない分、それだけ収入も少ないのですが、これからの長い人生を考えたり、生涯現役を視野に入れるのであれば、年金以外に10万円確保すれば十分。堅実で計画的です。

 

大事なのは、いかに長く稼ぐか。しかも働き方は融通無碍に、できれば生涯現役を目指す。それに、稼ぐという意識と行動が「体と脳の耐久力」を高めて、健康寿命をしっかり引っ張り上げるので一挙両得です。 

 

女性の皆さん、40代や、50代の早いうちに、これからのライフプランを大胆に描くことをお勧めします。

■人生の幸福度を積立てる

人生の幸福度は何によって決まるのだろう。

 

何かを得ることに一所懸命な30代や40代までであれば、収入や地位、パートナーや家庭によって幸福度は左右されがちです。

 

とくに男性の場合は、同窓会に出ると、どの会社で働いていて、どんな役職についていて、いくらもらっているか、そういったことを比較して、自分の幸福度を推し量る傾向があります。

 

でもリタイアして、同窓会や会社OB会に出ると、話題は昔話か近況、とりわけ健康問題で持ち切りです。ある程度健康だから顔を出しているので、「誰が病に伏せっている」とか、「もう入院して何年にもなる」とか、そんな話で盛り上がるようです。

 

医療技術が発達した現代では、あらゆる延命措置がとられるため、そう簡単にコロリと死ぬことはできません。「太く短く生きてこそ男ぞ」ということが何とか通用したのは、人生そのものが短かった昔の話。時代感覚を持たなければなりません。

 

この人生100年時代、健康格差がどんどん拡がっていて、75歳の健康寿命を超えると、“2割の健康上流者” と “8割の下流者” に分れていきます。

 

70代後半、80代、90代における健康度が人生の幸福度を決めるとなれば、40代や50代のうちから、長期戦略で、将来の健康を今から積立てることも必要です。

 

m43.jpg

健康に気を使わなくても大丈夫なのは30代まで。40歳を過ぎているのに、そのまま気を使わず、成り行きに任せていると、体と脳の耐久力が急速に低下し、老いと病の「助走」(40代、50代、60代前半)を経て「発症」(60代後半、70代前半)、そして「医療・介助の生活」(70代後半以降)へ一直線です。

 

そこで、今のうちから始めたほうが良いのが “健康貯金” をして健康寿命を積立てることです。 がん・心臓病・脳卒中の3大疾病も、急増している認知症も、自らの生活習慣が引き起こす病です。生活習慣を変えることで健康寿命は大きく違ってきます。

 

塵も積もれば山となる。最新科学に基づくシンプルな習慣を取り入れて、健康寿命を20年積立てることが、わが人生の健康経営の基本です。意識と行動を変えれば、充実人生の基盤となる健康寿命を大きく伸ばせるのです。

■先のことは分からないでは済まさ...

国が2040年までに、健康寿命=「周囲の介助なく生活できる期間」を3年伸ばす方針を固めました。最新データ(2016年)の健康寿命は、男性72.14歳/女性74.79歳で、平均寿命との間に、男性8.84年/女性12.35年の差があります。

 

この差は、“医療・介助の期間” で、この期間に使われる医療・介護費がどんどん膨れ上がっていて、このままでは国は持たない。そのため、団塊ジュニア世代が65歳以上になって高齢者数がピークになる2040年までに、健康寿命を3年伸ばして、要介護期間を縮小させようとしています。

 

でも、おかしいと思いませんか。健康寿命を3年伸ばしても、平均寿命はそれ以上に伸びるので、その差は縮まるどころか、逆に拡がってしまいます。

 

p4900003.jpg

私たち中年世代は、「生まれてから何年生きるか」の平均寿命ではなく、「これから何年生きるか」の平均余命で考えるべきです。その観点では、現在でも、65歳まで生きれば(病弱の人も含めて)、女性の2人に1人、男性の4人に1人が90歳以上生きます。

 

それに2040年は22年後のこと。人生100年時代の中で、男性は95歳/女性は98歳まで生きても不思議ではありません。そうすると、健康寿命との差は20年となり、人生のラスト20年を、例えば認知症や寝たきりといった要介護状態になって、不本意に終えることになってしまいかねません。

 

「それはあくまで平均であって、自分はそうならない」と言う人もいますが、それではリスクマネジメント失格です。ポックリ死ねたらいいですが、医療技術や延命治療がますます進化して、そう簡単には死なせてくれません。

 

誰もが、「健康寿命+20年」をわが人生の達成課題として本気で取組まなければならないのです。当社も新たな取組みとして、この解決方法の一つを提示したいと考え、準備を進めています。