■桑寿から始まる人生後半戦(2/2)

私たちの前に立ちはだかっている、「55歳の壁」「65歳の壁」「75歳の壁」をどうやって突破していくか?

 

■55歳の壁、65歳の壁=職業寿命
(1)75歳まで、あるいはそれ以上長く働きたいと思うのであれば、定年後に再雇用制度を利用すると、旬を過ぎてしまい、その後の選択肢が狭まり、リスクが高くなります。例えば65歳から別の仕事を探そうとしても、それまで不本意に過ごしてきた人を採用するほど、現実は甘くはありません。

 

(2)桑寿を迎えたら、これからは二度目の人生です。仕事人生も二度目と思って、働き方や仕事観をまるで変えてみます。フリーランサーの意識で働くとか、社内副業や兼業を始めるとか、好きな仕事に転職するとか、起業の準備を進めるとか、あるいは今の会社で役員になるとか、そういう見極めのある準備を行いながら、55歳の壁を乗り越えます。

 

(3)60歳までに、次の65歳の壁を突破する道筋を作り上げるのです。特に大手企業では、たとえ役員になっても75歳までは働けません。75歳、あるいはそれ以上働ける仕事観、スキル・能力を身に付け、長く働ける職場を見出して、65歳の壁を一気に乗り越えます。そうすると、この壁は思っているより案外低いはずです。

 

■75歳の壁=健康寿命
(1)健康寿命を伸ばす具体的な方法は『健康豆知識』に譲りますが、肝になる点があります。それは、健康寿命の足を引っ張っている三大疾患(がん・心臓業・脳卒中)や認知症といった生活習慣病は、20年以上の潜伏期間を経て発症する、つまり病気は発症の20年以上前から進行しているということです。

 

(2)そしてこれらの病気は、75歳前後に多く発症しているのが現実です。ということは、その20年以上前の桑寿を迎えた時から、健康リテラシーを学び、自分の習慣を見直し、積極的に防ぐことが、75歳の壁を乗り越える決め手になるということです。

 

ともあれざっくり言えば、現在の健康寿命は75歳、職業寿命は65歳です。そのため、「健康寿命を20年伸ばす」「職業寿命を10年伸ばす」ことが、私たちの前に現れた新たな課題です。

 

p590003.jpg

48歳の桑寿を機に、「健康寿命+20年、職業寿命+10年」を意識し、ゴールまで自力で完走する戦略を考えます。人生航路は想定以上に長くなっているので、戦略を持たなければ、途中で座礁してしまいます。

 

そして、戦略を考えたり、それを納得するまで深めるには、どうしても「学び直し」が必要となります。

 

「時代を掴む」「働く意味や生きる意味を自分に問いかける」「自分の経験や知識を他社でも通じるように一般化したり、学問体系的に検証して整理する」―― つまり、自分を活かし、気分良く生き抜いていくための学び直しです。学校の勉強ではありません。

 

独学で、仲間うちで、あるいはメンターを囲んで数人のメンバーで、この学び直しを行います。大事なのは「何を学んで、何を手に入れるか」ということです。時代観、人生観、仕事観、パートナーシップ、新しい仲間、家庭や職場以外の居場所、長く働ける職場、ITリテラシー、健康リテラシー・・・。

 

そうすると、自分の強み、三つの壁を突破する方法、自分を支援してくれるものが鮮明に見えてきます。こうなればシメタもの。55歳の壁は低くなり、それよりも65歳の壁は低くなり、そして75歳の壁はもっと低くなって見えるはずです。  

■桑寿から始まる人生後半戦(1/2)

「75歳まで働き、95歳まで生きる」人生となり、私たちミドル世代の前に「三つの壁」が出現しています。

 

1.55歳の壁
大手企業の半数以上が導入している役職定年。55歳前後で、管理職でなくなる年齢= “管理職寿命” を迎え、実質的な降格、賃金の低下に見舞われます。モチベーションが低下した状態で、定年までの5年前後を無為に過ごしてしまうとどうなるか・・・。

 

2.65歳の壁
そして、ほとんどの企業が60歳の定年以降、65歳まで1年毎に契約更新する再雇用制度を導入しています。8割の人がこの制度を利用していますが、これまた賃金は激減し、仕事は生活のため仕方なくとなれば、モチベーションは下がる一方。こんな状態を65歳まで続けてしまうとすれば、どうなってしまうか?怖いものがあります。さらに75歳まで働くとなれば、その後10年間どうするのか・・・。

 

3.75歳の壁
三つ目の壁が、健康でなくなる年齢= “健康寿命” 。現在の健康寿命はざっと75歳ですので、たとえ75歳まで一所懸命働き抜いたとしても、その後に待っているのが20年にわたる  “医療・介助の生活” では、何のための人生なのか・・・。

 

p5807.jpg

95歳人生では、48歳の桑寿が人生の折り返し地点、いわゆるピットポイントです。つまり、レーシングチームがピットに入って、タイヤ交換や燃料補給など、競技車両の整備を行って、後半レースに立ち向かうように、ここで立ち止まって、これまでの人生を棚卸しして、これからの人生シナリオを練り上げます。

 

この人生の儀式を行うかどうかで、後半人生の明暗が決まります。儀式のポイントは、私たちの前に、三つの壁が立ちはだかっていることを知り、これに立ち向かっていく意識を持つことです。そして、三つ目の壁を突破して、ゴールまで自力で完走するという意識を持つことです。

 

55歳の壁の次には、65歳の壁がある。そのまた次には75歳の壁がある。どうやって、三つの壁を突破していくか? 次のような考え方が有効ではないでしょうか。 

 

ーー次回2/2へーー 

■人生を経営する時代に

現在の「会社経営」は大変です。右肩上がりだった時代では、人口増加、経済の高成長と共に市場は自然に広がってくれるし、これまでの方程式を頼りに、拡大再生産をし続けていれば、売上も利益も順当に伸びました。

 

ところが人口減少、経済の低成長に転じた現在は、昇りのエスカレーターが突然、下りに変わったようなもの。しかも、AI化、グローバル競争、シニア社員の増加・・・。現状を知り、危機意識を持って、「市場開拓」(マーッケトをつくる)と「事業モデル構築」(稼ぐ仕組みをつくる)に懸命に取組んでいます。

 

でももっと大変なのは、私たち個々人の人生です。百歳時代を迎え、人生設計の前提条件がまるで変わっています。今後の伸びしろを組み込むと、40・50・60代の私たちミドル世代は95歳人生を生きることになります。

 

ところが、社会の制度や仕組みの基本設計は、“右肩上がり、70歳人生” の時代につくられたもの。とてもじゃないが、95歳人生とはマッチしません。

 

定年や年金支給開始年齢は、徐々に引き上げられてきていますが、いずれゼロベースで基本設計をやり直して、例えば、高齢者は75歳から、年金支給は75歳から、定年撤廃・・・などに切り替わるでしょう。しかしそれを待っていては人生航海で難破しかねません。

 

「75歳まで働き、95歳まで生きる」人生航路に舵を切り、わが人生を経営するという意識を持って、「市場開拓」(75歳まで働ける職場、職場以外の居場所をつくる)と「人生モデル構築」(長く稼ぐ力、長く生き抜いていく力をつくる)に取組むのが賢明です。

 

p57007.jpg

多くの人にとって、75歳まで今の会社や組織で働くことは見込めないはず。であれば、「リスクをとらない、守りに入る、先送りする」といったマイナス思考をサッパリ捨て、「意識を未来に向ける、今から準備すれば何とかなる、人生を二度楽しむ、自分を知る」という姿勢で、市場開拓と人生モデル構築に取り掛かることです。

 

その際に、ポイントとなるのは、次の2つです。
(1)自分の「やりたいこと」と「できること」の重なりを見つける。

(2)それは「価値あることか」、少しでも「世の中の問題解決につながるか」を考えてみる。

 

その上で、やらないことを決める。背伸びすれば可能な目標と計画をつくる。とにかくやってみる。PDCAを回す。あとは危機意識をバネにして、やり抜くだけです。

 

誰もが同じ時代環境の中で、自分なりの道を見出そうとしています。そんな時代の一員であることを受け入れ、自分のやりたい&できることを見出して、一歩踏み出す。「一点突破、全面展開」「継続は力なり」という言葉が後押ししてくれます。