■三大不安と向き合う(その1)

人生100年時代を実感できていないのか、自分が80代になった時の世の中とわが身の姿を想像できないのか、「65歳まで働いて、それからリタイア生活に。平均寿命(男性81歳/女性87歳)まで楽しく過ごせたらいいな」と考えている人が、50代や40代後半(昭和30年代後半・40年代前半生まれ)の中に多くいます。

 

これらミドル世代は、まだ新人に近かった頃にバブル景気を経験し、「24時間戦えますか」というエナジードリンクのCMよろしく、イケイケドンドンでやれた名残りがあるのか、のん気というか危機感の薄い人が多いようです。

 

p646.jpg

「人生長期化」「AI化」「グローバル化」の潮流がスピードを増し、今のあなたが想像しているものとはかけ離れた世の中に向かっています。このような変化の中を、これから40年以上生き抜いていかなければいけない。

 

とりわけ、「長く生きる」という本来であれば喜ばしい理由によって、75歳を超えて、「まさか、こんなはずではなかった!」と後悔する危険性が高い。そのため、男性95歳/女性100歳まで生きるという前提で、「お金」「健康」「人間関係」の三つをゼロベースで見直し、学び直していかなければなりません。

 

例えば75歳以降に、「お金が足りなくなる」「ボケたり寝こんだりする」「孤立してしまう」といった事態に陥れば、人生自体が辛いものになってしまいます。命は長らえるのに、お金も、健康も、人間関係も底をついたというのでは、あまりにも無残です。

 

そのようにならないためには、これからの時代に通用する最新の知識やモノサシ、価値観や人生観を学び、今のうちから三大不安の芽を摘んでいく必要があります。 

 

p642.jpg

でも三大不安のうち、「お金」についてはことさら深刻に考える必要はありません。ビジネスパーソンや公務員は自営業者と違って、厚生年金が死ぬまで支給されるし、勤め先によっては退職金や企業年金だってあります。

 

この公的年金制度は、支給開始年齢が引き上げられるとか、経済にスライドして少し減ることはあっても、破綻することはあり得ません。

 

 今のミドル世代までは65歳から支給されるとは思いますが、「95年人生/支給期間20年/支給開始は75歳から」に移行していくと予測される近未来の年金制度。ミドル世代もこれを先取りして動くのが賢明! 75歳まで働くことをお勧めします)

 

ともあれ、お金に関しては、65歳超えて、「子供の教育費がまだまだ掛かる」「住宅ローンが長く残っている」「家賃が掛かるがその分の貯えがない」「親や子供に金銭的に支援せざるを得ない」「金融機関の話に乗って投資に走る」「大病をして保険外治療をする」「夫(妻)の介護に保険外費用が掛かる」など、特段のことがない限り、心配することはありません。

 

でも更に突っ込んで、お金にまつわる不安をきれいに解消したいのであれば、75歳まで働くことを意識し、今から65歳以降の「収入」と「支出」をイメージすることです。この作業はそれほど難しくはなく、家庭を家族株式会社になぞらえて、資産と負債のリスト、月次の収支を作ってみればいいのです。 

 

p647.jpg 1.収入 

ポイントは、年金を貰いながら、できるだけ長く、せめて75歳までは働くことです。公的年金は「ねんきんネット」を見れば分かるし、退職金・企業年金があるのであれば会社に聞けば教えてくれます。肝心なことは、「75歳までは働く」ということ。年金「プラスα」のお金を稼ぐというのは、一定の収入を得るだけでなく、健康と人間関係の面でもプラスの効果があります。

 

社会的な生き物の人間にとって、働くというのは “社会脳” を維持するうえで一番の脳トレで認知症予防にもなるし、外に出かけるので運動にもなるし、新しい人間関係も築きやすいからです。

 

2.支出
ポイントは、医療費を最小限にして、人生を楽しむために多くを使えるようにすることです。そして支出を「(1)自分で金額をコントロールできる項目」「(2)あらかじめ金額がほぼ決められている項目」に分類し、「(1)食費・外食費、日用品・衣服費、娯楽費・交際費、光熱費・交通費」を削らないことが大切です。気持ちまでケチンボになり、人生を楽しめません。

 

その代わり、発想を切り換えて、「(2)各種会費、通信費、保険料、医療費、自動車・ガソリン代」を冷静に見直して不要だと判断すれば、思い切って無くしてしまいます。その筆頭が生命保険や医療保険などの保険料、次に自動車・ガソリン代です。

 

そして75歳以降、年金以外の収入が無くなるのであれば、尚更のこと、統計上70代半ばから急増する医療費を使う必要がないように、今から病気の予防に注力することが重要です。そうすれば年金の範囲内で十分やっていけます。

 

このように収入と支出、資産と負債を大まかに掴めば、普通にやっていればお金の面で破綻することは無いということが分かり、安心できます。あとは残りの「健康」「人間関係」の問題に集中して、取組んでいくことです。 

 

次回は「健康」について。

■後半戦を尻上がりに生きる

ひと昔前の人生70年時代は、定年を迎えたら、あとは悠々自適の余生でした。ところが現在は、21世紀に生まれた10代の若者は100歳まで生き、22世紀を自分の目で見るという人生100年時代。例えば余生を20年とすれば、「80歳まで働き、100歳まで生きる」人生となります。

 

技術革新は益々速くなり、AI化もどんどん進展し、昔取ったきねづかで一生安泰な仕事が得られた時代は遠い昔のこと。「教育、労働、余生」という従来の人生ステップも一般的ではなくなっていくでしょう。

 

そういった状況に向かうなか、10代の若者の親世代に当たる、40代・50代のミドルには、「75歳まで働き、95歳まで生きる」人生が待ち受けています。もはや60歳定年は、後半戦に入ってからの単なる通過点となり、その前に「55歳の壁」、そのあとに「65歳の壁」と「75歳の壁」が立ちはだかっています。

 

これら三つの壁をどう乗り越えるか?―― ミドル世代にとっての大きな課題です。でも、いずれにせよ75歳まで働くのなら、多様な選択肢があるうちに、自分に合う働き方を早いこと見つけ、働くことそのものを楽しみながら、悠然と55歳の壁・65歳の壁を乗り越えたいもの。そうしないと損!というものです。

 

そう思うのであれば、今の時点で、「65歳になった自分は何をしているか?」を想像してみることが大切です。

どのような職場で、どんな仲間と、どういったことをしているのだろうか?

それは自分のやりたいことで、少しは世の中に役立つことなのだろうか? 

稼ぎは? 年金支給はいつから? パートナーは? 納得しているのだろうか?

 

p6008.jpg

良い悪いは別にして、会社がキャリアの道筋を決めてくれる時代はもう終わっています.。ところが現在の制度や慣習は、もうすぐ時代遅れになる「65歳まで働く」人生に合わせたもの、これからの「75歳まで働く」人生には合っていません。

 

制度や慣習が整備され、大勢がシフトするのには時間が掛かります。でもまだ皆が動いていないからと、待っていては時代の渦に飲み込まれ、後半戦の人生航路に入った途端に座礁することだってあり得ます。

 

そうならないためにも、キャリアは自分で作るものという考え方に切り替え、40代・50代のうちに、「75歳まで稼げる」仕様に自分を作り替えることです。誰かの言う通りにすれば、皆と同じようにすれば何とかなった時代は終わったのです。

 

そして同時に、「95歳まで健康に生きる」仕様に作り替えることを意識しなければなりません。現在の “体と脳の耐久年数”(いわゆる健康寿命のこと) はざっと75年。たとえ75歳まで働くことができても、そのあとに待っているのが “医療・介助の生活” では、「何のための人生だったのか!」ということになってしまいます。

 

しかし体と脳の耐久年数を95年まで伸ばすのは至難の業。実現の決め手は、私たちを医療・介助の生活に引っ張り込む、20年以上かけて完成する認知症やさまざまな生活習慣病の芽を40代・50代の今のうちに摘んでしまうことです。

 

戦略と目標を持ち、やりたいこと&役立つことを意識して働きながら、95年仕様となる土台を築き上げ、75歳の壁を一気に突破。そのあとは1年更新で健康を作り、それを積上げて、95歳、あるいはそれ以上、人生を謳歌する。

 

このような尻上がり人生を目指しませんか。

■桑寿から始まる人生後半戦(2/2)

私たちの前に立ちはだかっている、「55歳の壁」「65歳の壁」「75歳の壁」をどうやって突破していくか?

 

■55歳の壁、65歳の壁=職業寿命
(1)75歳まで、あるいはそれ以上長く働きたいと思うのであれば、定年後に再雇用制度を利用すると、旬を過ぎてしまい、その後の選択肢が狭まり、リスクが高くなります。例えば65歳から別の仕事を探そうとしても、それまで不本意に過ごしてきた人を採用するほど、現実は甘くはありません。

 

(2)桑寿を迎えたら、これからは二度目の人生です。仕事人生も二度目と思って、働き方や仕事観をまるで変えてみます。フリーランサーの意識で働くとか、社内副業や兼業を始めるとか、好きな仕事に転職するとか、起業の準備を進めるとか、あるいは今の会社で役員になるとか、そういう見極めのある準備を行いながら、55歳の壁を乗り越えます。

 

(3)60歳までに、次の65歳の壁を突破する道筋を作り上げるのです。特に大手企業では、たとえ役員になっても75歳までは働けません。75歳、あるいはそれ以上働ける仕事観、スキル・能力を身に付け、長く働ける職場を見出して、65歳の壁を一気に乗り越えます。そうすると、この壁は思っているより案外低いはずです。

 

■75歳の壁=健康寿命
(1)健康寿命を伸ばす具体的な方法は『健康豆知識』に譲りますが、肝になる点があります。それは、健康寿命の足を引っ張っている三大疾患(がん・心臓業・脳卒中)や認知症といった生活習慣病は、20年以上の潜伏期間を経て発症する、つまり病気は発症の20年以上前から進行しているということです。

 

(2)そしてこれらの病気は、75歳前後に多く発症しているのが現実です。ということは、その20年以上前の桑寿を迎えた時から、健康リテラシーを学び、自分の習慣を見直し、積極的に防ぐことが、75歳の壁を乗り越える決め手になるということです。

 

ともあれざっくり言えば、現在の健康寿命は75歳、職業寿命は65歳です。そのため、「健康寿命を20年伸ばす」「職業寿命を10年伸ばす」ことが、私たちの前に現れた新たな課題です。

 

p590003.jpg

48歳の桑寿を機に、「健康寿命+20年、職業寿命+10年」を意識し、ゴールまで自力で完走する戦略を考えます。人生航路は想定以上に長くなっているので、戦略を持たなければ、途中で座礁してしまいます。

 

そして、戦略を考えたり、それを納得するまで深めるには、どうしても「学び直し」が必要となります。

 

「時代を掴む」「働く意味や生きる意味を自分に問いかける」「自分の経験や知識を他社でも通じるように一般化したり、学問体系的に検証して整理する」―― つまり、自分を活かし、気分良く生き抜いていくための学び直しです。学校の勉強ではありません。

 

独学で、仲間うちで、あるいはメンターを囲んで数人のメンバーで、この学び直しを行います。大事なのは「何を学んで、何を手に入れるか」ということです。時代観、人生観、仕事観、パートナーシップ、新しい仲間、家庭や職場以外の居場所、長く働ける職場、ITリテラシー、健康リテラシー・・・。

 

そうすると、自分の強み、三つの壁を突破する方法、自分を支援してくれるものが鮮明に見えてきます。こうなればシメタもの。55歳の壁は低くなり、それよりも65歳の壁は低くなり、そして75歳の壁はもっと低くなって見えるはずです。