■楽観と自信を持とう(その2)

新年おめでとうございます。本年もよろしくお付き合いください。

平成の時代は30年前の本日から始まりました。そして今年、改元され、新しい時代が始まります。

 

元旦の新聞各紙は、年頭所感として、米中が長期の対立局面に入ったことや朝鮮半島の反日化を危惧していますが、日本および日本人の将来について、このように言っています。

 

朝日 「個人の生き方が新時代を左右――平成の始まり、30年前の日本はバブルの絶頂だった。当時、この国の現在を誰が見通していただろう。その中で確実に予測できていたことがある。少子高齢化と人口減少だ。でも有効な手は打たれなかった。では、今から30年先の未来を予想して手を打つことはできるだろうか」

 

読売 「新時代に適した財政・社会保障に――長寿化で給付の受け手が増え、支え手が減った以上、負担と給付のバランスを取り戻すべきだ。痛みは伴うが、将来世代へのツケを軽くできる」

 

日経 「Tech2050 新幸福論――テクノロジーの進歩が速度を増し、人類は2050年に肉体や能力の限界を超える。幸福のあり方も根底から覆る未来。岐路に立つ人類は新たな価値観を創り出すときに来ている」

 

毎日 「未来へつなぐ責任――日本の未来。それは猛スピードで進む超高齢化と若者の数の激減で、老い、縮小していく未来である。でも過去と切り離して、現在があるのではない。過去の世代が何をなしたか、あとの世代の生き方も運命づけられる。日本で今年生まれた赤ちゃんの半分以上は、22世紀の世界を見るだろう。私達には、世代を超えた重い責任がある」(毎日)

 

産経 「さらば、敗北の時代よ――30年前、世界の上位50社(時価総額)中、日本企業が32社を占めていたなんて若い人には想像もできないだろう。今や50社に食い込んでいるのはトヨタのみだ。人口も10年前をピークに減り続け、増えているのは国債という名の借金のヤマだけだ。まもなく迎える新しい時代は、明治から大正、大正から昭和、昭和から平成に御代替わりしたときのように、予測不能の時代に突入することだろう。そんな激動期に、我々はどうすればいいのか」(産経) 

 

各紙に共通しているのは、人生の長期化と働き手人口の減少という大波が押し寄せる中、今年5月1日改元後の新しい時代を見据えて、「世の中の流れを読んで、価値観や生き方を変える必要がある。変わらないことがリスクになる時代になった」ということです。

 

そして、このような時代では、「持つ必要のない悲観」(否定的な考え方、ネガティブ感情)を手放し、「自信に裏付けられた楽観」(肯定的な考え方、ポジティブ感情)を持つ。軽快に、晴れ晴れとした気持ちで人生航海を進めていくことが重要です。

 

p6811.jpg

「自信に裏付けられた楽観」を持つためには、「(1)人生の羅針盤を持つ」「(2)人生航路の変化を楽しむ」「(3)今日の幸せを感じる」ことがキーポイントになります。

 

p6822.jpg

激動の時代という荒波を生き抜いていける「羅針盤」(コンパス、人生の軸)を持ち、人生も社会制度も再設計が求められているという流れにいち早く乗り、今日一日の航海を楽しむという姿勢が大切だと思います。

 

(その3に続く) 

■楽観と自信を持とう(その1)

私達の中には「二人の自分」がいます。「楽観的な自分」と「悲観的な自分」です。ある時には「楽観的な自分」になったり、またある時には「悲観的な自分」になったりと、二人の自分を行ったり来たりしています。

 

「楽観的な自分」だけの人も、「悲観的な自分」だけの人もいません。誰の中にも二人の自分がいます。

 

p667711.jpg

しかし、取り巻く環境が ≪ネガティブ感情≫(否定的な気持ち)を増幅させ、私達の中に、「悲観的な自分二人」と「楽観的な自分一人」がいるような感じです。

 

p667722.jpg

けれども「悲観的な自分」を全面否定する必要はありません。例えば、「寂しさ、孤独を感じて悲観的になる自分」は、他者と過ごすことと一人で過ごすこと、この2つのバランスが一番良いところは、今の自分にとってどこかを考えるきっかけになります。

 

また、「モヤモヤして悲観的になる自分」は、何かが引っ掛かる、ザワザワして落ち着かないという気持ちの表れで、理屈では感知できない異常に気付くことができます。周りは賛成してくれるけど何かがおかしい、このままずるずる続けないほうが良い、といった虫の知らせです。

 

良い面もありますが、それでも「悲観的な自分」が二人もいるのは良くない。社会環境が大きく変わっていく時代では、「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に行動する」というのが歴史の教えだし、何かと悲観的になりがちな世相なので、「楽観的な自分二人」と「悲観的な自分一人」がいるほうがバランスが良いと思います。

 

そのためには、「悲観的な自分」を一人減らし、「楽観的な自分」を一人増やさなければなりません。 まず、「悲観的な自分」を一人減らす ―― その効果的な方法は、≪ネガティブ感情≫ のうち、たちの悪い 《4つの要因》 を消すことです。

 

《1》正体を掴めない漠たる “不安” を抱えたり、《2》考えても仕方のない “悩み” に囚われたり、《3》思ってはいけない無用な “心配” をしたり、《4》何ら根拠のない “思い込み” をしていると、イライラ・うつうつが募り、「全てがダメだ」「もうお終いだ」「自分には能力がない」といった誇張的で非生産的な思考パターンに陥り、次第に、他者への共感や社会適応力が欠落していきます。

 

そうすると、≪社会的認知の障害≫ を起こしてしまうのです。

 

P67888.jpg
P67999.jpg

≪社会的認知の障害≫ を進行させないうちに、早期対応しなければなりません。次回は、私達の周りに増えている 不安障害 うつ病 MCI(軽度認知障害)を寄せ付けない、そのため、これらの症状を招きかねない 《4つの要因》を解消する方法について考えます。 

■かけがえないパートナーシップ

  

人生でも仕事でも、真のパートナーが欲しいと思う。でも現実にはうまくいかない。なぜでしょうか? それは自分にピッタリのパートナーというものは、もともと存在しないからではないでしょうか。

 

パートナーシップは、お互いを受入れ、関わり合いながら、築き上げていくものです。そのため相手に「こうなって欲しい」とか、自分を「このように思って欲しい」など、相手に期待するのではなく、自分が変わることで関係を創り出していく姿勢が大事になります。

 

ところが私たちは無意識のうちに、手間や時間を掛けずに「自分のことを理解してくれる」、こちらが与えなくても「向こうから与えてくれる」、自分が相手を承認しなくても「自分を認めてくれる」、自分が望むよりも「もっと上のものを返してくれる」、そのようなパートナーを求めてしまいます。

 

でもそんな都合のいいパートナーは人生でも仕事でもいません。自分から変われば、相手との関係に実りや成果が生まれるのに、「この相手はパートナーとして適格ではない!」と無意識のうちに決めつけてしまい、せっかくの可能性を台無しにしてしまうことが多々あります。

 

対象となる相手やその際の状況は違っていても、根っこのところでは同じことを次から次へと繰り返しているのです。自問する価値はあると思います。

 

 

pr261.jpg

 

pr262.jpg

 

無意識の世界を形成している背景に、私たち自身の普段からの思いや考えがあります。マザー・テレサが言い切ったように、思考(思いや考え)は言葉になり、それが行動につながり、そして習慣になっていく。この習慣は性格を形成し、運命までも変える。

 

無意識のうちに、性格や運命に影響を及ぼしているのが、普段の思考です。私たちはいちどじっくり、自分の思いや考え方に思いを馳せてみる価値がありそうです。自分を知れば、自ら変化していくこともできます。

 

小さくとも自分のなかに変化を起こすと、その変化が相手の変化を生み、その変化が自分の変化を生んでいく。その繰り返しで真のパートナーシップが築き上げられるのだと思います。

 

またそのプロセスはパートナー同士、お互い無上の喜びになるはずです。