■平成は準備期間だった?!

もうすぐ新しい時代が始まることもあって、メディアが「平成を振り返る」特集を組んでいますが、中でも衝撃的なのは、週刊ダイヤモンドに掲載された「世界時価総額上位50社―平成元年と平成30年の比較」です。

 

下の表をご覧ください。平成元年(1989年)には、日本企業が上位50社のうち32社も占めていました。しかもトップ5を独占。その中に、日本興業銀行・住友銀行・富士銀行・第一勧業銀行といった懐かしい名前が入っています。

 

ところが、平成30年(2018年)はトヨタ自動車1社だけ。それもやっと35位にランクイン。どうやら日本経済は世界経済の変化に取り残されたようです。

 

P7001.jpg P7002.jpg P7003.jpg P7004.jpg

平成が始まった1989年は、株価暴騰で3万8915円を付け、地価高騰で東京23区が米国全体の地価を上回った。株も土地も永遠に上昇すると思われていましたが、その後、膨れ上がった風船が破裂したかのように、バブル崩壊。 

 

しかし、日本がバブル崩壊後の「失われた20年」で停滞している間に、世界的に「IT革命」が起こり、「グローバル化」が進み、今では、GAFA(ガーファ)と呼ばれる米国巨大IT企業=「グーグル(アルファベット)、アップル、フェイスブック、アマゾン」の4社がトップ5に入り、世界を席巻しています。そして中国企業も躍進しています。

 

平成の時代は、「世界経済の大きな変化に日本経済が取り残された。そのため、日本経済の国際的な地位が継続的に低下した30年」なのです。つまり、「世界的に大きな変化が起きていることに気づかなかった。そのため、取り残された30年」だったのです。

 

さらに平成の時代に、日本では「働き手人口の減少」と「人生の長期化」という大きな変化が起こり、社会のあらゆる土台を変えようとしています。そろそろ、昭和時代の制度や価値観、働き方・生き方から決別することに気づかなければなりません。

 

でも大丈夫! 気づき始めたのです。そして、さまざまなところで「変革への気運」が生まれています。時代遅れの遺物とも言うべき「昭和オヤジのリーダーシップ」が居座り続けていることが露呈した日本大学や日本ボクシング連盟だって、変革に向けて動き出しています。

 

どうやら、平成の30年は、「昭和時代」と次の「変革の時代」をつなぐ “長い準備期間” だったのかもしれません。

■楽観と自信を持とう(その3)

若いと思っていた団塊ジュニア(1971年から1974年生まれ)も人生の後半戦です。

 

30代後半から50代までを「ミドル世代」とすれば、団塊ジュニアはその真ん中。「今年18歳になる若者の半数は100歳まで生きて22世紀をその目で見る」と予測されていますが、ミドル世代だって、その半数は、男性90歳/女性95歳まで生きる。つまり、今年45歳から48歳になる団塊ジュニアは人生の中間点を超えているのです。

 

そして、後半戦が始まったこの時に、これからの人生を考えてみる。今年45歳であれば、60歳になる2034年、75歳になる2049年。世の中はどう変わっているだろうか。それにしても、桑寿・還暦…白寿と先人はうまく「人生の節目」を作ったものです。

 

p6988.jpg

人類が経験したことのない世の中が徐々に姿を現しています。とりわけ「人生の長期化」と「働き手人口の減少」が、これまでの認識や常識を変えています。

 

平成が始まった頃には “当たり前” だった「20年学び、40年働き、その後20年休む」という人生は、もはや当たり前ではありません。

 

「受験に明け暮れ、新卒で就職し、それから休みなく働き続け、結婚して子供を育て、定年後にやっと余暇を過ごす」「男は働き、女は家庭を守る」
――ちょっと前のこのような働き方・生き方をイメージしていると、60歳からの長い人生を無為にしてしまうかもしれない。75歳の壁(体と脳の耐久年数)を超えられず、それから医療や介助に依存する生活になってしまうかもしれない。

 

時代や社会の変化を捉えて、国も、「人生100年時代構想会議」を立ち上げ、2019年までを戦後の第一創業期、2020年からを「第二創業期」とし、新たな社会モデルの構築に向けて動き出しました。
――向かう方向は、「長く働き、健康に生きて、医療や介護の負担を減らす。そうすれば年金制度や医療保険制度を維持できるし、育児や教育に投資もできる」です。

 

この方向から、次の2つのことが読み取れます。
1.高齢者の再定義
高齢者は例えば75歳からとなり、「75歳になるまで働く」のが当たり前になる。それに合わせて年金支給開始が引き上げられる。

2.自己責任・自己負担
病気になって治療するのではなく、「生活習慣を変えて予防する」のが当たり前になる。それに合わせて医療費の個人負担率が引き上げられる。

 

根底にある考え方は、シニアおよびミドル世代が次の世代に “ツケ” を回さない。そして、先進国の中で最下位の「Well-being」(健康で幸福な度合い)を “自分の事” として引き上げていくことです。

 

これは結構厳しい。今になって突然、ルール変更を言われても…。でも、時代の大きな潮流です。そうしないと、もう国が持たないのです。この現実に向き合うと、「悲観的な自分」が顔を出してきますが、時代の潮流から逃げるわけにはいきません。

 

長くなった後半航路ですが、やはり途中座礁することなく、ゴールまで航海したい。その “羅針盤” として注目されているのが、「終わり良ければすべて良い」という生き方です。「いい人生だった!」と最後に思えるかどうかを、あらゆる場面での判断軸に置くということです。

p6922.jpg

ミドル世代の半数は男性90歳/女性95歳まで生きると予測されますが、それでも、ゴールはいつ来るか分かりません。そのためにも後半航路は、「一身二生」(二度目の人生を楽しむ)ことを意識して、「羅針盤」(自分の判断軸で生きる)を携えて、「一日一生」(いつか終わりが来る)という気持ちで航海を進めるのが良いと思います。いかがでしょうか。

■楽観と自信を持とう(その2)

新年おめでとうございます。本年もよろしくお付き合いください。

平成の時代は30年前の本日から始まりました。そして今年、改元され、新しい時代が始まります。

 

元旦の新聞各紙は、年頭所感として、米中が長期の対立局面に入ったことや朝鮮半島の反日化を危惧していますが、日本および日本人の将来について、このように言っています。

 

朝日 「個人の生き方が新時代を左右――平成の始まり、30年前の日本はバブルの絶頂だった。当時、この国の現在を誰が見通していただろう。その中で確実に予測できていたことがある。少子高齢化と人口減少だ。でも有効な手は打たれなかった。では、今から30年先の未来を予想して手を打つことはできるだろうか」

 

読売 「新時代に適した財政・社会保障に――長寿化で給付の受け手が増え、支え手が減った以上、負担と給付のバランスを取り戻すべきだ。痛みは伴うが、将来世代へのツケを軽くできる」

 

日経 「Tech2050 新幸福論――テクノロジーの進歩が速度を増し、人類は2050年に肉体や能力の限界を超える。幸福のあり方も根底から覆る未来。岐路に立つ人類は新たな価値観を創り出すときに来ている」

 

毎日 「未来へつなぐ責任――日本の未来。それは猛スピードで進む超高齢化と若者の数の激減で、老い、縮小していく未来である。でも過去と切り離して、現在があるのではない。過去の世代が何をなしたか、あとの世代の生き方も運命づけられる。日本で今年生まれた赤ちゃんの半分以上は、22世紀の世界を見るだろう。私達には、世代を超えた重い責任がある」(毎日)

 

産経 「さらば、敗北の時代よ――30年前、世界の上位50社(時価総額)中、日本企業が32社を占めていたなんて若い人には想像もできないだろう。今や50社に食い込んでいるのはトヨタのみだ。人口も10年前をピークに減り続け、増えているのは国債という名の借金のヤマだけだ。まもなく迎える新しい時代は、明治から大正、大正から昭和、昭和から平成に御代替わりしたときのように、予測不能の時代に突入することだろう。そんな激動期に、我々はどうすればいいのか」(産経) 

 

各紙に共通しているのは、人生の長期化と働き手人口の減少という大波が押し寄せる中、今年5月1日改元後の新しい時代を見据えて、「世の中の流れを読んで、価値観や生き方を変える必要がある。変わらないことがリスクになる時代になった」ということです。

 

そして、このような時代では、「持つ必要のない悲観」(否定的な考え方、ネガティブ感情)を手放し、「自信に裏付けられた楽観」(肯定的な考え方、ポジティブ感情)を持つ。軽快に、晴れ晴れとした気持ちで人生航海を進めていくことが重要です。

 

p6811.jpg

「自信に裏付けられた楽観」を持つためには、「(1)人生の羅針盤を持つ」「(2)人生航路の変化を楽しむ」「(3)今日の幸せを感じる」ことがキーポイントになります。

 

p6822.jpg

激動の時代という荒波を生き抜いていける「羅針盤」(コンパス、人生の軸)を持ち、人生も社会制度も再設計が求められているという流れにいち早く乗り、今日一日の航海を楽しむという姿勢が大切だと思います。

 

(その3に続く)