■ごきげんが良き人生を創る(2/3)

前回、電機業界のリストラを採り上げましたが、1970年代にパナソニック・シャープ・三洋電機の関西御三家と取引していたので、「歴史は繰り返す」ことを実感します。

 

1950年代までは先進国の中で、日本製品は「安かろう・悪かろう」であり、平均寿命もビリでした。けれども、勤勉性と良心を発揮し、追い付け追い越せで「安かろう・良かろう」に変貌し、1980年代にはジャパン・アズ・ナンバーワンになりました。そして平均寿命も世界一に。

 

電機業界も、関西御三家、ソニーや東芝・日立…が、RCA・ゼニスなどの欧米メーカーを押しのけて、世界市場を席巻しました。ところが、IT革命によって、家電や音響製品はコモディティー化(=雑貨商品化)。この流れに適応できず、新興国の新規参入組の「圧倒的に安かろう・良かろう」にシェアーをどんどん奪われています。

 

でもまだ、日本には人材と技術と経験があります。経営危機から世界最強の通信インフラ企業に変貌したノキアの例もあります。しかしこのように、時代に適応し、変貌するためには、失敗の本質や近未来への戦略を学ばなければなりません。

 

そしてこれは、私たち個々人の人生もまったく同じだ、と思うのです。

 

バブル崩壊前までは、経済全体が右肩上がりで、誰しも昇進昇給があり、「定年まで勤め上げれば、60歳から年金、10年余りのリタイア生活を楽しめる」という人生モデルがありました。日曜夕刻、食卓を囲んで観た「サザエさん」の波平さんは54歳で同世代、「光る光る東芝…」のCMソングも高らかに流れていたのです。

 

ところが寿命革命で高齢化が進み、日本人の平均年齢は50歳になり(前回の東京五輪では29歳)、100歳人生へ向かっています。50歳が日本人のちょうど中間年齢で、100歳の中間地点。日本社会の風景も日本人の人生も様変わりしています。

 

新たな時代環境を迎えているなかで、45歳から60歳は日本の中心世代として、よりパワフルに、格好良くエイジングして、「長寿時代の幸せな人生モデルを創り上げる」という自覚を持つべきだ、と思うのです。 

 

450000.jpg

誰にも共通する幸せな人生は「よく生きた。いい人生だった!」と最期に思えること。これを実現するためには、課題が二つあり、第一の課題は【健康豆知識】が、第二の課題は【60歳からのプレミアムタイム】が担当しています。

 

そこで第二の課題ですが、これを解決する秘訣は、《仕事》を再定義して長寿時代に適応することです。つまり、仕事の概念を変えてみるのです。

 

451111.jpg

こう考えれば、目の前が開けたように感じませんか?

 

長寿時代では、「人生を全うする。最後まで自分の力で身の回りのことをやれる」ことが第一の社会貢献になります。周りに迷惑を掛けなくてすみますし、医療や介護といった社会保障の負担を減らせます。人生を楽しむための消費もするのですから、立派な社会貢献です。

 

第二の社会貢献は、多少なりとも、人や社会の役に立つことです。自分のやりたいことを仕事にして、何らかの形で、人や社会に役立てばいいのです。

 

成熟した職業人でもある、45歳から60歳の中心世代が、「新しい時代の社会貢献を意識しながら、自分のやりたいことをやって、ひたむきに生きることを楽しむ」という人生モデルになる。そうすれば、世の中は明るくなり、あとに続く世代も希望が持てると思うのです。

 

ー続くー 

(次回は、自分のやりたいこと&人や社会に役立つことを見出して、それを仕事にする方法について、私なりの考えを記します)

■ごきげんが良き人生を創る(1/3)

これから銀行業界でリストラが実行されます。みずほフィナンシャルグループが先頭を切って1万9000人の削減を発表、三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループもこれに追随し、三つのメガバンクで3万2千人削減です。

 

膨れ上がった人員、資産(店舗・システム)、貸出先がない膨大な預金。このの3つの過剰を抱えているところに、フィンテック(金融とITを融合した技術革新)の大津波が襲ってきて、大胆なリストラを断行することに。大変な時代だ・・・。

 

しかし、もっと凄まじかったのが電機業界です。過去5年で正社員を削減した上場企業の上位10社のほとんどが大手電機メーカーです。

 

4400002.jpg

 1位は創業100周年のパナソニック。「全てを変えることだ。さもなくば生き残れない」を合言葉に大胆な業態転換を進めます。8位の東芝は引き続きリストラ中。半世紀前の初放映からスポンサーの人気アニメ「サザエさん」も本年3月末で降りるとか。

 

電機業界も銀行業界も、従来のビジネスモデルが通用しなくなり、新たなモデルを創らなければ生き残れないという時代環境に置かれているのです。

 

それは、私たち個々人も同じです。これから生き抜いていくためには、新・人生モデルに転換しなければいけない、と私は思っています。

 

リストラで命までは取られません。人生は長丁場、これから何とでもなります。ゴールの時点で「いい人生だった!」と思えればいいのですから。

 

448888.jpg

そして、下の図をご覧ください。

441111.jpg

漫画連載を始めた1946年の男性平均寿命は50歳でしたが、アニメ放映を開始した1969年には70歳に。波平さんは「55歳定年、60歳から年金生活で10年の楽隠居」という人生70年時代のモデルだったのかもしれません。

 

10年ほどの余生を旅行三昧やらゴルフ三昧で過ごそうと思っていたけど、余生が想定以上に長くなり、70代に突入して一気にガタがきて「75歳の壁」を突破できない。いつの間に42.195キロの長丁場になったのか、35キロ地点で失速または棄権する人が戦中・戦前世代に多発している。これが『人生ラスト10年問題』の実像です。

 

私たち戦後世代にとっての、第一の課題は「75歳の壁を突破し、ゴールまで自分の力でたどり着くための新・健康戦略を持つ」ことです。第二の課題は、「自分のやりたいこと&人や社会に役立つことを見出して、それを仕事にする」ことです。

 

第一の課題については “健康豆知識” ブログに譲るとして、第二の課題を解決する秘訣を披露したいと思います。

 

ー次回へー

■働き方改革の本質

政府は、地方創生、女性活躍、1億総活躍、そして働き方改革と、何かに怯え、駆り立てられるかのように、次から次へと目玉政策を打ち出します。

 

それは、日本の将来に大きな危機感を抱えているからです。国は新しい社会制度へ、国民は新しい人生設計へと、大胆にシフトチェンジしなければ、国も国民も同時に行き詰まってしまうという危機感です。その趣旨は次の通りです。

 

「人生100年時代」と「人口縮小社会」が確実な現実となって現れる。

 

高齢者の更なる高齢化、現役世代の縮小に対応するため、高齢者は75歳以上、年金支給開始年齢も引き上げ、高齢者優遇から全世代型の社会保障へ転換する。

 

人生の長期化、AI・グローバル化に対応するため、何度でも何歳であっても、学び直しをしてチャレンジする人生設計へ転換する。国はそれを支援する。

 

生き残っていくには変化対応が不可欠、そのための働き方改革なのです。合言葉はポスト2020。2019年は新天皇即位と新元号、2020年は東京五輪・パラリンピック。祭りの後には厳しい事態が待ち受けている ー これから2年が勝負どころです。

 

政府には政府の考え方がありますが、私はこんな風に働き方改革の本質を捉えています。

 

431111.jpg

 

最も大切なのは、自分がどう生きたいか。その先に見える姿として、「いい人生だったと思える自分が存在している」ことが決め手となります。これを明確にイメージし、そこに至るまでの道のりを逆算して考えればいいのだと思うのです。働き方改革はイコール自分の人生を考えることですから。

 

第一に、自力でゴール地点までたどり着く。

ボケたり・寝こんだりしない。でも現実は、「平均寿命ー健康寿命=医療・介助期間」が平均10年。これをゼロにするのが長寿時代の新たな課題。その解決策はある。

 

第二に、自分のやりたいこと&役に立つことをする。

やりたいこと、好きなこと、得意なことをパートナーシップでやっていく。何らかのかたちで人や社会の役に立つ。この一番生産的で幸福な人生に向かって舵を切る。

 

ゴールの姿をイメージする。頭と体の耐用年数を飛躍的に伸ばす。自分のやりたいこと&役に立つことをやっていく。それが最強の働き方改革だと思います。

  

432222.jpg

最強の働き方改革を実現するためには、やっぱり「学び直し」が不可欠です。 

 

不安や悩みの正体、健康寿命と職業寿命、これからの時代、前提や常識の転換、新たな価値観、新・三種の神器、人生のプロジェクト化、人間関係とパートナーシップ、人生の棚卸しと真の自分、自分のやりたいこと― これらのことを知って・掴んで・活かします。大事なことは、現実から逃げないで考えることだと思うのです。

 

そして、不要なことを捨てます。将来への漠たる不安、妬みや恨みといったネガティブ感情、解決しようのない悩み、無駄な時間や付き合い、臆病な気持ち ― こういったものをバッサリ切り捨て、やりたいことに専念できるように整えることが大切です。

 

ぜひ皆さんも、自分なりの最強の働き方改革に取組んでください。