まずは挨拶で受け入れて!

 先日、都心のあるマッサージ店に立ち寄りました。

仕事と仕事の合間に、ちょっと空いた時間ができたので、空いていたら30分くらいマッサージを受けようと思ったのです。

突然の思いつきだったので、予約の電話も入れず、一番近そうなお店に行ってみました。

店頭のカウンターに近づいて行くと、手元で作業していたスタッフが顔を上げた途端に、いきなり「今、予約でいっぱいです!」と言いました。

若い元気なスタッフが満面の笑顔だったので、印象は悪くはありませんでしたが、内心では「あらあら、段取りを省きすぎ!」と思いました。

「今から受けられますか?」と聞かれても、今すぐには無理!と思ったのが、そのまま言葉になって出たのかと思いますが、ものには順序があります。

結果的には大変親切な説明と、付近にある姉妹店の案内もあり、とても行き届いた対応でしたが、最初の対応にインパクトがありすぎました。

マッサージ店に限らず、サービス系の店舗で受付カウンターがあるお店は多いですが、最近は挨拶もなく、いきなりお客様に用件を聞こうとするスタッフが多いように見受けます。

なかには、「すいません」とこちらから声掛けをしても、お客様の方から何か言い出すのを、黙って待っているスタッフも見掛けますが、まずは、来店して頂いた事に感謝した「いらっしゃいませ」の挨拶でお客様を受け入れて、お客様に気持ちよく依頼をさせてほしいものです。