▼せっかくの新店舗なのに・・・。

 先日、都心のショッピングモールを見て歩いた時のことです。

そのモールは昨年秋に大規模なリニューアルを行ったので、店舗はピカピカ、春らしい色彩が溢れていて見ているだけでウキウキした気分になってきました。ところが、何店舗か見て歩いていて、どうしても気になることがあったのです。

 

店舗では、什器の下の部分をストックスペースにしている事が多いのですが、そのストックスペースの引出し部分が、キチンと閉まっていない店舗が多いのです。新しい店舗なので、当然什器も新しく、引出しがキチンと閉まらないなんて考えられません。

 

気になって見にいくと、引出しだけではなく、棚に積んであるストック商品の箱も真っ直ぐに整えられていなく、商品の側に添えられているプライスカードも曲がったままで置かれています。

 

僅かの事だと思うかもしれませんが、それらのちょっとした凸凹や歪みは案外目に付くもので、その店舗全体の印象を下げてしまいます。もちろん、これは新店舗に限ったことではありません。

 

商品もディスプレイも素晴らしい!だけど、スッキリして見えない印象の店舗。あなたの店舗はそうなっていないでしょうか?

 

★引出しが元に戻っていないのを見つけたら、自分がやったのでなくてもキチンと戻すと、店内の空気が好循環します。スタッフの目配りはお客様に対してだけでなく、店内の環境に対しても同様に。愛情は細部に宿り、細部から人は幸福を感じます。

 DSC_0064.JPG三分咲きの河津桜