▼すべての基本

我が社のご近所にあったイタリアンレストランが3月末で閉店しました。
 
駅からは徒歩7、8分と少し離れてたところですが、ランチ時には自転車でやってくるママ友グループや、シニア女性客で満杯で、人気のカジュアルで、シャレたお店でした。

我が社も、お客様との会食やパーティに、便利に使っていたので、閉店したのはとても残念でした。
 
このお店が閉店した理由は、色々あるでしょうが、一番の理由はオーナーシェフが体調を崩されて引っ込んでしまったことです。
 
オーナーシェフのお店の魅力は、料理も、ワインなどの飲み物も、お店の雰囲気も、すべてそのシェフのプロデュースならではの持ち味が出ていてこそのものです。その、お店の顔となっている肝心のオーナーが居なくなってしまったのでは、お店を開いている意味がなくなってしまいます。
 
だからこそ、代替えの利かないオーナーシェフは、すべての基本である自分の身体と精神の健康を何より大事にしなければならなかった。それなのに、そのことに思い至らないまま、閉店を迎えることになってしまったのです。残念です。
 
同じようなことは、他の業種の店舗でも言えます。
 
店舗はその責任者である店長が健在でこそ成り立っています。店長はまず、自分自身の健康を維持することで、責任を持って仕事を全うすることができるということを自覚すべきなのです。
 
しかし、この「当たり前」のことに気がついていない店長が結構多いのも現実です。例えば、具合が悪くなったら病院に行けば良いと考えている人が多いと思いますが、生活習慣病など様々な慢性疾患は一旦なってしまうと、治すのがとても難しい病気です。
 
今回のオーナーシェフも同じです。ポイント・オブ・ノー・リターンを超えてしまったばかりに、お店を閉店してしまうことに。そうならないためにも、自分の身体や精神のシグナルや悲鳴をこまめに聴いて、早めに対処していくという自覚が大事です。
 
それに何よりも、「身体や精神の構造を知って、掴んで、対処する」という健康意識を持ち、リスクを未然に防ぐことです。美味しい料理も素敵な商品も、店や商品に対する熱い思いも、全ては健康の上に成り立っているのですから。
 DSC_0047.JPG桜はそろそろ終わりですが、カイドウの花が見頃です。