■人生を経営する時代に

現在の「会社経営」は大変です。右肩上がりだった時代では、人口増加、経済の高成長と共に市場は自然に広がってくれるし、これまでの方程式を頼りに、拡大再生産をし続けていれば、売上も利益も順当に伸びました。

 

ところが人口減少、経済の低成長に転じた現在は、昇りのエスカレーターが突然、下りに変わったようなもの。しかも、AI化、グローバル競争、シニア社員の増加・・・。現状を知り、危機意識を持って、「市場開拓」(マーッケトをつくる)と「事業モデル構築」(稼ぐ仕組みをつくる)に懸命に取組んでいます。

 

でももっと大変なのは、私たち個々人の人生です。百歳時代を迎え、人生設計の前提条件がまるで変わっています。今後の伸びしろを組み込むと、40・50・60代の私たちミドル世代は95歳人生を生きることになります。

 

ところが、社会の制度や仕組みの基本設計は、“右肩上がり、70歳人生” の時代につくられたもの。とてもじゃないが、95歳人生とはマッチしません。

 

定年や年金支給開始年齢は、徐々に引き上げられてきていますが、いずれゼロベースで基本設計をやり直して、例えば、高齢者は75歳から、年金支給は75歳から、定年撤廃・・・などに切り替わるでしょう。しかしそれを待っていては人生航海で難破しかねません。

 

「75歳まで働き、95歳まで生きる」人生航路に舵を切り、わが人生を経営するという意識を持って、「市場開拓」(75歳まで働ける職場、職場以外の居場所をつくる)と「人生モデル構築」(長く稼ぐ力、長く生き抜いていく力をつくる)に取組むのが賢明です。

 

p57007.jpg

多くの人にとって、75歳まで今の会社や組織で働くことは見込めないはず。であれば、「リスクをとらない、守りに入る、先送りする」といったマイナス思考をサッパリ捨て、「意識を未来に向ける、今から準備すれば何とかなる、人生を二度楽しむ、自分を知る」という姿勢で、市場開拓と人生モデル構築に取り掛かることです。

 

その際に、ポイントとなるのは、次の2つです。
(1)自分の「やりたいこと」と「できること」の重なりを見つける。

(2)それは「価値あることか」、少しでも「世の中の問題解決につながるか」を考えてみる。

 

その上で、やらないことを決める。背伸びすれば可能な目標と計画をつくる。とにかくやってみる。PDCAを回します。あとは危機意識をバネにして、やり抜くだけ。

 

誰もが同じ時代環境の中で、自分なりの道を見出そうとしています。そんな時代の一員であることを受け入れ、自分のやりたい&できることを見出して、一歩踏み出す。「一点突破、全面展開」「継続は力なり」という言葉が後押ししてくれます。

■「桑寿48歳」という人生の儀式

時代の転換期に直面するミドル世代。AI化などイノベーションが進み、銀行ですら事業モデルの再構築や人員リストラに追いこまれるなど、これから先どうなるんだろうと将来不安が募るばかりです。

 

それに百歳時代を迎え、私たちミドル世代は「95歳まで生きる」と想定されています。というのも現在の45歳が95歳になるのは50年後のこと、95歳まで生きるのが当たり前になっているでしょう。

 

そうなると、「その分だけ長く働く」ことが求められます。現時点の「65歳まで働き、85歳まで生きる」人生ではなく、「75歳まで働き、95歳まで生きる」人生となり、年金支給開始年齢も75歳に引き上げられるはずです。

 

p56.jpg

 

75歳まで働き、95歳まで生きるとなれば、「職業寿命」を現在の65歳からプラス10年、「健康寿命」を現在の75歳からプラス20年、伸ばさなければなりません。

 

でも、これはとんでもなく大変なこと、今までの延長線では到底達成できるものではありません。

 

1.職業寿命+10年
今の会社で75歳まで働き続けられるでしょうか? たとえ役員になってしがみついてやろうと思っても、75歳までは難しいでしょう。新たな職業観が必要です。

 

2.健康寿命+20年
人生85年の現在でも、亡くなる年齢と健康寿命(健康でなくなる年齢)の差は10年あり、人生のラスト10年は “医療・介助の生活” 。新たな健康戦略が必要です。

 

そこで提案したいのが、

(1)「職業人生は二度ある」「わが人生も二度ある」という発想
二度あることを前提とした職業観、健康戦略を身に付けます。

 

(2)「桑寿48歳」という人生の儀式

人生95年では、48歳がちょうど真ん中。桑寿(そうじゅ)を機に、これまでの人生を振り返り、次の人生を考えます。人生は二度美味しい、二度楽しもうというのが、発想の基本です。

 

いかがでしょうか。「新たな職業観」「新たな健康戦略」については、「60歳からのプレミアムタイム」「健康豆知識」で手分けして書いていきます。

■三本柱を回転させる

「人生をどう生きていくのか」ということを、自分に改めて問う時代になっています。人生が想定以上に長くなったため、この問いは10代の専売特許ではなく、成熟した大人たちの間で問い直さなければならないものです。

 

とりわけ人生の後半戦に入った40代後半や50代は、時代に取り残されないためにも、今すぐ、自分の生き方や働き方を見つめ直さなければなりません。

 

人生の中間点を折り返しても、いまだに他者との比較や競争によって、満足感や幸福感が左右されているようでは、『第一ピラミッド』の下山で遭難しかねません。

 

でも逆から見れば、他者と比べたり、張り合うという考え方から脱皮して、爽快に生きることを目的とする価値観を身に付ければ、自分自身の価値観で満足や幸福を味わえるということです。他者との比較ではなく、自分が主人公となって、真に人生を楽しめるのです。

 

そのために必要なのが、下記の三本柱です。この三本柱を回転していかなければ、後半人生を爽快に生き抜くことは難しいと思います。

 

p55.jpg

では、いかにして、学び直す力,、自ら変わる力、没頭する力を身に付ければいいのか。40年、50年もの時間をかけて今の自分があるので、そう簡単には変われそうもない。それに、三本柱を繰り返し回転させないと、力は磨かれません。そこにジレンマがあります。

 

そうなると、それほど遠くなく、何度も通えるセミフォーマルな「学びの場」、気楽に関われ、個別相談もできる「インストラクター・メンター」、ディスカッションし、切磋琢磨し合える「仲間」が欲しい。でも、どこにもありません。

 

やはり自分で、必要な知識を集めたり、対話できる仲間を募ったり、メンターになる人を探したりと、試行錯誤しながら前に進めていくしかないのです。