■三大不安と向き合う(その1)

人生100年時代を実感できていないのか、自分が80代になった時の世の中とわが身の姿を想像できないのか、「65歳まで働いて、それからリタイア生活に。平均寿命(男性81歳/女性87歳)まで楽しく過ごせたらいいな」と考えている人が、50代や40代後半(昭和30年代後半・40年代前半生まれ)の中に多くいます。

 

これらミドル世代は、まだ新人に近かった頃にバブル景気を経験し、「24時間戦えますか」というエナジードリンクのCMよろしく、イケイケドンドンでやれた名残りがあるのか、のん気というか危機感の薄い人が多いようです。

 

p646.jpg

「人生長期化」「AI化」「グローバル化」の潮流がスピードを増し、今のあなたが想像しているものとはかけ離れた世の中に向かっています。このような変化の中を、これから40年以上生き抜いていかなければいけない。

 

とりわけ、「長く生きる」という本来であれば喜ばしい理由によって、75歳を超えて、「まさか、こんなはずではなかった!」と後悔する危険性が高い。そのため、男性95歳/女性100歳まで生きるという前提で、「お金」「健康」「人間関係」の三つをゼロベースで見直し、学び直していかなければなりません。

 

例えば75歳以降に、「お金が足りなくなる」「ボケたり寝こんだりする」「孤立してしまう」といった事態に陥れば、人生自体が辛いものになってしまいます。命は長らえるのに、お金も、健康も、人間関係も底をついたというのでは、あまりにも無残です。

 

そのようにならないためには、これからの時代に通用する最新の知識やモノサシ、価値観や人生観を学び、今のうちから三大不安の芽を摘んでいく必要があります。 

 

p642.jpg

でも三大不安のうち、「お金」についてはことさら深刻に考える必要はありません。ビジネスパーソンや公務員は自営業者と違って、厚生年金が死ぬまで支給されるし、勤め先によっては退職金や企業年金だってあります。

 

この公的年金制度は、支給開始年齢が引き上げられるとか、経済にスライドして少し減ることはあっても、破綻することはあり得ません。

 

 今のミドル世代までは65歳から支給されるとは思いますが、「95年人生/支給期間20年/支給開始は75歳から」に移行していくと予測される近未来の年金制度。ミドル世代もこれを先取りして動くのが賢明! 75歳まで働くことをお勧めします)

 

ともあれ、お金に関しては、65歳超えて、「子供の教育費がまだまだ掛かる」「住宅ローンが長く残っている」「家賃が掛かるがその分の貯えがない」「親や子供に金銭的に支援せざるを得ない」「金融機関の話に乗って投資に走る」「大病をして保険外治療をする」「夫(妻)の介護に保険外費用が掛かる」など、特段のことがない限り、心配することはありません。

 

でも更に突っ込んで、お金にまつわる不安をきれいに解消したいのであれば、75歳まで働くことを意識し、今から65歳以降の「収入」と「支出」をイメージすることです。この作業はそれほど難しくはなく、家庭を家族株式会社になぞらえて、資産と負債のリスト、月次の収支を作ってみればいいのです。 

 

p647.jpg 1.収入 

ポイントは、年金を貰いながら、できるだけ長く、せめて75歳までは働くことです。公的年金は「ねんきんネット」を見れば分かるし、退職金・企業年金があるのであれば会社に聞けば教えてくれます。肝心なことは、「75歳までは働く」ということ。年金「プラスα」のお金を稼ぐというのは、一定の収入を得るだけでなく、健康と人間関係の面でもプラスの効果があります。

 

社会的な生き物の人間にとって、働くというのは “社会脳” を維持するうえで一番の脳トレで認知症予防にもなるし、外に出かけるので運動にもなるし、新しい人間関係も築きやすいからです。

 

2.支出
ポイントは、医療費を最小限にして、人生を楽しむために多くを使えるようにすることです。そして支出を「(1)自分で金額をコントロールできる項目」「(2)あらかじめ金額がほぼ決められている項目」に分類し、「(1)食費・外食費、日用品・衣服費、娯楽費・交際費、光熱費・交通費」を削らないことが大切です。気持ちまでケチンボになり、人生を楽しめません。

 

その代わり、発想を切り換えて、「(2)各種会費、通信費、保険料、医療費、自動車・ガソリン代」を冷静に見直して不要だと判断すれば、思い切って無くしてしまいます。その筆頭が生命保険や医療保険などの保険料、次に自動車・ガソリン代です。

 

そして75歳以降、年金以外の収入が無くなるのであれば、尚更のこと、統計上70代半ばから急増する医療費を使う必要がないように、今から病気の予防に注力することが重要です。そうすれば年金の範囲内で十分やっていけます。

 

このように収入と支出、資産と負債を大まかに掴めば、普通にやっていればお金の面で破綻することは無いということが分かり、安心できます。あとは残りの「健康」「人間関係」の問題に集中して、取組んでいくことです。 

 

次回は「健康」について。

■人生のリスク「認知症」を防御!

昭和の時代では「歌は世につれ、世は歌につれ」と言われ、多くの人が知っている国民的な歌がありましたが、今では「病は世につれ、世は病につれ」になり、 “がん” と “認知症” が国民的な病となっています。

 

最も怖いのは、MCI(軽度認知障害)を経て認知症になること ――なってしまったら治せないからです。そして厚労省は、団塊世代が75歳になる2025年には、「65歳以上の3人に1人がMCI/認知症、その数は1300万人超」と発表しています。

 

MCI/認知症が人生最大のリスクであり、これを未然に防いでいくことが、人生をリスクマネジメントする “要(かなめ)” なのです。

 

P630111.jpg

なぜこんなにもMCI/認知症になってしまうのか? ここに至ったら、「運が悪かった」「でも病院に行けば何とかしてくれる」といった昔ながらの考え方は通用しません。

 

MCI/認知症が急増している原因の上位3つは以下の通りです。

 

原因1.「人生の期間が長くなった」ため
MCIは60代から目立ち始め、認知症は75歳を超えてから急増しますが、昭和の人生70年時代では認知症を発症する前に亡くなっていました。寿命が急伸するのに伴って急増し、2004年に痴呆症から認知症に名称変更されました。

 

これからも寿命は伸びるので、2人に1人がなってしまう勢いです。

解決策:この点については、圧倒的な解決策はありません。しかし長くなった人生を自覚し、次の原因2原因3に注力し、体と脳の耐用年数を90年・95年まで伸ばしていくことを考えれば対策は手にできます。

 

原因2.「血糖値スパイクを繰り返すようになった」ため
1食あたり糖を40g(角砂糖13.3個分)以上とると、食後血糖値が急上昇する血糖値スパイクを起こし、AGE(終末糖化産物)と活性酸素を発生させ、血管を傷つけ、体と脳の細胞を壊していきます。美味しくなった食品はそのぶん糖質が増え、うどん1玉でも53.6g(17.9個分)なので、誰もが血糖値スパイクを起こしてしまうのです。

 

血糖値スパイクを繰り返す生活を続けていると、その結果、糖尿病およびその合併症だけでなく、別名 “脳の糖尿病” と呼ばれる認知症を引き起こしてしまうことを最新科学が突き止めています。このことをNHKが初めて報道しました。

 

P6399999.jpg

解決策:血糖値スパイクを抑える方法については、当社HP「新しい取組み/桑快100」をご覧ください。
 

原因3.「社会的認知の障害に陥りやすくなった」ため
これまで認知症の症状として、「記憶の障害」が重要視されてきましたが、新たに『社会的認知の障害』が基本項目に加わりました。社会的認知とは、社会において、人とのコミュニケーションや相互理解を築くために必要な認知機能のことです。

 

20年以上の時間をかけ、MCIの段階を経て発症する認知症の芽は40代・50代から出ているのですが、このミドル世代を取り巻く社会環境が、『社会的認知の障害』を引き起こさせています。MCIの兆候をチェックしてみてください。

 

P630888.jpg 
P6306666.jpg

【ミドル世代を取り巻く社会環境】
人口減少(市場規模縮小による売上減少)、AI化(定型的な仕事の機械化)、グローバル化(地球規模での競争)といった経済全般に加えて、役職定年(55歳前後で一兵卒に、モチベーションの消失、お荷物化)、年金支給開始年齢の引き上げ(70歳や75歳へ引き上げ、将来不安)、働く期間の長期化(75歳まで働く時代に、でも65歳超えて職がない)、孤独化(書籍も出ている「世界一孤独な日本のオジサン」)・・・。

 

解決策: MCIの兆候に少しでも思い当たると危険信号です。新しい社会環境に適応しなければなりません。そのためには、これまで慣れ親しんできた価値観や慣行、考え方、コミュニケーションのしかた、働き方・生き方を見直し、自ら変わっていく。そして人生を楽しむことです。

 

繰り返しますが、認知症の前段階であるMCIを防ぐことが、人生をリスクマネジメントし、人生を健康経営する要諦です。

■年齢フリーの社会に向かっている

私たちミドル世代は、ジェットコースターのような世の中を生きています。

 

●上り坂(人口増加)――2008年まで

人口が1億人を突破したのが1966年、前回の東京五輪の2年後です。日本人全体の平均年齢も29歳と若かった。そして1億2809万人を記録した2008年まで42年かけて、2800万人増えました――この「上り坂」(人口増加)を前提として、現在の社会保障制度やビジネスモデルは組み立てられました。

 

●下り坂(人口減少)――2008年以降

そしてまた、2008年からほぼ同じ年月をかけて、2053年に1億人に戻ります。2800万人、東京都の2倍以上の人口が消えてなくなるのです ――私たちは「下り坂」(人口減少)を生きていかなければなりません。現在の社会保障制度やビジネスモデルは、下り坂を前提として組み立て直しをすることを迫られています。

 

「上り切って、そして下る」という極端な世の中を生きているのですが、もう一つ際立っているのが、同じ1億人でも、65歳以上の比率が前回の6.6%から、38%に向かうということです。今でも80歳以上が1102万人という超高齢社会です。

 

このように異次元の「人口減少」と「高齢化」が進んでいて、この背景のもと、年齢を問わない・問われない“エイジレス社会”(Ageless Society)に向かっているのです。

 

国も、「高齢社会対策大綱」のなかで、年齢で区別することなく、何歳であろうと、意欲と能力を発揮して活躍できる“年齢フリーの社会”を目指すと標榜しています

 

副業・兼業の普及、社会人“学び直し”の奨励、イデコなどの私的年金の普及、健康寿命の延伸と認知症サポーターの拡充に取組んでいます。 

 

認知症については相当な危機感を持っているのか、認知症サポーターを880万人(2016年度末)から1200万人(2020年度末)に増やす予定です。

 

ところが健康寿命の延伸についてはまるで自信がないのか、現在の男性71.19歳/女性74.21歳を2020年までに1年延伸、2025年までに2年延伸と控えめな目標です。人生100年時代のなか、これでは焼け石に水。もっと私たち自身が、自分事として、健康に長く生きることに精力的に取組まなければなりません。

 

そこで思い起こされるのが、サムエル・ウルマンが70代で書いた『青春』です。ドイツ系ユダヤ人の彼は、差別を逃れて両親と共に1851年、11歳の時にアメリカに移住。南北戦争で戦うという経験を経て、ビジネスマン、詩人、人道主義者として名を成しました。


「Youth is not a time of life;it is a state of mind」(青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたをいう)のフレーズが有名ですが、かのダグラス・マッカーサー(1880-1964)がこの詩をことのほか気に入り、東京の総司令官室の壁に掲げていたそうです。

 

それはともかく、今の時代にこそマッチした内容であり、人生の応援歌です。

 

p62006.jpg

p62005.jpg

 

人口が減り続ける「下り坂」は避けて通れない道です。でもそんな時代だからこそ、若々しく、そして大らかに生きたいものです。

 

年齢を重ねるにつれ、“生理的老化”は避けられませんが、もう一つの“病的老化”は避けられます。健康リテラシーを身に付けて実行・継続することで、健康寿命を寄せ付けないことを目指します。

 

さらに社会の課題、ITリテラシ―、人間学や歴史など、さまざまなことを学び直して、自ら年齢に制限を設けることなく、社会に参画し、自分なりの役割を果たしていくことを目指します。

 

生きている限り、健康にも役割にも寿命はないのです。