人材研修

●人材育成の基本ポリシー

当社は設立以来一貫して、組織には「自ら考え自ら動く人材」が必要だと考えています。そのための3つのステップを研修の中で重視しています。

  • (1)組織における役割を理解する
  • (2)自らのゴールを設定する
  • (3)周囲と積極的に関わる

世の中にはあまたの研修がありますが、当社の研修は「女性リーダー」「接客スタッフ」「45歳以上のベテラン社員」の3分野に特化しています。

女性リーダー用カリキュラム
1.女性リーダー

「組織において、リーダーを目指し、活躍できる存在になるためには何をすればよいか」を習得する研修です。女性活用を30年間行ってきた実績が基本にあります。

←カリキュラムはこちらから(pdfファイルが開きます)

接客スタッフ用カリキュラム
2.接客スタッフ

「顧客や店舗の状況が多様化するなかで、どのように考え、行動すれば顧客に満足してもらえるか」を習得する研修です。顧客満足調査を20年間行ってきた実績と資料が基本にあります。

←カリキュラムはこちらから(pdfファイルが開きます)

ベテラン社員用カリキュラム
3.ベテラン社員

「役職定年や定年退職を迎えるなかで、どうすればモチベーションを維持し、組織人としてゴールを全うできるか」を考える研修です。人生振り返りツール(マイノート等)を制作し、活用してきたノウハウが基本にあります。

←カリキュラムはこちらから(pdfファイルが開きます)

●主たる実績

「女性活用研修」の実施

自社組織として、女性の活用をどのように位置付けるかを明確化し、その方針に基づき、当事者の女性と直属の上司に研修、ミーティング等を実施。うまく使うという発想を脱し、組織において多様性をいかに受け入れて女性活用を推進するかを考える。

  • 1.生命保険会社の営業部員
  • 2.損害保険会社の新卒総合職
  • 3.アパレルメーカーの店長
  • 4.クレジット、リース会社の総合職
  • 5.外資系銀行の女性管理職
  • 6.大手デザイン、施工会社の女性リーダー 等々

「店長・スタッフの人材研修」の実施

店舗の課題を明確にし、具体的にどの様な手を打てば業績向上に繋がるかを究明していく。 その「打つ手」を抽出し、その実行を確実にするため、店長・スタッフに対するマインド研修とスキル研修を実施。店舗での直接指導も行う。

  • 1.大規模開発を手掛ける企業が運営する商業施設
  • 2.アウトレット商業施設
  • 3.都内、東海地区の百貨店系列の商業施設
  • 4.全国展開の生活用品取扱い店舗
  • 5.全国展開の通信機器取扱店舗
  • 6.全国展開の宿泊施設 等々

「ベテラン研修」の実施

今までの、組織におけるベテラン社員の働き方、生き方のロールモデルが通用しない現状をまず理解する。その上で組織において得たこと、これからすべきこと等、45歳からの後半人生の設計も踏まえて、組織人として最後の目標を明確にしていく。

  • 1.コンサルティング会社における公開コース
  • 2.船舶会社の役職定年者向け
  • 3.通販会社の45歳以上の社員対象
  • 4.ビルメンテナンス会社の退職前5年社員対象
  • 5.ビジネスホテルの店長対象
  • 6.製造業の現場社員向け 等々

▲このページのTOPへ